SNH48一期生チームSIIマオマオ(李宇琪)生誕祭画像まとめ

昨日2012/02/22(土)、SNH48専用劇場「星夢劇院」ではチームSII一期生・マオマオ(李宇琪)の生誕祭が行われた。中国ツイッター(新浪微博)の公式アカウントと公式サイトから写真を転載する。

なお同日夜のチームNII『シアターの女神』公演では、02/24が誕生日のパンダ(董艷芸)の生誕祭も行われた。そちらはチームNIIファンが中国2ちゃんねる(百度貼吧)のSNH48掲示板にレポを書いていたので、別記事で試訳する。

↓ファンからの花輪はマオマオ(李宇琪)の好きな『ONE PIECE』のゴーイングメリー号。

↓劇場内にはこれも『ONE PIECE』ネタ。WANTEDになったマオマオ(李宇琪)のポスター。ちなみにポスターの写真は上海東方衛星テレビのコスプレ対戦番組『看我72変』に出演した時のコスチューム。


↓『恋愛禁止条例』公演中の写真。Bちゃん(孔肖吟)、マオマオ(李宇琪)。

↓公演MC。親友のダイモン(戴萌)がマオマオ(李宇琪)に「誕生日は2月26日なのに、なんで2月22日に誕生日を祝うの」と細かいツッコミを入れているところ(笑)。

↓マオマオ(李宇琪)生誕祭ということで特別にチームK 4th『最終ベルが鳴る』公演から。ユニット曲『初恋泥棒』。

SNH48専用劇場「星夢劇院」が開業した後、チームSIIの最初の公演は『最終ベルが鳴る』公演で、このユニット曲『初恋泥棒』はタコちゃん(張語格)、ワンワン(邱欣怡)、シャオアイ(陳觀慧)の3人だった。『最終ベルが鳴る』公演は2013/12/15で終了しており、チームSIIは現在『恋愛禁止条例』公演。

↓生誕祭ということで特別に復活した『初恋泥棒』は、左から、momo(莫寒)、マオマオ(李宇琪)、ダイモン(戴萌)の3人が歌った。

この3人は一期生の中でも特に仲が良いが、この『初恋泥棒』は、可愛い~と萌えるところじゃなくて、笑うところ。

SNH48は星夢劇院の開業前から『最終ベルが鳴る』公演をやっているが、『初恋泥棒』はずっとワンワン(邱欣怡)や、退団した湯敏(タン・ミン)、蔣羽熙(チャン・ユーシー)などの中学生、高校生メンバーが歌っていた。

ただ、この仲良し3人組は全員大学生なので、現地ファンは『初恋泥棒』の中国語タイトル『初恋小盗』をもじって、『初恋老盗』(年寄りの泥棒)と冗談で呼んだりしている。

↓バースデーケーキ登場。

↓ファンがサックスで『Happy Birthday』を演奏するという、粋な演出。

↓鯉のぼりが見えるのは、鯉のぼりの中国語「鯉魚旗(リーユーチー)」がマオマオの名前李宇琪(リーユーチー)と同じ音だから。

↓ファンが誕生祝いのメッセージを読み上げている様子。

↓マオマオ(李宇琪)感激で号泣。

以上、生誕祭を祝うファンの熱い気持は日本のAKB48系グループも上海のSNH48も同じ。

シェアする