GNZ48オリジナル曲『閃爍的夢(きらめく夢)』、SNH48チームX新公演タイトル曲『夢想的旗幟(ドリーム・フラッグ)』音源公開!またしてもASPJ!

今日もSNH48関連の音源が2本公開された。

まずSNH48第三回総選挙結果EP『プリンセス・クローク(公主披風)』収録の、広州GNZ48楽曲。

広州GNZ48『閃爍的夢(きらめく夢)』 作詞・作曲:趙金穎

そして上海SNH48チームX初の全曲オリジナル公演『夢想的旗幟(ドリーム・フラッグ)』から、タイトル曲。

上海SNH48チームX『夢想的旗幟(ドリーム・フラッグ)』 作詞:小7 作曲:ASPJ

アイドルグループとしては、このレベルの楽曲を量産できれば十分。

広州GNZ48『閃爍的夢(きらめく夢)』はサビのアレンジが盛り上がりに欠けるのと、リズムパターンが最初から最後までほぼ変化なしという、EDMアレンジは、いい加減飽きる。

一方、上海SNH48チームX『夢想的旗幟(ドリーム・フラッグ)』は、そうとう出来が良い。今までのSNH48オリジナル楽曲のロックの中では最も良い曲に間違いない。

イントロとAメロのバッキング、それぞれに異なるギターリフが付いているし、メンバーの声ではない歌手をつかったコーラスアレンジもしっかりしている。

曲の最後のBメロとサビのリフレインの箇所で、しっかりブレイクがある点も、メリハリが効いていて、だれずに聴かせるアレンジ。

ロックとしてのメロディーとコード進行も良い。Aメロはほぼワンコード。Bメロになってコードに動きが出て、サビはベースラインが4小節ずつ降りて行きつつ盛り上がるという、コード進行とメロディーの組み合わせが気持ちいい。

と思ったらこの曲も作曲がASPJ。

ASPJはSNH48チームSII初の全曲オリジナル公演『心の旅程』のうち、『ローマの休日』と『私の舞台』という、2曲の名曲を作曲している。

今のところこのASPJという謎の作曲家のSNH48楽曲は、日本のAKB48へ持ってきても全く遜色ないどころか、勝ってしまう勢い。

そういう意味では、SNH48チームXの全曲オリジナル公演『夢想的旗幟(ドリーム・フラッグ)』は、チームNIIの全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』のようなダンスのためのK-POP/EDMではなく、『心の旅程』のように「聴かせる」曲が多そうなので、非常に楽しみ。

シェアする