SNH48運営会社が自主退団メンバーに賠償請求文書を郵送

SNH48一期生正式メンバーのうち、初期に正式に退団した雨婷儿、胡美婷の後、最近、王費澌何軼琛の2名も正式に退団している。

それ以外に、俞慧文張馨方蔣羽熙の3人はまだ正式発表がないが、事実上退団している。

このうち、俞慧文張馨方の2名に対して、SNH48運営会社の上海久尚が入団時の契約にのっとって、違約金500万人民元(=約8,000万円)を支払うよう、律師函(弁護士の書いた手紙)を送ったらしい。

まず、同じ時期に退団した王費澌何軼琛に違約金請求されていないことから、王費澌何軼琛は運営会社側の都合で解雇されたのだろうと推測できる。

逆に、俞慧文張馨方の2人は、運営会社としては契約を継続したかったのに、本人の意思で退団したため、今回の違約金請求になったと考えるのが自然だ。

俞慧文は、ファンから「君が律師函を受け取ったと言っている人がいるけど、本当?」と質問されて、下図のように「うん。受け取ったよ。でも関係ない、法律に従った手続きでしょ」と、俞慧文らしくあっさり返信している。

じゃあ俞慧文張馨方は8,000万円もの違約金を支払う必要があるのかというと、実はそうではない。

上海久尚が違約金を請求するには、請求訴訟を起こす必要があるらしく、その訴訟費用として上海久尚は5万人民元近くを支払う必要がある。

資金が潤沢とは言えない上海久尚が、5万人民元を2人分、つまり10万人民元近くの訴訟費用を払えるはずがない。

つまり、上記の2人にわざわざ弁護士の書いたレターを送ったのは、他のメンバーや、二期生選抜に応募してこれからオーディションを受ける少女たちへの「見せしめ」だろうとのこと。

以上、どこまでが真実かは中国のことなので誰にも分からないが、ちょっとしたネタとしてご紹介した。