SNH48チームHII三期生モンスター(劉炅然)CTで椎間板ヘルニアとの診断結果

SNH48チームHII三期生モンスター(劉炅然)は今日2015/09/04(金)の定期公演『手をつなぎながら』をお休みしていた。腰の検査を受けるために病院に行っていたからだ。

本人がこちらの2015/09/03 22:37のツイートのコメント欄で検査結果をツイートしていた。


モンスター(劉炅然)「診断結果が出てきた。CT診断をして椎間板ヘルニアということ、でもちょうど中央に突出しているので両方の骨を圧迫してはいない、今のところお医者さんはまだ手術しなくていいというアドバイス。さらに突出して柔らかい組織まで突出してきたら必ず手術しなければならないとのこと。お医者さんにダンスに影響があるかどうか質問したら、適度な運動ならよい、激しすぎると突出が悪化するので、今は日頃注意するようにということ」(2015/09/04 17:20)

ダンス経験の長くないメンバーは、SNH48に入団していきなり強度の高いダンスレッスンを毎日するので、故障者が出てくるのは仕方ないのかもしれない。

サボキ(趙嘉敏)も学業との両立で、レッスンの遅れを取り戻すために自主練習をしすぎて腰を痛め、入団後はじめての大型コンサート「Blooming For You」に出演できなかった経験があったりするので。

それにしても、体に爆弾をかかえるメンバーは他にもいるので、もうちょっとメンバーの健康管理はどうにかならないものかと思わないでもない…。

シェアする