ついに中国共産党がバックのホンモノのAKB48ニセモノグループ登場!

みなさんお待たせしました!ついに中国でホンモノのAKB48のニセモノが登場!

まぎらわしいけど、本当にネタにする価値のある、AKB48のニセモノグループが登場したという意味。

中国共産党中央宣伝部の公式女性アイドルグループ「五十六輪の花(五十六朵花)」デビュー!

これで日本のAKB48ファンが、中国上海の姉妹グループSNH48を、何が何でも応援しなきゃいけない理由ができた。

正直、昨日2015/06/29中国ツイッター(新浪微博)で初めて知ったときは、中国ネット民の悪い冗談だろうと思ったら、マジだった。中国フェニックステレビ(鳳凰衛視)のネットニュースからどうぞ。

TV局のインタビューに答えているのが、メンバーではなくコーチ(演出家?)というところからして、まさにメンバー一人ひとりに個性も自主性もなく、同じ考え方で「赤」一色に染まった共産党的アイドルグループ。

コーチ(演出家?)が話している内容は、以下のとおり。

「われわれの気質とスタイルは、パフォーマンスの路線もふくめて、われわれ中華民族特有の品格にとてもあふれています。レッスンによってきっとさらにその性格が強まり、われわれの素質を全面的にさらに表わすでしょう」

ちなみに、なぜ「五十六」なのかといえば、中国は五十六の民族からなるという中国共産党中央宣伝部のお決まりのフレーズから。

もちろん漢族が支配階級で、その他の少数民族は漢族と調和のとれた社会を形成しており、今回デビューした「五十六朵花」も中国共産党の民族調和の精神を体現している、といったところ。

そして「五十六朵花」公式サイト(未完成)はこちら。

五十六朵花 中华民族伟大复兴的标杆旗帜

このサイトのタイトルは「中華民族の偉大な復興の模範となる旗じるし」という意味。

韓国の少女時代や、日本のモーニング娘。、AKB48などとの比較で「五十六朵花」の特色を紹介するという、本気なのか冗談なのかわからないところがすごい。

彼女たちはきっと来年の中国版「紅白歌合戦」こと、中国中央電視台の「春晩」に、中国共産党「お墨付き」の女性アイドルグループとして登場するに違いない。

それに共産党宣伝部がバックについたプロパガンダ・アーティストとして、中国各地でコンサートを開催し、一糸乱れぬダンスと歌を披露するに違いない。

中国共産党の権力を傘にきたアイドルグループなんか作って何が面白いのかまったくわからないけれど、ネタとしては面白すぎる。

2015/07/01追記:この「五十六朵花組合」はいわゆる文工団で、中国共産党中央宣伝部下部組織ではなく、人民解放軍の下部組織のようです。ツイッターでご指摘いただいた方、ありがとうございました。中国共産党と人民解放軍はいちおう独立していますが、解放軍は共産党の指揮下にありますので、いずれにせよ共産党お墨付きのグループと考えてよいでしょう。

シェアする