中国音楽賞で韓国SMエンタEXO-Mが得票数42億という壮大なインチキ

中国光線伝媒(Enlight Media Group)主催の音楽賞、第6回音楽風雲ランキング新人賞投票で、韓国SMエンタ所属の男性アイドルグループEXO-Mが、壮大なインチキをやらかしたというお話。

中国2ちゃんねる(百度貼吧)でSNH48ファンが、そのインチキを検証している元スレッドはこちら

以下、画面ショットを見れば壮大なインチキは一目瞭然。


2013/11/27 22:45(中国時間)
EXO-M 6495万9087票
SNH48 895万8742票

2013/11/27 22:46(中国時間)。上の図の1分後。
EXO-M 1億2028万6667票。たった1分間で+5500万票
SNH48 895万8742票。変化なし

2013/11/27 22:48(中国時間)。さらに2分後。
EXO-M 1億2327万7347票。2分間で+300万票
SNH48 895万8742票。変化なし

2013/11/27 22:52(中国時間)。さらに4分後。
EXO-M 42億9496万7295票。4分間で+41億票
SNH48 895万8742票。変化なし

もちろんSNH48の得票数が900万票近くあるのも相当なインチキで、コンピュータのプログラムを作って自動投票するなどしているファンがたくさんいる。

しかし、たった4分間で41億票という数字操作を平気でやってしまうのは、事務所なのかファンなのかは知らないが、さすが韓国SMエンタとしか言いようがない。

追記:

最終的にEXO-Mの得票数がどうなったのかを見ると、やはりインチキだったことが、さらに明らかになる。元スレッドはこちら

こちらの画像をクリックしてご覧いただくと、42億票のその後が分かる。

42億9496万7296票は、突然、9億2票に激減、さらに920万2票に激減し、だいたいSNH48といい勝負というところに落ち着いた。端数の2票が、EXO-Mフ6ァンが本当に手で投票した票だということは誰でもわかる。

まとめると、EXO-Mの得票数は以下のように推移したらしい。

10,196,508票
64,959,088票
93,243,700票
120,000,001票
4,294,967,296票
900,000,002票
9,200,002票

42億票になる前に一度、1億2000万1票というキリの良い票数にそろえられている。こちらも1票の端数だけは、ファンが本当に投票した票だろう。

そしてこの間、SNH48の得票数にほとんど変化がない。

EXO-Mの票がキリの良い数字になりながら、激増して、また激減して、SNH48より少しだけ多いところに落ち着いたということは、ウラで得票数を操作していることを、わざわざバラしているようなものだ。

なんだか韓国SMエンタのことが嫌いになってきた(笑)。

シェアする