SNH48五期生だけで春節(旧正月)特番で『とっておきクリスマス(新年的鐘声)』を歌唱

SNH48出演の中国春節(旧正月)特別番組の一つ、2016/02/04(木)22:20~湖北衛星テレビ・遼寧衛星テレビほか、中国全国のラジオ局も共同制作した録画番組『餃子撈起來·我包(水餃子をすくい上げよう・私が作るから)』。

いきなりオープニングにSNH48五期生チームXIIメンバーが登場、『とっておきクリスマス(新年的鐘声)』を歌った。そのときの映像。

比較的低予算っぽく見えた特別番組だが、現地の三菱自動車の合弁会社がスポンサーになっていたりした。

さすがに五期生にはまだ司会者とのからみのあるMCはムリなので、オープニングで『とっておきクリスマス』を歌って終わりだったようだ。

どうでもいいけど重要な事だが、SNH48運営が『とっておきクリスマス』を『新年の鐘の音』とタイトルを変えて、ほぼ完全に「新年のお祝いの曲」に改変したのが、かなり功を奏しているらしい。

春節の長期休暇で実家に帰っているSNH48メンバーの何人かが、実家、といっても中国の地方の大都市に住んでいるメンバーが多いが、ショッピングモールでこの『新年の鐘の音』がずっと流れいた、とツイートしている。

クリスマス・ソングを新年の曲に改変することで、中国では12月中旬から、春節の今の時期、つまり年をまたいで2月中旬まで、ずっとこの曲をパフォーマンスすることができる。

新暦の年越しの特別番組でも、SNH48は各局の特別番組でこの曲を歌ったこともあり、意外にこの曲は大都市では浸透したようだ。

こういう小さな工夫を運営が積み重ねることで、SNH48の全国的な知名度や認知度が少しずつ上がっていくのは、とても良いことだと思う。

もちろんお金儲けの側面もあるだろうけれど、故郷に自分たちの曲が流れるのは、メンバーたち自身にとってもSNH48というグループに所属していることの「誇り」になるだろうから。

シェアする