SNH48一期生2013/09/07定期公演『最終ベルが鳴る』現地ファンレポ試訳

SNH48一期生による専用劇場「星夢劇院」での週3回の定期公演が始まっているが、2013/09/07夜の公演のレポートを中国2ちゃんねる(百度貼吧)から、かんたんに紹介。

一期生だけで週三回公演だと、そのうち故障者が続出するのではないかとやや心配だが。

引用元スレッドはこちら

欠席:momo(莫寒
一部のみ出場:ダイモン(戴萌)、ワンワン(邱欣怡)、SAVOKI(趙嘉敏)。
ただしユニット曲はこの3名も出演。

momoは大学が再開し、事務手続きで多忙のため欠席。ダイモンはこけら落とし公演で脚をいためたが、放置して出演しつづけたところ靭帯を痛めたため、一部のみ出演。ワンワンは右脚を痛めているとのこと。

SAVOKIは2013/05/25『Blooming for You』コンサート前のレッスンで腰を負傷して以降、医者に連続出演を止められている。

最初の4曲はダイモン(戴萌)、ワンワン(邱欣怡)ぬきの12人。
中間の3曲はダイモン(戴萌)、ワンワン(邱欣怡)、SAVOKI(趙嘉敏)ぬきの11人。
『会いに行こう』は14人全員。
アンコール前の2曲はダイモン(戴萌)、ワンワン(邱欣怡)、SAVOKI(趙嘉敏)ぬきの11人。
アンコール後の『シャムネコ』はダイモン(戴萌)、ワンワン(邱欣怡)ぬきの12人。
『メロスの道』はダイモン(戴萌)、ワンワン(邱欣怡)、SAVOKI(趙嘉敏)ぬきの11人。
『支え』は14人全員。
『RIVER』はダイモン(戴萌)、ワンワン(邱欣怡)ぬきの12人。

こけら落とし公演ではダブルアンコールがあったが、定期公演では無し。アンコールはチームK 4thセットリストの3曲に加え、SNH48としてのシングル曲を1曲追加という構成のようだ。

『最終ベルが鳴る』で舞台装置の「せり」があがりすぎてフォーメーションが乱れたらしい。『リターンマッチ』のSNH48二期生のバックダンサーは無し。

途中のMCは、3回ともスタッフが「終わり」の指示を出していたらしい。盛り上がって話が長くなりすぎた模様(笑)。

最後列の追加席にキキ(許佳琪)の親戚が来ていたらしく、最後の退場のあいさつのときに大声でコールして人目を引いていたとのこと。

『おしべとめしべと夜の蝶々』はいつもどおりドンちゃん(董芷依)、Bちゃん(孔肖吟)の2人だが、客席は笑いになったらしい。

理由はこの日、Bちゃん(孔肖吟)がめずらしく髪型をツインテールにしていたところ、MCでドンちゃん(董芷依)が「それどこのメーカーのバイクよ!」とツッコミを入れたのが大ウケで、その笑いが後をひいたとのこと。

また、自己紹介MCの部分で、ドンちゃん(董芷依)が、公演前の食事で満腹にならなかったので、ちょっとお腹すいた、と言ったらしい。

すると、立ち見席の観客がソーセージを出して、それをスースー(陳思)がドンちゃんに手渡し、ドンちゃんはそのまま食べて、持ったままMCをしていたとのこと。

MCではダイモン(戴萌)のひとことがいつも客席を爆笑させるらしい。タンタン(丁紫妍)のMCも好評とのこと。

以上