宮澤佐江、鈴木まりや参加のSNH48『最終ベルが鳴る』公演写真(公式ツイートより)

SNH48公式中国ツイッター(新浪微博)から、宮澤佐江、鈴木まりやが8か月ぶりに出演した中国上海のSNH48専用劇場「星夢劇院」でのSNH48チームSII『最終ベルが鳴る』公演の写真を転載。

SNH48チームSIIは、「星夢劇院」完成後すぐ『最終ベルが鳴る』公演を始めたが、その後『恋愛禁止条例』公演を経て、今すでに『パジャマドライブ』と3公演目。なので、チームSIIの現地メンバーも『最終ベルが鳴る』公演を上演するのは久しぶり。

↓現地レポによれば、いつもより宮澤佐江の女性ファン比率が高かったらしい。


↓『リターンマッチ』。
前がチームSIIキャプテンのmomo(莫寒)、後ろはシャオアイ(陳觀慧)。

↓『初恋泥棒』。タコちゃん(張語格

↓『ごめんねジュエル』。
いちばん前の宮澤佐江は、秋葉原AKB48劇場のAKB48チームK『最終ベルが鳴る』公演でこのユニット曲を踊ったオリジナルメンバー。見る人が見たらこれだけで泣けるのかも。

↓『おしべとめしべと夜の蝶々』
左がBちゃん(孔肖吟)、右が鈴木まりや。いつもどおりBちゃんが攻め。

↓『おしべとめしべと夜の蝶々』
左が鈴木まりや、右がBちゃん(孔肖吟)。

↓『16人姉妹の歌』
左からチェンスー(陳思)、レンレン(吳哲晗)、マネー(錢蓓婷

↓宮澤佐江