SNH48運営制作のネット映画『ネーデルラントの微笑み』キャスト3名決定:じゅうなな、ヨーコ、ジェニー

SNH48運営の映像制作子会社STUDIO48が、おそらくオランダでロケをすると思われるネット映画作品『尼德蘭的微笑(ネーデルラントの微笑み)』。

以前はここで、どうやらそういう映像作品を制作するらしい程度のご紹介しかできなかったが、キャストの3人が決まった。

メインキャストは中央のSNH48二期生チームNIIじゅうなな(龔詩淇)。

左はSNH48五期生チームXIIヨーコ(張怡)、右はSNH48六期生チームHIIジェニー(孙珍妮)。

3人ともSNH48以外の映像作品も含めて、ドラマや映画への出演は初めて。

じゅうなな(龔詩淇)はチームNII二期生の中でも人気メンバーで、SNH48第三回総選挙でも第17位の好成績、六期生ジェニー(孫珍妮)も六期生としては第21位と驚異的な順位。

ヨーコ(張怡)はSNH48チームXIIのキャプテンで、第三回総選挙の順位でチームXIIを上から挙げていくと、圧倒的な運営推しのニモ(費沁源)、「COLOR GIRLS」に選抜されたペイペイ(洪珮雲)、別の企画に抜擢されたしゃんしゃん(姜山)、そしてその次がヨーコ(張怡)なので、こちらも順当なところ。

SNH48チームXは初めての全曲オリジナル公演『夢想的旗幟(ドリーム・フラッグ)』にしばらく集中しなければいけないので、今回の『ネーデルラントの微笑み』の3人の人選は、チームSII一期生をすっ飛ばしている一点を除けば、とっても妥当。

監督は、上海戯劇学院卒業で1979年生まれの趙珉(チャオ・ミン)という男性監督らしい。

筆者は個人的に『貼身校花』はあまりにストーリーが中二病なので全く見ていないのだが、今回の『ネーデルラントの微笑み』はどんな仕上がりになるだろうか。

シェアする