ANAとSNH48タイアップページ、タイトルが「総選挙の順位を予想しよう!」のままで急ごしらえ感満載

全日空がいきなりSNH48とのタイアップページを立ち上げたようだ。広州一万人コンサートまでもう一週間しかないので、明らかに遅すぎる。

Challenge for ASIA by ANA X AKB48がSNH48の広州コンサートを応援します!! (全日空「Dream Challenger」公式サイト)

ちなみにタイトル画像の「这一年,我们追的SNH48」は「この一年、僕らはSNH48を追いかけてきた」の意味。

せっかくページの右端中ほどに「航空券+ホテル」予約のリンクボタンが付いているのに、全日空のサイトから「旅作」が予約できるのは一週間前まで。この記事を書いている時点ですでにコンサートに間に合わない。ホテルは自分で予約するしかない。

しかも2013/11/09夜時点でこのページのソースを見てみると、ページタイトルが「AKB48選抜総選挙 総選挙の順位を予想しよう!」のままになっている。「keywords」のMETAタグの内容も総選挙の使い回しのままだ。

大急ぎの手抜きで作った感が満載である。

そして4つのトピックのうち、「3」のSNH48訪日ストーリーは、すでにSNH48公式が公式サイトのこちらのページで公開済みの「美少女プライベート日記」の「東京物語」「夢の舞台」「秋葉原初体験」「東京旋律」の再編集と思われる。(それしか素材がないので)

ただひとつ期待できるのは「4」の「更に後日、広州コンサートの様子をレポート!」という部分。

ここでフルHD画質でていねいに編集された、10分前後のレポート動画がYouTubeに上がらないようでは、ほとんど意味がない。

広州のコンサート会場はSNH48専用劇場「星夢劇院」のように、クロークで観客の荷物を半強制的にあずかるわけにはいかないだろう。

なのでファンが「盗撮」したHD動画が中国の動画サイトにアップされる方が早いだろうというのは、最初から分かっている。

とにかくSNH48関連の情報が、公式に日本語に翻訳されて日本に入るのが遅すぎると感じる。

これでは宮澤佐江、鈴木まりやも浮かばれない。

シェアする