SNH48ドンちゃん(董芷依)の長文ツイート2013/05/21

SNH48一期生正式メンバー16人の一人、ドンちゃんこと董芷依(トン・チーイー)が、珍しく添付画像による長文ツイートを書いていたので、試訳する。ただし、僕の中国語力では意味不明の箇所が多く、正しい訳文になっている自信がない。
ドンちゃんが突然このような長文を書いた理由は、おそらく彼女が入団前から猛烈なAKB48ファンで、SNH48の中国での予選会の過程で、他の参加者を中国2ちゃんねる(百度貼吧)で批判するなど、かなり思ったことをはっきり言う行動を続けてきたことに対する自己反省と思われる。
ただ、それでも百度貼吧のoricon掲示板(日本のオリコンチャートや芸能情報の掲示板)やAKB48掲示板の住人の中には、まだ彼女に対して批判的な人はいるようだ。
本格的なAKB48ヲタの中国人の女の子が、いざAKB48の後輩という立場になると、いろいろ難しい事がある、ということだろうか。
元のツイートはこちら。2013/05/21 00:53


約束の本音(の一部分)TAT
実は私ずっと声量があったわけじゃなくて、どんな方面でも自分よりすごい人はいくらでもいるってことはハッキリ分かってる。応募した時もずっと迷ってて、最後手が滑って応募用紙を投函したきっかけは、私がずっと超崇拝してた女友達ともう一人以前からいっしょに握手会に行ってた女友達が二人とも応募したよってプライベートメッセージで伝えてきたから、”友だちと会えるのも悪くないな”とか”オーディション現場に行けば(SNH48の)原石を調査できるからいいんじゃない”的な気持ちで送信ボタンをクリックしたけど、ずっと友だちには打ち明けなかった。(SNH48メンバー)発表会が終わって家に帰ってスタッフの要求に従って今までのweibo(=中国ツイッター)の中身を空っぽにしたから、ずっと後になってからやっと以前から知り合いだった友だちがコメントで、あなただったの!!とか言って来てくれた =_= でもそれはずっと後の話。。。
それからまだ覚えてるのは審査結果が出た日、顔見知りじゃなかったけど、すごく萌えな娘がweiboで自分の写真を出して、落選した、*営(自由にこの*の部分は埋めてねははは)、合格した子たちは必ず頑張ってね!!みんな頼んだよ!!と書いてた。なぜか分からないけどある種とっても不思議な悲壮感がわき起こってきて、でも他の人達には私も応募したと言ってなかったから、リツイートするときこっそり大丈夫問題ない!!!と書いただけだけど心の中では。。これって私に頼んだよということなんだなって。。でも私はあてに出来ないよって。。 = =
こういう気持ちはダンス審査の後、例の晩までずっと続いてた(訳注:「辣个江湖」は意味不明)。私が会議の部屋に入って思い切って白叔(訳注:SNH48支配人)のとなりに座って、それからあれこれ質問した。ふつうに重要ないくつかの質問の後、私はこらえきれずに白叔に一つもっと重要な質問をした、一目見ればすごく優秀な娘がたくさんいるのに、どうして私がダンス審査に合格したんですか?もし何か基準があるならはっきり言って下さいよ、こんなふうにして人をいじめないで下さい!! =_=”って(白叔、これを言ったのが私だったのを思い出したかな
入団してすぐの頃はパソコンに向かえない日々が続いてあまり適応できなくて、やっぱり彼女たち(訳注:たぶんAKB48メンバーのこと)の話をした―――だって彼女たちの話をしている時は、みんなも友だちにツッコミを入れるみたいにして私に返事してくれるから、私もすごく楽しかったんだ。しかも今に至るまでずっと、以前仲の良かった友だちはまだ定期的に麻里子様やこじはるの資料を整理して郵便で私に送ってくれて、ときどき短いあいさつの手紙を添えてくれるから。たとえ彼女ができるだけSNHの董芷依にはコメントしないようにしてても、たとえ私たちがずっとネット上でおしゃべりできなくても、私は彼女がそんな風にしてくれるのは私に対する最大の信頼と応援だって思ってる QAQ (今でもいつもつるんでる君たちならきっと分かってくれるよね!!)私は本当にずっと平常心で彼女たちが歩んできた道を歩んでるし、以前話した夢はただの冗談じゃない、以前知り合いだった友だちたちを安心させたい、よく分からない原因のために彼女たちの頑張りに対して妥協したり絶対しない、いつか私はきっとあなたたちの分もいっしょに抱えて彼女たちに面と向かって本当にすごいですと言いたい。それから彼女たちが好きだというこの事がふつうの事として見てもらえるようにすごく望んでる。
好きだということは自分もできるということとイコールじゃないし、好きだということと一人の優秀なアイドルになる資格があるということもイコールじゃない、みんなが(AKB48)ファンだからというこの一点だけでずっと応援してくれるわけじゃない、このことも私は誰よりはっきり分かってる。しかも好きだということは一旦”自己目的化”とかに結びついてしまうともう完全にダメになっちゃうよね。京劇が好きな人もいればアニメ・マンガ・ゲームが好きな人もいるように、みんな自分の心の糧だけを持っていて、私はそれを使って誰かの好感を得ようなんて思ったことはない。『16人姉妹の歌』の歌詞が私たちに手渡されたとき、私は少し焦燥感を感じ始めて、あの言葉を歌詞に入れることに断固反対ですぐに修正して下さいと要求した、AKBが好きだなんて何にもすごいことじゃない、AKBが好きな人は他にもいる、私は彼女たちが好きだってことを強調したくありません。。いいですか >< 当然スタッフは思ったとおり私に反論する気力をなくさせるような答えをした:”でもこれは押韻してるんだ。。”全。部。押。韻。。いいね。。。
結局あの歌詞にダンスが添えられたのは(訳注:「菇菇蹦蹦」は意味不明)自分としてはとても気に入った、もし私が他の部分を高められたら、たぶんみんなあれこれ言わなくなると心の中では思ってるよ。こんな幸運を得られてわがままな要求ももうせずに、決意を固めてプロになると決めて、自分には単なる一人の後輩でしかないと言い聞かせる。だからこれからは彼女たちを私は”先輩”と読んで敬って、この些細なことを誰かが見つけて、わたしの気持ちの変化に気づいてくれたらという過分な望みを抱いてる。今はもっと早めに誠実にこのことを話していればと自分を責めることしかできなさそうだね。
けれど、今のこの段階の私たちにはたくさんの交流のチャンスさえない、それでうまく言えないまま気づかれてあれこれ言われてしまうことがたくさんある。。実はみんなに言いたいことがたくさんたくさんありすぎて言う方法がないんだよおおお QAQ
以前は重要なことがそれほどなければ(訳注:「玻璃大道上翻滚」は意味不明)、もし先輩たちが対応しても一言ふたことも言えないなら、そういう話はたぶん何年もたった後には気軽に話せるようになる、というよりその頃にはもう重要だと思わなくなっているかもしれない。。。ひとりよがりな成熟、でもだんだんと降り積もってもう止まらない自分にまで影響してくるとは思わなかった。。
私はただ、あるものごとが好きだということがある日単純じゃないように見えてしまうのが本当にいや QAQ 。。もしそうなったら、きっと私の間違、そうなること自体も心から残念、かつて中学のとき以来誇りに思ってたことが意味を失ってしまう。。もしそうなら永遠に心の中に留めておく方がいいよね TAT
それから、もう一つ言いたいことは、私はずっと自分のことだけを全力でちゃんとやって、他人のことを改めさせる資格は絶対にない。。この一点。。本当に信じてくれている人がいて感謝してる QAQ じっさい以前見た『ドラゴン桜』のセリフみたいに、”人生にはたくさんの正解がある”でしょ。歩むべき道を決める権利は最終的には一人ひとりの手の中にしかないよね。
私より優秀な人はたくさんいるけど、全員の努力が舞台でスポットライトを浴びるわけじゃない。例えば呆萌(訳注:ダイモン 戴萌)や、マオマオ(訳注:李宇琪)、タンタン(訳注:丁紫妍)。いつも彼女たちを見ていると私は自分が局外者でしかないのが残念で、それから誇らしくなって彼女たちにみんな私の推しメンだよ!って言ってる(。)でももし私がこの偶然と私への信頼を大切にして、全力で自分に出来ることをやりとげなければ、私はただ自分がいちばん嫌いな種類の人間になってしまうだけ。
以前に数回たまたま知恵が足りなくて口にしてしまった事については、ここでお詫びしないといけません。一旦何かが起こると、私はいつも一時の感情で口に出してしまって自分にどういう影響があるかよく考えない、お母さんがいくら叱っても治らないって言ってたのが今になってすごいと思う。これは本当に軽率だった。私を心配してくれている人たちに迷惑をかけるなんて、私もう二度としないから(この文章自体が軽率かもしれないけど ><
やっぱり、頭をつかって書きなぐるとぐちゃぐちゃ過ぎてダメだね、完全にいつもの私じゃない。。あとで読み直したらきっと直視するに耐えない産物だよ、もし最後まで読んでくれた人がいたらそれだけで感動するよ TvT でも今までのような感じで言うと、ある日私が初心を忘れて、もう自分らしくなくなっても、誰も私に忠告してくれなくていい、自分で決めたことだから。でもその前に、私を愛して守ってくれる人を失望させないように、私を軽視する人に証明して見せるために、私は後ろを振り返ることなく歩いて行く。
私がこの文章を書いたのは決して何かを弁解するためじゃなくて、私がただ”言いたいだけ”だってことを今回わかって欲しかったから。いいかな QAQ
この文章をツイートし終わったらどうなるかな。。。5月25日(のコンサート)で誰も私の名前をコールしてくれないかなwww
ま、もうこれ以上悪くはならないでしょ。


シェアする