AKB48公式ダイアリーのSNH48メンバーのカタカナ表記について

AKB48公式ダイアリーにある、SNH48メンバーの名前のカタカナ表記だが、平凡社の中国語音節表記ガイドラインにさえ沿っていないし、じっさいの発音とも程遠いし、いったい誰が決めたのか。
中国語音節表記ガイドライン[平凡社版] (2011年8月1日公開)
たとえばAKB48公式ダイアリーは、ピンインの「zh」にあたる子音のカタカナ表記がすべてデタラメになっている。
タコちゃんこと張語格のカタカナ表記が「ズァン・ユーグァー」となっているが、ピンインは「Zhang Yu Ge」だ。「zh」という子音には、中国語の標準語では、半母音「i」が必須である。つまり日本語で言う「拗音」である。
なので日本人が正しく発音するためには、必ず「チャン」または「ジャン」と表記しなければならない。
平凡社のガイドラインのように、無声音と有声音を区別する考え方なら「ジャン」となるし、僕が以前からここでやっているように、区別する必要はないという考え方なら「チャン」となる。
いずれにせよ「ズァン」には絶対にならない。「ズァン」は完全な誤りである。
また「ge」については、平凡社のガイドラインでは「ゴー」、僕の表記では「グー」となるが、これはじっさいの「ge」の発音が、日本語の「ゴー」と「グー」の中間くらいだからだ。
だが「グァー」と表記してしまうと、ピンインの「gua」と一致してしまい、これは全く別の音になる。
吳哲晗もAKB48公式ダイアリーでは「ウー・ヅァハン」となっているが、ピンインは「Wu Zhe Han」で「zh」はやはり半母音「i」を含む拗音である。
なので平凡社のガイドラインでは「ジョー」となっている。僕は無声音と有声音を区別せず、「ウ」と「オ」の中間の発音については「ウ」に寄せるというルールを採用しているので「チュー」と表記している。
どちらにしても拗音になっているので、じっさいの発音に近くなるが、AKB48公式ダイアリーの「ヅァ」は完全な誤りだ。
誤りであるかどうか以前に、「ズァン」や「ヅァ」というカタカナを見て、どう発音すればいいかすぐに分かる日本人が、どれだけいるだろうか。
もともと中国語をカタカナで正しく表記することはできない。どうやっても、近似値にしかならない。
それでもカタカナ表記するのは、たとえ正確でなくても、日本人が何とか中国語を発音できるようにする手助けのためだ。英語のカタカナ表記も同じ考え方である。
であれば、日本人がすんなり読めるようなカタカナ表記にしなければ意味がない。
張語格なら、「ズァン・ユーグァー」や「ヂァン・ユーグォー」ではなく、「ジャン・ユーゴー」や「チャン・ユーグ―」の方がすんなり読めるだろう。
わざわざ「読めないカタカナ」にするくらいなら、いっそのこと「チョウ・ゴカク」のような日本語での漢字の音読みにもどす方がまだましだ。
AKB48の運営とSNH48の運営をブリッジする役割の、まともな日本人はいないのだろうか?

シェアする