SNH48メンバー最近のイメージキャラクターのお仕事まとめ:ゲーム、スマホ「魅藍」、男性化粧品「AXE」

SNH48姉妹グループ、北京BEJ48、広州GNZ48メンバーが正式にお披露目され、今月2016/04末にはさっそく初公演ということで、現地ファンの注目もそちらに向かいがち。

でも当然、上海SNH48メンバーがいちばん忙しく、いろんな仕事をこなしています、ということで、イメージキャラクターやいわゆる「営業」のお仕事などをまとめてご紹介。

まずSNH48メンバーのうち中国で「00后」と呼ばれる2000年代生まれの3人が、中国のインターネット企業最大手テンセント(騰訊)のスマホゲーム『戦闘吧剣霊』(日本語で言うと「闘え!ソードマスター」的な意味)のイメージキャラクターに。

↓左からツンデレ属性の五期生・洪珮雲(ホン・ペイユン)、ツインテール美少女の五期生ニモ(費沁源)、お団子ヘアの三期生ニーちゃん(謝妮)。

ちなみに生年月日は以下のとおり。

洪珮雲(ホン・ペイユン): 2001/01/07(15歳)
ニモ(費沁源): 2001/03/20(15歳)
ニーちゃん(謝妮):2000/02/12(16歳)

ということで正真正銘の2000年代生まれのロリキャラ。

↓左の洪珮雲(ホン・ペイユン)は同ゲームのガイドキャラ・ソフィア役。20歳の巨乳キャラなので「本人は明らかに15歳の女の子でしょ、フン!」とツンデレのツイートをしている。

↓中央のニモ(費沁源)は同ゲームのガイドキャラ・ジャスミン役。ツインテールが同じ。

↓右のニーちゃん(謝妮)は同ゲームのガイドキャラ・ミクというどこかで聞いたことのある名前の役。お団子ヘアが同じ。

SNH48運営会社は先日、ファンド経由で間接的にアリババグループとテンセント(騰訊)の出資を受けたが、さっそくテンセント(騰訊)との提携関係がどんどん密になりつつあるようだ。

次は別の中国インターネット企業最大手「網易 NetEase」が2003年に発表し、シリーズがずっと続いているスマホゲーム『夢幻西遊』。

名前のとおり西遊記をテーマにしたRPGだが、このゲームが2016/07/13から上海文化広場で舞台化されるとのことで、その主題歌『入夢』をSNH48メンバーが録音したらしい。

↓こちらがその録音風景のメイキング映像。

レコーディング風景の左から、三期生カメちゃん(徐晗)、二期生キクちゃん(鞠婧禕)、三期生モンスター(劉炅然)、三期生グーグー(郝婉晴)。

二期生カチューシャ(李藝彤)も下記動画のようにこの主題歌を応援してます(笑)。

次はSNH48チームHIIが、中国のスマホメーカー「MEIZU 魅族」の若者向けブランド「魅藍 メイラン」の、北京での新モデル発表会に登場。『ポニーテールとシュシュ』『鈴懸なんちゃら』を歌った。

↓SNH48 TeamHII 中国スマホメーカ MEIZU 「魅藍」ブランド新製品記者発表会

MEIZUの「魅藍」と言えば、先月まで放送されていたSNH48のバラエティー番組『国民美少女』の冠スポンサー。番組に続いてこういうイベントにお声がかかるのはありがたいこと。

なおこの記者発表会のチームHII陣容は以下のとおり。

三期生:キャプテン・ルーシー(王璐)、副キャプテン・うさぎ(吳燕文)、ドゥードゥー(陳怡馨)、スーキー(王柏碩)、ルナ(林楠)、ユーちゃん(劉佩鑫)、ニーちゃん(謝妮)、Miyo(楊惠婷
五期生:リッチ(袁航)、ミャオミャオ(沈夢瑤)、ルーチャオ(王露皎
六期生:ジェニー(孫珍妮

まだまだ他にもイメージキャラクターのお仕事はあるけれど、今回最後にご紹介するのは、ユニリーバの「LYNX」というメンズ・グルーミング・ブランド(要するにシャンプーとかボディーシャンプーとかボディースプレーとか)。

この「LYNX」ブランドはユニリーバが世界各国で展開しているけれど、日本ではなぜか「AXE」と名前を変えて展開されている。たぶん「AXE」のCMなら、TVで見たことがあるはず。

その「LYNX」ブランドの中国最大のネットモール「TMALL」の専門サイトのイメージキャラクターに、SNH48の4人のメンバーが起用された。

「TMALL」と言えば、「タオバオ 淘宝」の企業向けネットモールで、運営はアリババグループ。この「LYNX」(日本で言う「AXE」)のお仕事は、アリババつながりなのか、それとも以前、ユニリーバのアイスクリームブランド「Wall’s」(これも日本では展開がないブランド)つながりなのかは不明。

↓「TMALL」の「LYNX」専門サイトは、現在このようにSNH48が全面的にフィーチャーされている。

後列左から、一期生でSNH48全体の総監督的な立場のダイモン(戴萌)、四期生CoCo(邵雪聰)。
前列左から、二期生ルーリー(曾艷芬)、一期生momo(莫寒)。

↓クリエイティブはもはや日本系なんだか韓国系なんだか、ごちゃ混ぜ状態。
「欧巴」は韓国語の「お兄さん(オッパ)」に漢字を当てた表現で、最近中国の若者がよくつかう韓国語だが、その右には日本語のひらがな「の」が登場している。

↓「撩妹」も最近はやりのネットスラング。女の子をナンパすること。

MEIZUの「魅藍」とユニリーバの「LYNX」は、たぶん実際のスーパーマーケットなどでも、SNH48メンバーが登場するPOPが出るのかもしれない。

いろいろと大活躍な上海SNH48メンバー。