SNH48第三回総選挙は160名超が参加、2016/07/30上海メルセデス・ベンツアリーナで結果発表!

SNH48の今年の総選挙投票権付き水着シングルはオリジナル曲『夢想島(夢の島)』とのことで、2016/05/12(木)楽曲が先行公開され、第三回総選挙の開催が2016/05/13(金)上海SNH48公式サイトで発表された。

「SNH48が姉妹グループと共同で『翼を並べて』第三回人気総決選5月始動! (SNH48公式サイトより)

とりあえずはこの公式サイトのページからポイントだけ抜き出しておく。

・今回の総決選の結果発表コンサートは2016/07/30上海メルセデス・ベンツアリーナで開催。

(上記にもあるようにイベントの名称は「アイドル人気総決選」で、「選挙」という言葉は避けられている)

・イベントの愛称は「翼を並べて」。中国語では「比翼斉飛」、助け合ってともに進むの意味。

・上海SNH48だけでなく、北京BEJ48、広州GNZ48メンバーも加えた160名超のメンバーが参加。

・決定するランキングは上位48名まで。

・48名に入ったメンバーは大作シングル、映画、ドラマ、バラエティー番組、イメージキャラクターなどの仕事に参加できる。

・総決選の詳細なルールは後日3グループそれそれの公式サイトなどで発表。

・総決選の始動セレモニーは2016/06/01上海SNH48専用劇場「星夢劇院」で開催。

・投票権つきEPとして完全オリジナルEP『夢想島』を2016/05/20に正式発売。

・SNH48運営会社グループの映像制作会社STUDIO48が、先日戦略的提携をしたアジアのMV制作トップクラスの映像制作会社ZANYBROSと『夢想島』の水着MVを撮影済み。チームSII、NII、HII、X、XII、北京BEJ48、広州GNZ48からのメンバーも合わせて24人が水着MVに参加。

(訳注:じっさいは水着MVが撮影されたとき、まだ北京BEJ48、広州GNZ48は結成されておらず、BEJ48、GNZ48に移籍する前のSNH48六期生も水着MVに参加して撮影された、という意味)

・水着MVはモーリシャス島で撮影済み。

・このEP『夢想島』は『源動力』につづいて、SNH48として2枚目の全曲完全オリジナルの6曲を収録。


・総決選のランキングでは全体から48名が選ばれる他、総決選初参加の北京BEJ48、広州GNZ48それぞれのTOP7も選ばれる。(つまり北京の神7と、広州の神7も、別に選出されるということ)

・総決選結果発表は3時間にわたるコンサートとして開催。

・今年の総決選はインターネット生放送だけでなく衛星テレビでも放送される。(たぶん上海東方衛星テレビかな)

・第1位~第16位は「Top Girls(高飛組)」

・第17位~第32位は「Under Girls(夢想組)」

・第33位~第48位は「Next Girls(起飛組)」

・トップ48名に入ったメンバーは全員海外でのMV撮影に参加。

・総決選選抜メンバー48名の参加するシングル曲は中華圏第一線の男性歌手が作曲、米国グラミー賞受賞バンドが制作に参加するSNH48の13thシングルに収録。

・選抜メンバー48名が収録に参加するバラエティーTV番組は『国民美少女2』『超級女団(スーパー・ガールズグループ)』など

・今年度TOP1になったメンバーはソロシングルとMV撮影だけでなく、大型テレビ連続ドラマの主役、青春映画作品の主役を獲得。また、3Dプリンターで作った立像を上海SNH48専用劇場星夢劇院、北京BEJ48星夢劇院、広州GNZ48星夢劇院それぞれの入口ロビーに常設展示。

・北京BEJ48、広州GNZ48それぞれで、初めてユニットデビューするメンバーは今回の総決選のそれぞれのグループの「神7」からなる。

・この北京BEJ48、広州GNZ48の2グループの「神7」は、中国有名ファッション誌の撮影に参加する他、それぞれシングル曲を制作。

・2016/07/30上海メルセデス・ベンツアリーナで開催される結果発表コンサートには国内外の音楽業界から重鎮がゲスト参加。

・「全世界の中華圏十四億人を席巻する」(大げさすぎ!)今回の総決選の期間中、上海SNH48、北京BEJ48、広州GNZ48のそれぞれの公式サイトと各劇場売店で特製グッズが販売されるほか、メンバーが順に「一日ファンサービス」イベントに参加。

・今回から投票を簡略化するため、投票権付きEP『夢想島』同封の投票券のQRコードを読み取って、SNH48公式アプリ「Pocket48(口袋48)」やSNH48公式サイトから投票できるシステムを整備。

(今までは投票券のコードを手入力する必要があったが、QRコードをスマホでスキャンするだけでよくなる)

・さらに「Pocket48」およびテンセント動画サイトに電子投票券システムを開設、最低たった5元(約90円)から小数点以下の投票が可能。

(この制度は去年の第二回総選挙ですでにあった。EPを買わなくても少額で0.1票などの投票ができる。EPを買う必要が無いので、日本のAKB48グループの総選挙のように、大量のCDがゴミになることが少なく、地球にやさしい総選挙)

・投票の公平性を保つために、SNH48運営会社および関連会社の関係者とその親族、参加メンバーとその親族は投票に参加できない。また、「商業的な目的」でのいかなる投票も受け付けない。

以上が公式サイトでの発表のポイント。ポイントだけに絞り込んでも、かなり盛りだくさんな「総決選」。

やっぱり中国企業の成長スピードは速い!

秋元康にもう少し「起業家」としての素質があれば、早いところSNH48運営と中国に合弁会社を作って、資本の面からSNH48の展開をコントロールしておくべきだった。

いまやSNH48運営会社グループは、世界的にもトップクラスの規模をほこるインターネット企業、アリババやテンセントから間接的に出資を受けているので、もうAKSのような「中小企業」が資金力で太刀打ちできるレベルじゃなくなっている。

シェアする