2016/01/25(月)~2016/01/30(土)SNH48関連ネタまとめ

SNH48の活動が多岐にわたりすぎて、このブログでどうご紹介すればいいのか、まとめるのが難しくなってきた。

なので、中国最大の検索ポータル「百度 バイドゥ」の掲示板「貼吧 てぃえば」の某掲示板から、2016/01/25(月)~2016/01/30(土)の、SNH48関連ネタのまとめスレッドからご紹介することにする。

このブログ自体が非公式だし、以下ご紹介する内容はなおさら非公式なので、間違っている可能性がある。その上でお読み下さい。


2016/01/25(月)

1. SNH48忘年会

この日の夜、SNH48忘年会があり、Team STAFF『王子殿下の笑顔を守れ』公演(仮)があったのは、先日ご紹介したとおり。

より完全な現場映像を、五期生チームXIIペイペイ(林嘉佩)が中国ツイッター(新浪微博)にアップしてくれていたので、ご紹介。

筆者はAKB48ファンでないのでわからなかったのだが、このTeam STAFFの最初の曲、SNH48のダンスの先生4人が歌っているのは、なんとSNH48『前人未到』公演でお蔵入りになった『目撃者』!

中国語の歌詞もついてるし、衣装もオリジナルのAKB48 TeamAっぽい。ちゃんと音源ふくめて上演の準備はされていたらしい。

ところで、SNH48第一回スタッフ総選挙で第2位になったチームNIIのダンスの先生・朱小希さんが可愛すぎると、現地ファンの間で話題になりすぎて、先生が中国ツイッター(新浪微博)の過去ツイートを全部削除、アカウント名まで変更してしまったらしい。下の写真がその先生。たしかに…。

2. SNH48チームNII二期生「四千年に一人の美少女」ことキクちゃん(鞠婧禕)が出演する、映画『九州天空城』がクランクイン。

もちろん日本の九州とはまったく無関係な原作にもとづく中国の時代劇らしいが、ネットで調べる時間がないので、とりあえず映画が完成するのを待とう。


2016/01/26(火)

1. SNH48第二回リクエストアワーBEST 30コンサートの順位にもとづいて、チームNII二期生カチューシャ(李藝彤)とテテちゃん(黃婷婷)が、『おしべとめしべと夜の蝶々』MV撮影のために韓国へ出発。

なぜ日本で撮影しないの?という話はあるけれど、SNH48のMV制作は『UZA』以降、基本的にSNH48運営スタッフ自体が制作するか、韓国ZANYBROSが制作するかなので仕方ない。

どうして日本の映像制作会社は上海に進出するとか、しないんだろうか。


2016/01/27(水)

1. SNH48チームSII一期生ダイモン(戴萌)、キキ(許佳琪)、Bちゃん(孔肖吟)、チームX四期生まるこ(楊韞玉)が、フェイスパックの広告撮影をしたらしい。その映像はまだアップされていないようで、筆者はいまのところ見つけていない。


2016/01/28(木)

1. どうやら以前にこのブログでもご紹介した、「BEJ48」専用劇場ではないか?という北京「悠唐生活広場」4階だが、2016/01/26(火)に本格的に内装工事が始まったらしい。

そしてこのショッピングモールの入り口の大画面にSNH48の新企画『国民美少女』PR映像が流れているとのこと。いつになるか分からないけれど、劇場の完成を楽しみにしよう。

2. SNH48チームNII二期生シャオスー(林思意)、ユーミー(趙粵)の2人が、中国ネット企業最大手テンセント(騰訊)のネット番組で、中国で一番人気の司会者・何炅が司会の『拜託了氷箱』(たのむぞ冷蔵庫!という意味)という料理番組に出演することになったらしい。オリジナルの番組フォーマットは韓国とのこと。

3. SNH48チームHIIのメンバーが北京に飛んで、どこかの企業の忘年会と、テンセント(騰訊)の何かの収録に参加したらしい。

忘年会と言っても、SNH48運営会社のような小さな会社でさえ、映像でご紹介したような大盛り上がりのパーティーをするので、先日チームSIIが参加したテンセント(騰訊)の忘年会のように、大きな会場でのパフォーマンスだったと思われる。

4. チームXII五期生・洪珮雲(ホン・ペイユン)がInstagramで以下の様なことをつぶやいていたらしいのだが、現在はInstagramのアカウント自体がなくなっているらしい。運営にしかられて削除したのかもしれない。まだ2001/01/07生まれの15歳だし…。


SNH48五期生・洪珮雲「実はポジションとかいうものは、最初からぜんぜんセンターとか考えたことがない。公演に出られればいいと思ってた。後で全公演のセンターが順番に入れ替わりになっても、ずっと自分の努力でいいポジションに立とうと思ってた。それから、センターなんて笑顔ひとつ見せれば苦労もせずに取れると考えてる人がどうしているのか、よく分からなかった。それで振り返ってみると、最初から私がセンターのポジションにいたのって、不公平だよね。もともと何もないのが公平でしょ。だから笑顔ひとつでとか、その他ヘンな方法でいくら完璧なアイドルになって人気が出ても、うらやましく思う価値はないよね。メンバーのみんなが言ってるように、今の自分がぜんぜんダメでも、自分の夢に向かうこの道を堂々と歩んでいこうって。instagramをグチばかり言うところにしたくないから、気持ちを整えて、努力しながら、明日の自分が今日の自分より良くなると信じてる。」


2016/01/29(金)

1. 最近、中国ツイッター(新浪微博)のダイレクトメッセージは今後見ません、と宣言するメンバーが何人か出てきているようだ。たとえばSNH48チームNII二期生じゅうなな(龔詩淇)など。

いわゆる「アンチ」がよっぽどヒドいことを書いて送りつけているんだろう。知名度が上がるとそれだけアンチも出てくるということで、仕方ないのかもしれない。

上海の劇場に行けない地方のファンからすると、せっかくのコミュニケーション手段がなくなるのは悲しいだろうけれど。

2. チームNII二期生テテちゃん(黃婷婷)によれば、韓国で撮影した『おしべとめしべと夜の蝶々』MVには男性の登場人物がいるらしい。百合系の曲にどうして男性登場人物が必要なんだ?とツッコミを入れている現地ファンがいた。


2016/01/30(土)

1. この日のチームNIIのSNH48成立三周年記念公演は、ルーリー(曾艷芬)の生誕祭。特別曲は全員がスマホで歌詞を見ながらAKB48 TeamK『最終ベルが鳴る』公演の『支え』を歌った。

SNH48公演の生誕祭などの特別曲はいつも「ゆるい」ので、歌詞を覚えてなくてもいつものことか、と思っていたのだが、どうやら『桜の木になろう』を歌う予定が、急遽『支え』に変更になったらしい。理由は不明。

そして、SNH48運営の事前の発表によれば、チームNIIメンバーが公演後、他の仕事があるため、SNH48専用劇場「星夢劇院」併設のカフェで開かれるルーリー(曾艷芬)の誕生パーティーは、本人が一人だけで参加とあった。

↓ところが結果は、こちらの動画の最後の部分のように大人数。

シャオシャオ(何曉玉)、ローラン(羅蘭)、シャオスー(林思意)、オレンジ(陳問言)、公演に出ていた五期生いーしゃん(段藝璇)、公演に出ていなかった三期生チャーチャー(張雨鑫)までいる。

ちなみに以前もやし(中国語で「豆芽」)というあだ名だった陳問言は、自分で橙子(オレンジ)というあだ名に変えたので、このブログでは今後はオレンジと表記する。

誕生パーティーの生中継には入り切らなかったが、どうやらいつものビュッフェ形式のパーティーのあと、出前で火鍋をたのんでみんなで食べたとか。

2. チームNII二期生キャプテン・ななし(馮薪朵)の生誕祭は2016/02/20または02/21のどちらかになるらしい。彼女の誕生日は1992/01/24で、すでに過ぎているんだけれど…。


以上、百度貼吧の某掲示板(笑)のスレッドからのネタでした。

シェアする