SNH48関連のここ数日の小ネタ:公式ファンクラブ・ゴールド会員から運営が意見を直接聞くらしく

SNH48関連の小ネタをまとめてご紹介。


2014/03/08(土)10:00からSNH48専用劇場「星夢劇院」で、SNH48公式ファンクラブ「へちまくらぶ(絲瓜俱樂部)」のうちゴールド会員から運営が選んだ20名が集まり、今後のファンクラブ運営についてSNH48運営が意見を聞くというミーティングがおこなわれる。

SNH48運営が直接ファンから意見を聞く場を持つというのは、なかなか斬新。


SNH48メンバーは今まで、中国ツイッター(新浪微博)上でファンのツイートに「いいね(賛)」をつけることができたが、SNH48運営の方針で今後はやめることになるらしい。

SNH48結成当初はメンバーがファンに直接アットマークで返信したり、ダイレクトメールを送信することさえ許されていた。ただ、その後運営の方針で禁止され、「いいね」が唯一、中国ツイッター上でファンとの直接のやりとりになっていたが、今回これも禁止になるらしい。


2014/03/06(木)SNH48二期生メンバーのダンスレベルのチェックが行われたらしい。ツイートから読み取れる限りでは、審査委員はダンスの先生と一期生メンバー。個人的な推測では、たぶんmomo(莫寒)、マオマオ(李宇琪)、キキ(許佳琪)あたりだろう。

このレベルチェックを合格したメンバーは、引き続き『シアターの女神』公演のレギュラーメンバーになると思われる。「思われる」というあいまいな表現なのは、このレベルチェック制度についてちゃんと説明した文章を見たことがないため。

合格しなかったらしいメンバーも、ダンスのレベルを上げるために引き続き頑張ると2014/03/06(木)の夜にツイートしている。はっきり合格したと書いていたのは、ユーミー(趙粵)だけ。

シェアする