中国2ちゃんねるAKB48掲示板の鈴木まりやに関する悲しいスレッド

中国2ちゃんねる(百度貼吧)のAKB掲示板に、2013/11/24(日)握手会での鈴木まりやについて書き込みがあった。

この中国のAKB48ファンの方は握手会の常連らしく、当日も日本人のAKB48ファンと会場で雑談しながら、いつもどおりの平和な握手会の一日が終わるだろうと思っていた。

ところが最後の15分間に、鈴木まりやについて衝撃の事実が!という書き込みだ。

元スレッドはこちら

以下、例によってネットスラングが多いので100%の自信はないが、全体の雰囲気はじゅうぶん伝わると思うので、試訳する。

細かい部分は誤りがあると思うので、この訳文をもとに、細かい議論をするのはやめてほしい。(そもそも筆者はAKB48グループの握手会に参加したことがない)

また筆者は、このスレッド主の書いていることがすべて真実だと言うつもりはない。真実なのか大嘘なのかは、読者のみなさんの判断に完全におまかせする。

では、試訳スタート。


もともと一日はそうして終わるはずだった。。。朝9時から夜8時までゆったりした11時間。。。その最後の15分。。。巨大な衝撃を感じることになるとは。。

実は以前にも数回、鈴木まりやの列に並んだことはあった。。。。もう彼女推しのファンとは何人かと知り合いだし。。。。実は。。一日中行ったり来たりしているのは数人なので。。。まりやがヲタと知り合うのは簡単。。。おたがい顔見知りになるのはもっと簡単。。。。

その中の一人。。。。他の人から「重鎮」と呼ばれているファン。。。。。この方は新潟から来ていて。。。もうすぐ50歳。。。毎回彼はいつも全力でまりやの列を絶やさないようにしている。。。彼はできる限りのことは全てやっている。。。。この点は僕も他の多くのヲタも彼を尊敬している。。。

僕は彼に聞いてみた:なぜ上海に行かないんですか等々。。。

彼はただ淡々と答えた:年だからね。。そこまで動けないよ。。。

今日も彼はいつもどおりまりやの列の前に現れて。。。。人影まばらなファンを見つめていた。。。。となりの阿部マリアと佐藤すみれは二人とも鈴木まりやよりはるかにはるかにファンが多い。。。。そう。。はるかに多い。。。。ただ彼だけが一人で鈴木まりやの握手の列を絶やさないように支えている。。。。もし本当に人がいなければ。。。彼はずっと走っては並び走っては並びするだろう。。。。

今日僕は申請のときにちょっとしたミスをした。。。。まりやの握手券は二枚しかなくて。。。しかも別々だった。。。。しばらくは彼を手伝うことができずに。。。ただ彼の一人ぼっちの背中を見ているしかなかった。。。。彼が少し疲れてきたとき。。。列のすき間を埋めにいった。。。。

最後の一部。。。。いつも彼は自分から誰かに話しかけることはなかったけど(若いファンはだいたい彼をあまり気にかけないし。。)。。。彼が後ろから僕の肩をたたいた。。。。

そして。。。それに続く会話は何とも言えない悲しいものになってしまった。。。。

僕:こんにちは!

彼:こんにちは。

僕:今日も一生懸命で一番乗りですね。

彼:いやいや。。。君だってそうじゃないか。。。

僕:僕、今日はちょっとミスっちゃって。。。。握手券がほとんどないんですよ。。。。ところでさっきの部はどうして見かけなかったんですか?

彼:いたよ。。。たださっきの部はいっしょに出て。。。。彼女にちゃんとした話をしたかったから。。。

僕:ちゃんとした話?何を話されたんですか?

彼:将来のこととかね。。。。。。。(沈黙数秒)。。暗い話さ。。。

ここまで話して。。。僕はちょっと奇妙だと思った。。。明らかにSNH48は問題続出だけど。。。彼女と佐江は初舞台に成功したし。。。広州コンサートも成功した。。。いまゆっくりだけど軌道に乗りつつある。。。どうして暗い話になっちゃうんだろう?

そして僕はつづけて質問した:最近けっこううまくいってるじゃないですか?どうして暗い話なんですか?

彼:彼女はたった2回のチャンスをもう使い終わったんだ。。。

僕:!!!

彼:彼女のビザは2回。。。一回は初舞台のため。。一回は広州コンサートに使った。。。。彼女自分で言ってたよ。。。次回はまた申請しつづけないといけないって。。。また数か月かかるだろうって。。。

僕:でも彼女はもっと上海に行ってメンバーと交流できるでしょ。。。たとえ舞台には上がれなくても。。彼女はまだたくさんのことをメンバーに伝授できるし。。。

彼:佐江の舞台劇のことを知ってるよね?

僕:はい。。でもそれがなにか?

彼:佐江は舞台劇で来年3月までずっと忙しい。。。。そして私の知る限り。。。彼女たちは単独行動できないんだ。。。

僕:えっ?どういうことですか?

彼:彼女は二人でいっしょに行動しなきゃいけないんだ。。。僕に理由をきかないでほしい。。日本の運営に聞いてみればいい。。。もし佐江が動かなければ。。。まりやもほぼ自分では動けないんだ。。。。

僕:なんですって!?じゃあまりやは日本でじっとしてるしかないってこと!?

彼:そういうことだね。。。。運営もそう。。。ああ。。。先週の公演も。。。近野莉菜は出演した。。まりやは出られなかった。。。内田眞由美は出演した。。まりやはまた出られなかった。。。とにかく今の制度では。。。運営は彼女に象徴的にチャンスを少しあたえるだけ。。。彼女にはもう何のチャンスもない。。。今週末のチームA公演も。。。どうやら彼女は出ないようだし。。。。

僕:じゃあ(SNH48もAKB48も)両方ってことですか。。。。。このままじゃダメでしょ。。。

彼:そうだ。。。NOTTV(訳注:『AKBのあんた、誰?』)は中村麻里子も出てきた。。。以前はほぼずっとまりやが司会だったのに。。。。ああ。。。握手会は以前よりファンが増えたように見えるだろうけど。。。実は佐江ファンがいるんだ。。。ついでにちょっと会いに来ようっていう。。。

僕:。。。。。

彼:ところで最近は佐江のあの特攻服のファンたちもまりやの列にやってきて。。。。まりやはひと目見てうらやましくなって。。。。私を引っ張って私たちファンも着てるよって。。。。私は彼女にこう言うしかなかった。。この年じゃ。。じっさい着れないよって。。。。。ああ。。。。私のところのファンを考えてみなよ。。。みんなもうけっこうな年だ。。。あとどれくらいの期間ファンができるか分からない。。。。

僕:。。。。。。。

彼:佐江が総選挙でSNH48一本で行くと言ってから。。。。周りは「カッコいい!」「すごい!」そういう声。。。。だけど彼らの多くは知らない。。。佐江のこの挙動が運営の怒りに触れたことを。。。。いや、彼らは知っているのかな。。。でも運営がそういったことを全部まりやの方にぶちまけていることは知らんだろう。。。。

彼:佐江はケツをたたいて行くさ。。。。自分には舞台劇があるし。。。自分の仕事もある。。。膨大なファンがいる。。。テレビに出れば映るのは彼女ばっかりだ。。。。30分番組でもまりやはいつもワンカットさえ映らない。。。。運営はまりやだけじゃない。。。中国側の運営(某久尚)も見下している。。。だからただ手も出さずだまって見ているだけ。。。。しかもまりやを引きずりおろそうとしてる。。。。

僕:。。。。。僕に何かできることはありますか。。。

彼:気持ちだけで十分だ。。。われわれファンというのは。。。いつもだがたがた言って騒ぐだけだからね。。。はは。。。そうだ。。。星夢劇院の初舞台のとき佐江と中国ファンの力を借りて。。。なんとか花かごを送った。。。。それから横断幕も。。。。あの横断幕は運営のお気に召さなかったようだけど。。。私も意見しなかった。。。。さっき総監督と支配人のところへ行ったら。。。。総監督も「私たちも彼女を応援します。。。いっしょに難関を乗り越えます。。」と言うだけ。。。支配人は何も言わず。。。。ひとこともね。。。。。ああ。。。。。

僕:。。。。。

彼:そうだ。。。。われわれもう一度彼女に横断幕を送るつもりだ。。。何とか頑張ってね。。。。運営はまた不愉快に思うかもしれないが。

僕:どこで寄せ書きできますか?僕も少し書きたいので。。。。気持ちを表したいので。。。

彼:きっと書きに来てくれよ!われわれはいま何とか92人いる!でもほとんどが自宅にいて。。。出て来られない。。。だから横断幕もあまり出来が良くないんだ。。。。

僕:どうして2階の生誕祭実行委員会にまりやを見かけなかったんでしょう?一度も見かけたことがないんですが。。。

彼:われわれは生誕祭実行委員会じゃないよ。。。運営に申請したけど通らなかった。。。通らなかった。。。。彼らからするとわれわれは単なる問題ばかり起こす組織なんだろうね。。。

僕:。。。。

彼:少ししたら人を呼んでくるから。。。。彼女と行って。。。。誰も使ってないきれいなデスクで書いてくれるといいよ。。。

僕:わかりました。。。。必ず。。。。

それからすぐに。。。一人の女性ファンが巻物を背負ってきた。。。その巻物はもともとさっきの「重鎮」がずっと背負っていた。。。なので僕はずっと彼の私物かと思ってた。。。

僕ら三人はちょっとあいさつをした。。。彼は僕とその女性ファンに2階の大ホールに行くように行った。。。そして自分は引き続きまりやの列を途切れさせないようにしに行った。。。。

最初僕は緊張してた。。。。横断幕にメッセージを書くときも何も思い浮かばなくて。。。。なんと二文字も書き間違えてしまった。。。最後は丸を二つ書いてごまかすことしかできなくて。。。。その女性ファンも笑うしかなかったみたい。。。

それから僕は彼女にたずねた:どうしてまりやのファンになったの?

女性ファン:じつは今年の東京ドームのときファンになったばかりで。。。

僕:えっ、そんなに最近?

女性ファン:はい。。。私じつは佐江ファンで。。。。

僕:そうだったんだ。。。じゃあどうしてまりやのファンにもなったの?やっぱり手伝いに来てるだけ。。。。

女性ファン:最初はちょっと見てみようと。。。でもそれから彼女すごくいい人だって思って。。。彼ら(訳注:まりやファン)。。。かわいそうですよね。。。

僕:。。。。。。。

僕:ところで僕らさっき生誕祭実行委員会の募集デスクを通り過ぎたんだけど。。。どうしてまりやのは作らないの?(僕はあえてまた質問してみた。。。)

女性ファン:生誕祭実行委員会はよく分からなくて。。。。ただ私が知ってるのは、最近まりやに会いに来てるのは彼ら2人くらいしかいないみたいってことだけ。。。。

僕:。。。。(そう。。。昨日僕はそのうち一人に会った。。彼は確かに列を途切れさせないようにしてた。。。まりやの生誕祭公演の日にホールで大声で話してたあのファン。。。でも彼の一推しはどうやら元研究生で。。。今のチーム4みたい。。)

僕:そうだ。。。最近は佐江のところにも会いに行くの?

女性ファン:最近?いやいや。。。彼女はとっくに握手会にはいないよ

僕:そうだった!すっかり忘れてた。。。

女性ファン:どうせ最近あまり見なくなったし。。。。佐江ファンは有名すぎるから。。。。

僕:うっ。。。それ僕も聞いたことがある。。。かなりヒドいことになってるらしいね。。。

女性ファン:うん。。。最近はさらにヒドくなってる。。。。ドロドロの内輪もめ状態。。。佐江は女性ファンが多いし。。。男性ファンと女性ファンが混じって。。。ああ。。やっぱり才加がいたときはまだ良かった。。。。彼女が卒業してから。。。。完全にめちゃくちゃ。。。

僕:。。。。(僕には内部事情に関する原因はよく分からないけど。。。でもそれ以上聞くのはやめた。。。)

彼女はていねいに横断幕を巻いて。。。。僕にていねいにおじぎをして:ありがとうございました。

僕も答えた:お疲れさまです。

僕らはそこで分かれた。。。

以上が全文。。。。僕はひとことも勝手な想像を付け加えてない。。。。ただすべての対話が深刻すぎただけ。。。。。

実は。。。最近のアイドルのファンになるって。。。中二病的な熱血的なレポを書くもんだと思ってたけど。。。。こんなにいろいろ考えさせられたのは初めてだよ。。。

今日の「重鎮」の話。。。。たしかに僕にもちょっと見えてきたことがあった。。。。

当然。。。。僕は否定しない。。。「重鎮」とあの女性ファンはわざと苦痛を訴えてたということは。。。。

でも対話全体としては。。。僕はほとんど言葉を失うよ。。。。彼らもいつもため息をついてた。。。まりやに会いに行く時とは全然違うんだ。。。。

だから僕は信じた。。。。彼らも少なからず本当の気持ちを話してくれたんだと。。。。

さて本題にもどって。。。。

じつは今日言いたかったことは。。。。いつも僕らはSNH48運営の某久尚をののしっている。。。それはいいだろう。。。彼らはかなりの部分バカをやり過ぎていると言える。。。。スタッフの仕事の態度やメンバーの態度にも問題がある。。。。でも同時に。。。。そこには一つの問題が混じっている。。。。

それは実は日本側の48グループの運営も、ほとんど何もせずに見てるだけの状態ってこと。。。。

この点については僕は日本のAKBファンと握手会の帰り道にたくさんしゃべった。。。。AKBも最初はそういう状態だった。。。スタッフはめちゃくちゃ、メンバーもいろいろあった。。。でも長い時間をかけて。。。。やっと一つのものを作り上げた。。。まだ改善の余地はたくさんたくさんあるけれど。。。。でも今の彼らは作り上げたものを海の向こう側にこれっぽっちも伝授しようとしていない。。。。。

これを読んでいるみんなが中国本土のアイドルにどういう考え方を持っているか。。。どんな概念を持っているかは知らない。。。持ち上げてるのかディスってるのか。。。。48グループの日本側の運営がこういうやり方なのは怒るべきかざまあみろなのか。。。

僕はただ今日感じ取った観点を述べるだけ:48グループの日本側の運営はSNH48の技術や労力に対する支援について。。。。SNH48運営の某久尚と比べるまでもなく。。。ましてAKBと比べるまでもなく。。。。。完全にサボっている。。。。

期待しようがしまいが。。可能だろうとなかろうと。。彼らは単に放置プレーをしてるだけってこと。。。。。

この点において。。。僕は今のAKB運営に異議がおおいにある。。。。。わかりやすく言えば。。。ムカつくってこと。。。でなきゃいっそのこと最初から何もするな!

両側から同時に圧力をうけて。。。最後にいつも傷つくのはやっぱりヲタという。。。。。

結論

本来は一日楽しく過ごすはずだったのに。。。最後だけちょっと悲しくなった。。。。

以前誰かが行ってたように。。。いつも努力して何かをしたいと思うけれど。。。自分では何も変えられないという時。。。こういう気持ちは本当にウツになるよね。。。。

まりやは単に膨大な48グループの一人の普通のメンバーだった。。。。海外留学精度で彼女は少し注目を集めた。。。。でも現実は現実。。。注目を集めると同時に彼女は心労と時間を費やすことになって。。。。最後には良い結果さえ得られない。。。。この点は僕がまりやにいちばん同情するところ。。。。

もういちど振り返って48グループを見てみると。。。。。まりやの横には阿部マリアがいて。。。。列に人がいなくなると。。。白いレザーコートを肩にひっかけて。。机に半分寝そべって。。。。ファンがやって来たら。。。ゆったりとコートを下ろして。。。容姿をととのえて。。。笑顔をつくり上げる。。。。

これもまた別の種類の悲しさだね。。。。

寝る前に最後のひとこと。。。

遠くない将来、自分がしっぺ返しを受けることを願ってる。。。

(訳注:自分の悲観論が裏切られて鈴木まりやに未来が開けることを願っている、という意味)


試訳ここまで。

シェアする