SNH48コンサート『Blooming For You』セットリストと公式ニュース抜粋

SNH48の2013/05/25『Blooming For You』コンサート、公式weiboアカウントのツイート順序を正しいとして、セットリストを書いておく。ユニット曲については出演メンバー名も書いた。
『大声ダイヤモンド』はダイモン(戴萌 ダイ・モン)が初センター。ダイモンの発音が英語のdiamondに似ているので、彼女は現地ではダイヤモンド(鑽石)というあだ名がある。
また、SAVOKI(趙嘉敏 チャオ・チャーミン)が前日に腰を痛めてユニット曲『初恋泥棒』にしか出演できなかったが、通常SAVOKIが担当するポジションの多くを、ダイモン(戴萌 ダイ・モン)が代わりに担当していたらしい。
なお、タンミン(湯敏 タン・ミン)がコンサート後に体調を崩して救急車で病院に運ばれるというハプニングがあったようだが、本人が公式weibo(中国ツイッター)アカウントでツイートしているのでそれほど大事には至らなかった模様。
1. チャンスの順番
2. ポニーテールとシュシュ
3. 回遊魚のキャパシティ
4. 大声ダイヤモンド(センター:ダイモン(戴萌 ダイ・モン))
5. 初恋泥棒(タンミン、SAVOKI、CC)
6. おしべとめしべと夜の蝶々(momo & ワンワン)
MC1. 『桜の木になろう』PVお披露目
7. マンモス
8. 最終ベルが鳴る
9. ボーイフレンドの作り方
10. 偉い人になりたくない
11. フライングゲット
12. シャムネコ
13. 支え
14. メロスの道
15. RIVER
16. 誰かのために(センター:チャーチャー(曽譽嘉 ツォン・ユーチャー))
17. ひこうき雲
MC2. 宮澤佐江、鈴木まりや登場
18. ヘビーローテーション
以下、SNH48公式サイトのニュースからめぼしい部分だけを取り上げる。
SNH48演唱会精彩回顾 今夜星花只为你绽放!(SNH48コンサートのハイライトを振り返る 今夜スターが君のためだけに花開いた!) (2013/05/25 SNH48公式サイト)
今回のコンサートで初披露したのは以下の5曲。

  • 『チャンスの順番』(中国語タイトルは『グーチョキパー』)
  • 『大声ダイヤモンド』
  • 『誰かのために』(中国語タイトルは『あなたのために』)
  • 『ひこうき雲』
  • 『フライングゲット』(中国語タイトルは原曲のCDジャケットどおり『飛翔入手』。もちろんこんな中国語は存在しない)

「ダイヤモンド娘」の戴萌が『大声ダイヤモンド』でセンターをつとめた。
『誰かのために』は先日、雅安で起こった大震災の人々のために歌われた。
『ひこうき雲』では、観客全員が舞台上のメンバーといっしょにタオルをふり回して大盛り上がり。
ユニット曲は事前のファン投票によって決まったメンバーが登場。
『初恋泥棒』はタンミン(湯敏 タン・ミン)、CC(徐晨辰 シュー・チェンチェン)、SAVOKI(趙嘉敏 チャオ・チャーミン)。SAVOKIはダンスレッスン中に腰をひねって負傷し、本来今回のコンサートに出演できなかったが、この曲だけは無理を押して出演。
『おしべとめしべと夜の蝶々』はmomo(莫寒 モー・ハン)、ワンワン(邱欣怡 チョウ・シンイー)。
留学生の宮澤佐江、鈴木まりやも、最後の曲『ヘビーローテーション』の前に舞台に登場。ドンちゃん(董芷依 ドン・チーイー)が記者に扮して二人にインタビュー。二人は努力して学んだ中国語で短く話して、SNH48メンバーや観客から大絶賛。
『桜の木になろう』PVがコンサートで初披露。このPVはSNH48のPVとしては初めてストーリー仕立てになっており、タンミン(湯敏 タン・ミン)はプロの挿絵画家を演じた。
曲間に、二期生募集の動画も流された。2013/06/14とオーディション応募期限がせまっているため。また事前に選ばれていた4名のオーディション応募者の動画も流された。

シェアする