SNH48として2つ目、3つ目の全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』『夢想的旗幟X(ドリーム・フラッグX)』詳細情報!

SNH48チームSIIの全曲オリジナル公演『心の旅程』につづく、SNH48チームNIIの全曲オリジナル公演『僕らだけのパーティー(専属派対)』の特集ページが、SNH48公式サイトにいつの間にかできていたので、じっくりご紹介。

SNH48 Team NII 専属派対 (SNH48公式サイトより)

中国語で「派対」は「パーティー」の意味。「専属派対」はこのブログでは仮に「僕らだけのパーティー」と訳させて頂きます。

この特設ページに上海SNH48、北京BEJ48、広州GNZ48のオリジナル路線がはっきり宣言されているので、いちおうきちんと日本語試訳しておく。


2016年5月、SNH48初のオリジナル公演『心の旅程』は発表されるとすぐに好評を受けました。『心の旅程』に続いて、SNH48音楽制作チームはまた力作をひとつ、チームNIIのためだけの公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』を正式に発表します。この公演は夏休みにファンのみなさんに公開します。

今年の後半には(SNH48)チームXのためだけの公演『夢想的旗幟X(ドリーム・フラッグX)』も鳴り物入りで準備中。

ひとことお伝えしておく価値があるのは、SNH48のオリジナル戦略計画は、さらに姉妹グループの北京BEJ48、広州GNZ48にもおよび、これら二箇所の星夢劇院でもオリジナル公演『心の旅程』を大々的に上演開始する予定です。

SNH48はまったく新しく”僕らでいっしょに作り出したもの、それがいちばん!”という運営理念を推し出して、劇場公演の内容と形式を少しずつ新しいものにしていきます。

時代にそって変化し、進取の精神を表現するために、オリジナルEPにつづいて、オリジナル劇場公演、冠バラエティー番組や主演映像作品など、一連のオリジナル作品を作り出していきます。

そして落ち着いて着実に中国のオリジナル路線を開拓し、”中国の創造”のために私たちの青春の汗を捧げたいと思っています。ご期待ください!


なんと今年の後半に発表する上海SNH48チームXの全曲オリジナル公演のタイトルもすでに『夢想的旗幟X(ドリーム・フラッグX)』と決まっている。

ただ、SNH48運営会社の社長・王子傑(ワン・ツージエ)の、ある意味「保守的」なところが現れていると思うのは、「稳健实在地开拓中国原创道路」という部分だと思う。

中国の企業がこういう新しい戦略を発表するときは、もっと威勢よくぶち上げるものだけれど、「落ち着いて着実に中国のオリジナル路線を開拓する」と書いてある。

急ぐあまりクオリティーの低いものを作ってしまえば、もともとAKB48のような日本式のアイドルや二次元文化が好きなSNH48のコアな現地ファンが離れてしまうことを、SNH48運営会社はいちばん分かっているということだろう。

むしろ現地ファンの方が粗製濫造でも新しいものが見たいと、気が急いているのではないかと思うくらいだ。

さて、上海SNH48チームNIIの新しい全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』のセットリストも公開されているので、ご紹介。


僕らだけのパーティーの始まり、準備はいいかな?GO!!!仮面舞踏会、狂ったように激しく、まるでカリフォルニアまで飛んで行くみたいに、ロックのリズムを感じて…とことん楽しもう。

01. パンドラのミュージックボックス(潘多拉的音樂盒)

少女たちがパンドラのミュージックボックスを開けると、僕らだけのパーティーの序幕の始まり。

02. 僕らだけのパーティー(專屬派對)

僕らだけのパーティーがついに燃え上がる!私はステージで歌って、ライトを浴びているけれど、内心ではずっと客席のあなたと視線を交わしたいと思ってる。この一瞬、ドキドキが加速する!今夜私たち、誰も早く帰らないって約束して!

03. Shake it! Shake it!

あっさりしたブルーノートのメロディー、まるで遥か遠く手のとどかない時代までやって来たみたい。ブルースのリズムにひたっている私は、まるでカリフォルニアの小さなバーにいるみたい。バーの外を眺めると、看板が風に揺れてる。急に私もいっしょに体を揺らしたくなって来た。

04. ロックンロール・リズム(搖擺節拍)

他人の目なんか気にしない、笑われたっていい、今までどおり自分らしく!好きなら大声で叫べばいい!楽しければリズムにのって踊ればいい、どんな束縛からも抜けだそう!輝く青春をつかむために!

にぎやかなパーティーの開幕を味わったら、つぎはいろんなショーから君の好きなのを見つけてね。



(ユニット曲)
05. 私たちは天使じゃない(我們不是天使)

3人の間の暗号、秘密の花園に炎がともる。秘密のトライアングル、誰が誰にシグナルを送るか。まるで冒険みたい。それ以上気を許して抱きしめるのは気をつけて。

06. 白昼夢(白日夢)

子供の頃を覚えてる?友だちがいつもゾウやライオンを演じた寸劇のこと。じゃあ子供の頃に帰って、もう一度やってみない?いまあの調教師と”動物たち”の愛の対話をいっしょに聞いてみようよ。

07. 人形(木偶)

彼女は、誰もいない舞台に立って、一本のろうそくをともし、独り軽やかに踊り始める。
彼女は、挫折と失敗にあうたびに、後ろを向いて涙をこらえる。
にぎわいが消え去り、全ての曲が終わったとき、静かに味わおう、このがらんとした舞台で、彼女が、君のために全身全霊で準備していた一曲のダンスを。

08. Don’t touch

美しい姿に、ぼんやりした視線、いくつの過去を隠しているの。会場全体が彼女の名前を叫ぶ。僕は知っている、彼女は手で触れてはいけないダンサーだと。

09. ブラック・スワン(黑天鹅)

すみっこで黙々と踊っているあのブラック・スワンだって、大きな夢を抱いている。全力で汗をかいて、一切の孤独に耐えているのは、すべて明日への期待のため。いつか舞台のセンターで自分の才能をときはなちたいと願っているから。



パーティーがクライマックスをむかえるにつれて、ステージはいっそう盛り上がる。情熱的なリズムに合わせて、ぐるぐる踊りつづけよう…ダンスパーティーの終わりまで。

10. Funky Night

情熱的な大騒ぎはまだ続く、パーティーの雰囲気はますます盛り上がって、ファンキーな魅力が僕らを引きつける。この情熱的な夜の熱狂にひたって、仕事の悩みや勉強のプレッシャーなんて投げ捨てて、いっしょに楽しもうFunky night!

11. まるバツまるバツ(圈叉圈叉)

恋している二人は、独特のやり方で甘い言葉を交わす。それは私たち二人だけの愛の暗号。私たちの愛が驚くような魔法でいっぱいになる。

12. スーパーフォーカス(超級焦点)

パーティーにいる私に、みんなの視線がフォーカス。会場全体が私のリズムに合わせて、揺れるように踊る。悩みなんて捨てていっしょにこのパーティーの魔力を楽しもうよ。

13. 青春は終わらない(青春不散)

パーティーも終わりに近づき、まだまだ楽しみ足りない、このダンスパーティーが永遠に終わらないでほしい。美しい時が、いままでのように目の前にあって、私たちは未来へ小さな期待を抱いている。また会うときには、もっと勇気を出して、君のために歌おう。



会場全体がアンコールのリズムにつつまれ、パーティーがまた沸き上がる。パーティーは必ず終わってしまうから、みんながいっしょにいてくれることに感謝して、いっしょに星夢劇院に、願いをかけよう。

14. ダメなお手本(不良示範)

私はたくさんダメな習慣があるけど、それでもずっとあなたはかわいがってくれる。あなたにとって私はほんとにそんなに完璧なの?朝寝起きが悪くても、がまんしてくれる?いつもヘマをやらかすけど、がまんしてくれる?デートにいつも遅れるけれど、がまんしてくれる?実は私もいけないクセだって分かってる。でもあなたのために、ダメなクセを直したいよ!

15. 次の夜明け(下一個黎明)

私たちはいっしょに、固く信じている。困難を一つまたひとつと抜けて、勇敢に出口を探せば、最後に夢はかなうと。夜明けが来る前に、私は自分の思うような自分に変わりたい、強くなりたい。

16. 星に願いを(星願)

星々が集まって、暗い夜空を照らす。私たちは星空の下、願いをかける。あなたがいれば、私には前に進む勇気が出る。決して消えない光が、私たちがともに歩む道を遠くまで照らしてくれる。


以上が、SNH48として2つめの全曲オリジナル公演、チームNII『専属派対(僕らだけのパーティー)』のセットリストと、曲目解説の日本語試訳。

次に、SNH48チームXの全曲オリジナル公演『ドリーム・フラッグX(夢想的旗幟X)』の解説も日本語試訳する。


ドリーム・フラッグの導きで、チームXは勇気をもって前進!

公演全体が伝えるのは、チームXの少女たちが、夢の旗に導かれて、ともに出発し、大冒険を始める中で、自分たちの心の中の宝物をさがす物語。

『夢想的旗幟X(ドリーム・フラッグX)』はチームXにとって初めての独自公演(訳注:今までチームXは同じ上海SNH48の先輩チームのAKB48公演中国語版のお下がり公演しか上演していない)。そしてまたSNH48としてはもう一つの完全オリジナル公演になります。

この公演の見どころは、音楽で夢のために冒険に挑む物語のすべてを表現しているところです。冒険に臨む前の準備から、冒険の過程で出逢ういろいろな偶然、そして”冒険”の路の上で起こるいろいろなおもしろいエピソード。

じっくり聴いてもらえれば、まるで舞台劇のような効果を体験できると思います。同時に、劇場の照明とセットもテーマに合わせて設置し、舞台美術は大海原に宝探しに出かけるような雰囲気になります。

この公演は元気いっぱい、冒険心いっぱいの公演で、チームXメンバーはいちばんパーフェクトな姿でみなさんの前に現れます。チームXが冒険に乗り出すドリーム・フラッグが、星夢劇院のステージに打ち立てられます。

初日の日時の発表を、ご期待ください!


この特集ページの最後にあるのは、北京BEJ48、広州GNZ48が、SNH48チームSIIの全曲オリジナル公演『心の旅程』をお下がり公演として間もなく上演するというお知らせ。

たぶん来年には、上海SNH48、北京BEJ48、広州GNZ48とも、すべての星夢劇院で、AKB48公演の中国語版ではなく、オリジナル公演だけが上演されることになりそう。

現実問題としては、日本のAKB48運営会社との契約上、版権利用を許可されている期限が来るからだと思われます。

つまりSNH48運営会社としては、契約違反をしてまでAKB48楽曲を使い続けないように、必死で全曲オリジナル公演や、オリジナルEPを制作しているということ。

こういう、今までにないAKB48姉妹グループの「現地化」の努力を、どうしてAKB48運営会社はもっとポジティブに評価できないかなぁと思います。

日本側の運営がすべてを縛るようなやり方で、日本と違った社会的・文化的背景をもつ中国にAKB48文化が根付くはずがないと思うのですが。

だってSNH48、BEJ48、GNZ48の現地ファンのみなさんは、中国の中でもっとも親日的な人たちであることは間違いないわけです。

そういう人たちにあえて、日本のサブカルチャーを代表してケンカを売るAKB48運営会社は、日本の国益を損ねているとしか言えないでしょう。

本来ならそういう、中国でもっとも親日的な人たちを完全に味方にするのが、AKB48運営会社としていちばん頭のいい戦略だと思うのですが…。

おそらくAKB48運営会社はプライドばかり肥大して、短期的な利益しか見えていないんでしょう。

シェアする