SNH48運営会社はAKSに高額な加盟料+高額な版権使用料+利益の20%のロイヤリティを支払っているというウワサ(あくまでウワサ)

真偽のほどは別として興味深い情報を見つけたのでご紹介。AKB48運営がSNH48運営が「契約違反」を行ったことについて、中国現地関係者とSNH48公式アカウント「らしき」アカウントとのダイレクトメッセージのやりとり「らしき」ものの画面ショット「らしき」もの。

くり返しになるけれど、これが本物かどうかは別として、日本語試訳しておく。


それから、私たちの会社はAKB48の歌をカバーするのにもとても高い版権費用を支払っています。

私たちは2012年にはもうとても高い加盟費を支払ってたんです!当時はAKB48の歌を使えると思ってましたが、AKSがトリックを使うとは知りませんでした。当時受けた権利には楽曲は含まれていなかったんです(楽曲がもらえないなら誰があんな大金を支払えたでしょうか!?)

それで『恋するフォーチュンクッキー』を発売するとき、不法に版権を侵害したと言われ、当時は会社全体で呆然としました。「えっ、私たち姉妹グループじゃなかったの?どうして曲を使えないの?最初に交渉したときはこんなはずじゃなかったよね」って。

最初は話がまとまらなかったので、それで『恋するフォーチュンクッキー』のMVはイベントバージョンを撮影したんです(スキに乗じてうまくやったということです)、今にいたるまで正式版を撮影していません…

そのあと話はまとまりましたが、AKSは法外な値段をふっかけてきて、シングルを出すごとに利益の20パーセントを取るというんです!!!去年の(第二回)総選挙シングルの販売枚数は70万強ですが、版権だけで1,800万人民元強(訳注:約2億9000万円)で、AKSに代わって税務申告をしたときは、役人に嘲笑されたものです、「中国の会社は納税者の模範だね」と。出資者はとっくに不満を持っていたんです…


何度もくり返すけれど、これが本当の話なのかウソなのかは誰にも分からない。

ただ、本当だとするとAKB48姉妹グループのフランチャイジーは利益の20%をロイヤリティとしてAKSに支払う必要があることになる。

自前で土地・店舗を用意するコンビニエンスストアよりは少額だが(←コンビニと比べるな!)、おそらくAKB48姉妹グループのフランチャイズの場合、そもそも加盟料が非常に高額と思われる。その上、ロイヤリティの他に楽曲ふくむ版権の費用も支払う必要がある。

SNH48運営会社のように立ち上げたばかりの会社は成長を優先するため、利益は内部留保よりも株主により多く還元して(=配当性向を高くして)、投資者からより多くの資金を集めるのが普通だ。

逆にすでに大きくなっている会社は、配当性向を高くするよりも、将来の投資のための内部留保を多めにとって、長期にわたって安定した経営ができるようにする。

SNH48運営会社は、AKB48運営会社に多額の加盟料、版権使用料、ロイヤリティを支払って、株主への利益還元が難しいはず。

それにもかかわらず、華人文化ホールディングスを通じて間接的にアリババグループやテンセントなど、中国最大手の企業からの出資を得ることに成功している。

これは、当初の出資者が日本側の強欲さにブチ切れて「オール・チャイナ」で反撃に出たか、SNH48運営会社がかなり身を削ったか(つまり従業員を安月給でこき使ったか)のどちらかだろう。

個人的には、AKSはさっさと訴訟を起こして(日本と中国のどちらでやるのか知らないが)、SNH48運営会社が再起不能になるまで賠償金をぶん取ればいいと思う。

それで誰からも反感を買わないと思うのならば。

シェアする