SNH48がBaidu(百度)と提携開始、今後は劇場公演のネット生中継も

SNH48運営が中国最大の検索エンジンBaidu(百度)と、中国国内のタレント・グループとして初の戦略的コラボレーションを開始するとのこと。

SNH48と百度の戦略的コラボ、O2Oファンコミュニティーの新モデルを共に作る(2014/07/03 SNH48公式サイト)

中国のこの手のお知らせは修飾語や美辞麗句が多すぎて、ポイントがわかりづらいのだが、以下、日本語で要約する。

中国大型女性アイドルグループSNH48の運営である上海久尚ファッショングループは、即日、上海で、中国インターネット業界のリーダー百度グループ(ナスダック上場:BIDU)と正式に戦略的コラボレーションを達成し、O2O(訳注:オンライン・トゥー・オフライン)のファン・コミュニティーとインタラクティブな音楽エンターテインメントの新しいモデルを共同で創り出すことを発表した。

中国国内で唯一インターネットのコンセプトと「会いに行けるアイドル」の運営理念に基いた、次世代のスター育成プラットフォームであり、かつ、中国国内で現時点で最大のアイドルグループとして、SNH48は百度とにコンテンツ・プロバイダとプラットフォーム運営の分野の結合を積極的に推進する。

両社は共同でSNH48公式ファン掲示板を運営し、SNH48専用劇場公演や各大規模コンサート活動のネットライブ配信の共同開発を行い、SNH48のバラエティー番組や握手会などファンとの交流イベントのネットライブ配信を、全方位のファンとの交流プラットフォームを含めて、次世代のO2Oファン・コミュニティーとして共同で創設していく。

今回のコラボレーションは百度にとっても、EXO、少女時代など、韓国SMエンタの有名アイドルグループに続いて、タレント運営会社とのコラボとしては2番目、中国国内のエンタメ産業の戦略的コラボとしては初めての案件になる。

双方の共同運営によるSNH48百度公式掲示板は2014/07/04 14:48(中国時間)に正式にオンライン公開される。

(訳注:SNH48についての紹介部分は省略)

双方の戦略的コラボの順次展開にしたがって、SNH48は百度掲示板とリンクして、共同ですべてのオフラインでのパフォーマンスをオンラインでライブ配信する。それにはSNH48星夢劇院で毎週行われるすべての劇場公演や、大型コンサート、および、握手会などが含まれる。

そうすれば、SNH48のファンは地理的な制約を超えて、バージョンアップされた百度掲示板を通じてSNH48のライブ配信を真っ先に視聴でき、SNH48のアイドルたちの成長過程をくまなく感じ取ることができる。

それだけでなく、バージョンアップされた百度掲示板はSNH48のアイドルタレントとファンが、ネット映像を通じて深く交流できるプラットフォームとなり、本当O2Oにもとづくユーザ体験を実現する。

告知の最後の部分では、来年以降の総選挙では、投票システムとして百度のプラットフォームを活用することが書かれている。

要するにSNH48運営は、今まで劇場公演のネット配信に挑戦してみたり、基本的には自前で情報技術プラットフォームを運用しようとしてきたが、明らかに限界が出てきた。

そこで、中国国内最大の検索エンジンであり、ポータルサイトでもある百度と提携して、情報技術のプラットフォームについては百度の基盤を利用することになった、ということだろう。

百度(Baidu)は日本ではいろいろと評判がよろしくないが、中国国内では最大の検索エンジンであり、インターネット基盤のプロバイダであることに違いはないので、提携先としては申し分ない。

日本のDMM.comでの劇場公演配信のようなサービスも今後展開されるのかどうか。いろいろと楽しみなニュースだ。

シェアする