SNH48チームSII元日特別公演は中国中央電視台の年越し番組パロディーで爆笑

2015年最初のSNH48チームSII『RESET(勇気重生)』公演は元日特別公演ということで、中国語がわからなくてもかなり笑えた。

途中の特別コーナーは、毎年旧正月(1月末)に中国中央電視台(CCTV)が放送する年越し番組「春節聯歓晚会(略して春晩)」のパロディーになっていた。

司会役のスリー(孫芮)、ダイモン(戴萌)、マネー(錢蓓婷)、いちご(溫晶婕)は、いかにもCCTVのアナウンサーっぽい口調で進行。

舞台の両端には2014年の本物の春晩で話題になった、4時間回り続ける小彩旗(中国の有名な舞踏家ヤン・リーピンの姪)のパロディーで、キキ(許佳琪)が「大彩旗」、ルオルオ(徐子軒)が「巨彩旗」で回り続けていた。二人合わせて「巨大彩旗」。二人とも170cm超の長身なので「巨大」。

(*本物の2014年春晩の小彩旗はこちらのYouTube動画を参照

それから本物の春晩では、歌や踊り、手品の他に、複数の寸劇(小品)が放送されるが、昨晩のSNH48チームSII版春晩の寸劇は、2014/12から湖南衛星テレビで放送開始された『神鵰俠侶』のパロディーだった。

(*湖南衛星テレビ2014年版『神鵰俠侶』はYouTubeのこちらから

その他、歌の部分は以下、オンライン生放送の画面キャプチャ動画をどうぞ。

↓SNH48チームSIIの数少ない三期生・雪野(趙曄)が『古劍奇譚』のヒロインのコスプレで歌う中国のネットミュージシャン銀臨が作曲した『瀘沽尋夢』という曲。


↓一期生キキ(許佳琪)、マオマオ(李宇琪)による『UZA』デュエット版。
ダンスがよく見えない。カメラを引いたままで撮影してほしかったんだけれど。

↓一期生momo(莫寒)、ダイモン(戴萌)の2人で、VOCALOID3エンジンを利用して中国で正式に展開されている音声ライブラリ洛天依の楽曲『千年食譜頌』。ほとんど食べ物の名前しか出てこないという超絶食いしん坊ソング。

↓オリジナルの洛天依版『千年食譜頌』MVはこちら。画風が明らかに日本のゆるアニメ風。

↓そして大トリはSNH48チームSIIの歌姫4人の共演。
CC(徐晨辰):陶喆 David Tao『愛很簡単』
Bちゃん(孔肖吟):張惠妹 A-mei『我要快楽』
アイコ(沈之琳):張惠妹 A-mei『我是愛你的』
みらい(蔣芸):蕭亞軒 Elva Hsiao『最熟悉的陌生人』
合唱:林俊傑 JJ Lin『記得』

口パクではなくて生歌なので4人の実力がモロに出ている。やっぱりCC(徐晨辰)の歌唱力が抜群に安定している。それでも音程が不安定なところはあるのはご愛嬌。

アイコ(沈之琳)は録音では非常に良かったが、やっぱりライブでの歌唱経験が少ないのでかなり緊張していたらしい。また、一人だけカジュアルなファッションだったので、ネットのコメントで「民工」というツッコミが入っていて笑ってしまった。

中国語が聞き取れれば、いろいろツッコミどころ満載に違いないんだろうけれど、聞き取れなくてもかなり笑えたSNH48版の「春晩」でした(笑)。

シェアする