SNH48が動画サイト「楽視」との提携を発表

2015/07/03(金)SNH48チームNIIメンバーは全国巡回コンサート「Tour in China」の北京公演のためすでに北京入りしていた。

その日、SNH48と中国で最近急成長中の動画サイト「楽視 LeTV」のライブ配信提携記者発表会が行われた。

SNH48と楽視音楽が提携発表会を北京で開催、楽視との提携展開を発表(SNH48公式サイトニュース)

その提携記者発表会は、楽視サイト上で生中継された。その画面キャプチャ動画がこちら。

2015/07/25のSNH48第二回総選挙コンサートは「楽視」で生中継される。

↓SNH48の運営会社・上海久尚演芸経紀公司のCEO陶鶯はこちら。

これまでもSNH48の劇場公演は、2014/08から、中国最大の検索ポータル「百度」の掲示板サービス「貼吧」、中国最大のポータルサイトの一つ「騰訊」の動画サイト、中国最大の動画サイト「土豆・優酷」の生放送サイト「斗鱼」で生中継されてきた。

この3つのチャンネルに加えて、ここ数か月ほど、一部の公演のみ動画サイト「楽視」でも生中継されていた。

既存の有力動画サイトがある中で「楽視」が急成長した最大の原因は、コンテンツに合わせて、比較的高品質なインターネットTVのハードウェアも販売し、大画面でインターネット動画を観る会員制サービスを定着させたからと言われている。

大画面での視聴に耐えるということは、おそらく「楽視」がそれだけ強力で安定したコンテンツ・デリバリー・ネットワークを持っていると思われる。

どっちにしても日本からでは、日中間のバックボーンが全然ダメで高画質化は期待できない。

逆に「楽視」の有償会員サービスに加入しないとSNH48の公演が観られなくなったら、海外ファンはオンライン決済方法がないので、現地ファンの画面キャプチャ録画を後で観るしかなくなるのだが…。

ちなみに上の動画の最後の方に出てくるのは、「楽視」オリジナルのスマートフォンで、同社の動画配信サービスに最適化されているらしい。

シェアする