広州GNZ48初の全曲オリジナルEP『あなたの知らない私』全曲音源公開、とってもJ-POPな仕上がり!

広州GNZ48初の全曲オリジナルEP『あなたの知らない私(你所不知道的我)』全曲の音源が公開された。

これまでのSNH48グループのオリジナル曲は、テンセント(騰訊)が運営する音楽サイト「QQ音楽」で公開されるなど、いちおう既存の音楽サイトをプラットフォームに公開されているが、今回は広州GNZ48公式サイトにファイルがポンと置かれているだけというシンプルさ。

もしかすると姉妹グループは独立採算で、お金がないだけかもしれないけれど、http://www.gnz48.com/music/audio/ というフォルダ配下に全曲のWAVEファイル(MP3ファイルでさえない点がぴっくり)が置かれていた。

メイン曲の『あなたの知らない私』も念のためおさらいしておこう。

また日本語訳にいちいち細かく文句を付けられると困るので、カッコ内が日本語試訳。

1. 你所不知道的我(あなたの知らない私)

2. Love 3’40”

3. 近未来 3’52”

4. 做自己的主宰(私は私) 3’53”

5. 這様的我(こんな私) 3’32”

どの曲もJ-POPに耳が慣れた日本人としてはホッと安心できる曲ばかり。「GNZ48ってやっぱりAKB48系グループだよなぁ」と心から実感できる。K-POPのEDM色がまったくないEPって、こんなにスーッと耳に入ってくるんですねぇ。

以下は各曲についての個人的なコメントなので、「曲が短いから文句を言うなんて貧乏性か!」など見当違いなツッコミをツイートしたくなった方は、すぐ別のページをお読みください(笑)。

2. Love

『あなたの知らない私』と同じように、アップテンポなポップスだけれど、歌い出しのAメロが静かなアレンジというパターン。曲自体はGメジャー。

イントロがいきなりIIm7(Am)で始まってIIm7を印象づけておきながら、サビの2つ目のコードがIIm7ではなくII7に変わっているのが気持ちいい。こういう繊細なコードづかいが重要。しかもイントロは循環コードの2小節分がすっ飛ばされている。

そしてAメロ、Bメロ、Cメロと、ワンコーラス分がまるごと反復なしのメロディーという贅沢な曲。SNH48チームSIIの全曲オリジナル公演『心の旅程』にもたしか、同じようにメロディーの反復なしという贅沢な曲があった。

冒頭の6小節を除く電子音部分のイントロは8小節、アウトロも8小節+1小節で、現地ファンが心置きなくMIX(AKB48独特なひとつながりの声援)を打てる十分な長さ。

3. 近未来

イントロの電子音で一瞬EDMかと思うけれど、アニメのオープニングっぽい疾走感のあるJ-POP風楽曲。やはりイントロの長さがたっぷりある。

Aメロから直接つながるBメロがサビになっているが、Aメロに反復なし。そしてBメロのつづきの、やはりたっぷりな長さの間奏後に、当然ツーコーラス目が始まるだろうと思ったら、Aメロではなくいきなりブリッジが来て、Aメロ後半が来てから、サビのBメロに流れ込むという意外な曲構成。

その後はコーラスでさらに別メロディーで2つめのブリッジ。この曲もメロディーがすごく贅沢。

2つめのブリッジが終わるとF#メジャーからGメジャーへ半音上がる典型的な盛り上げ転調でサビのBメロ。

アウトロはやっぱりたっぷりな長さで、イントロも、間奏も、アウトロも、すべてMIXが打てます。

4. 做自己的主宰

日本語に翻訳しづらいタイトル。「自分の主宰になる」という意味で、「自分の運命は自分で決める」ということ。

この曲もイントロがたっぷり8小節。CメジャーだけどAメロの2つ目のコードがいきなりBbメジャーで気持ちいい(下属調のサブドミナント)。この曲のAメロには明確な反復がある。

典型的な「パーン、パパン」の手拍子が打てるBメロもきれいな流れの旋律。サビのCメロに入る前に1小節余分に入っているのも、少しだけ凝った構成で、ここにも経過和音でBbメジャーが入っている。

サビのCメロもアレンジに、ブラスと、ビューッっと空間が広がっていくアンビエントな音が入っていて、とっても気持ちいい。海辺のドライブのBGMにぴったりな感じ?

そのままの音の厚みでツーコーラスめに入って、Bメロのコーラスアレンジも、もう典型的なJ-POPで涙がちょちょ切れます。

間奏のエレキギターソロの後は、ラップ風のブリッジが入って、いったんサビのCメロが繰り返された後、いったんブレイクが入ってから半音上がる転調で、とっても気持ち良すぎます。

唯一残念なのはアウトロがあっさりしすぎていること。これでアウトロがたっぷりあれば、SNH48チームSIIオリジナル公演『心の旅程』の『ローマの休日』に並ぶ名曲。

5. こんな私(這樣的我)

ピアノで始まるバラード。このイントロも典型的なJ-POPというか、女性アイドルグループ的バラード。

AメロのあとすぐにサビのBメロで、Aメロ前半の他にメロディーに反復がないのがC-POP寄り。この構成は現地の中国人ファンの耳にも自然に入るんじゃないかと思う。

男性コーラスは『あなたの知らない私』と同じ歌い手さんっぽい。ツーコーラスめ終わりの間奏もたっぷりな長さで、BbメジャーからBメジャーへ、やはり半音上がりの転調。

クリシェと言えばクリシェですが、何の引っ掛かりも違和感もなく安心して聴けるバラードになっているのが本当にありがたい。

欲を言えばBメロを追加し、サビはCメロにして、もう少し長く聴かせてほしい気がする。長く聴いていたい曲なので。

この広州GNZ48初の全曲オリジナルEP『あなたの知らない私(你所不知道的我)』は、個人的には今までのSNH48とその姉妹グループの全曲オリジナルEPの中で、いちばんJ-POP寄りなのではないかと思う。

そういう作り方が、現地で広く受け入れられるかどうかは別問題だけれど。

シェアする