SNH48一期生:2013/02/22のツイートまとめ

SNH48一期生の2013/02/22の中国ツイッター(新浪微博)を、要約したり試訳したりする。試訳しないツイートもあるが、特に意味はないので誤解の無いようお願いする。


チャーチャー(曽譽嘉 ツォン・ユーチャー):「昨日うれしくないと言ったのは 決してネット上での事じゃないよ すぐに気持ちを整理するから心配しないで それから下に言いたいことを書くから まじめに最期まで読んでねみんな~」
2013/02/22 13:09
(訳注:以下添付画像による長文ツイート)
「みんな日本のあのニュースを見て私を責めずにずっと私を弁護してくれて、私は気分が良くなくて体調も悪かったから失礼な態度をとっただけだと言ってくれるなんて、思いもしなかったよ 本当にとても感動した。本当にみんなの思いやりには感謝してるけど、でも私にとっては失礼は失礼、言い訳する余地はない、当時の状況がどうであれ確かに先輩の前では失礼だった、これはとってもいけないこと。釈明なんてできない、でもこれからは必ず細かい点に注意するようにする。styxalex君、君の言ってくれたことは読んだよありがとう>< それから私の笑っているところがもっと見たいと書いてくれた人も読んだよ わかった きっと笑いながら進歩しつづけて歩き続けるよwwwwwwwww」
(訳注:日本テレビのニュース番組『every』が放送した、宮澤佐江の追跡取材で、SNH48のお披露目公演前日、深夜までのリハーサル終了後、楽屋で日本から来たダンスの先生たちがダメ出しをしているとき、曽譽嘉が体調不良で一人だけ座り込んでいたのを、日本テレビが「中国人メンバーは礼儀知らずで、座ったままのメンバーもいる」という主旨でレポートしていたことについてのコメント。)


ダイモン(戴萌 ダイ・モン):「NHKの報道の動画を見てとても後ろめたくて、たくさんのことを考えた、確かに今のメンバーたちはいろんなところがあまりよくないし、こうしてやってもらっていること全てに感謝の気持をもつところまで意識が回らないこともよくある、だから私は必ず私が好きな人を失望させないようにするし、自分自身を失望させてはいけない、過去の誤りと悔悟を動力に変えて、全力で出撃!」
2013/02/22 13:11
(訳注:「NHK」は正しくは「NTV」。曽譽嘉のツイートと同じく前日の日本テレビのニュース番組『every』のSNH48追跡取材についてのコメント。AKB48からSNH48に移籍した宮澤佐江が、中国人メンバーたちに対してしきりに、感謝の気持が足りないとお説教していたことに対する反省。ただし同じ日に宮澤佐江も、怒ってたことを誤っている。おそらく日本テレビの編集意図がすべての原因)


「レンレン」こと吳哲晗(ウ・チューハン):「最近『嘉興論壇』が私についてのニュースを書いたらしい。実はすごくうれしい、ついに私も存在感が出てきたのかって。でもいくつかのコメントを見てちょっと悲しかった、私はそもそも偉人じゃないよ!普通だからっておかしくない!でも私たちのグループはみんな夢のために変わりたいと思ってる。。あの一中を卒業したお兄さんも同じだと思う!あのお兄さんは4年の訓練を受けたけど、私は数か月の訓練!私は自分にまだ足りないところがたくさんあることは認める、でも努力するよ!」
2013/02/22 18:09
(訳注:吳哲晗が言っているのはたぶん『嘉興論壇』のこの記事のこと。浙江省嘉興市に関する情報を発信しているBBSサイトの記事。たしかにここで紹介されている方逸倫という男性歌手は韓国で1460日間、つまり約4年間のレッスンを受けたとある)


「ドンちゃん」こと董芷依(トン・チーイー):「あれは(2013年1月)12日の夜中一時か二時だった。私たちはリハーサルが終わって、嘉嘉(チャチャ)は胃の痛みでずっと涙を流して声も出なかった。Maika先生と佐江さん、やんぬさんは疲れをこらえて私たちのためにダメ出しをしてくれていて、嘉嘉も何とかメモをとっていた。
佐江さんは私たちにマイクに対してもありがとうと言わなければいけないと教えてくれた、足下の舞台に対しても感謝しなければならないと、こういう思想に接したのは初めてだけど、先輩たちの舞台に対する敬意の重みを感じて、私たちは本番の衣装替えのときも忘れなかった。
まだまだ分からないことがたくさんあるし意識が至らないところもたくさんあるけど、私たしは本当に本当に、努力して舞台監督の言う”舞台の上の神さま”の認可とご加護を得たい。
悔しさもある、後ろめたさもある、残念な気持ちもある、でも今は過去意識できなかったことに対してお詫びして、4月の公演で実際の行動で私たちが恥じることなく元気なことを証明するのがいちばん!
すべての人に感謝、みんなのためにも頑張る」
2013/02/22 18:38
(訳注:これも日本テレビ『every』の報道に関するコメント)
「momo」こと莫寒(モー・ハン)のコメント「礼儀について、どんなにやっても十分という事にはならない、人から事物に至るまで、佐江さんは私たちに全ての個体に対して感謝の気持を持つように教えてくれた、彼女の厳しさが私たちを成長させてくれる、多くを語っても無益、みんなが私たちの今後の進歩を見てほしい、レッスンだけが前に進むことを促す経験の源になる」
2013/02/22 18:53
(訳注:莫寒は宮澤佐江の言葉を、やや哲学的に解釈しすぎている(笑)。宮澤佐江は10万円以上もする新品のワイヤレスマイクを、お披露目公演で使わせてもらえることについて、スタッフのみなさんに感謝しなさいと言ったつもりが、莫寒はマイクや舞台など、生命のない事物にも感謝しなければならないと解釈しているらしい)
湯敏(タン・ミン)のコメント「事物には生命がないと思ってはいけない。佐江さんの話は私にたくさんのことを悟らせてくれた」
2013/02/23 00:57
(訳注:湯敏も宮澤佐江の言葉を哲学的に解釈しすぎている(笑))


「ワンワン」こと邱欣怡(チョウ・シンイー):「最近ネットでの報道と、ネットの私に対するコメントを見て、実はちょっと悲しい、かなり考えたけど、みんなも反省してるし、礼儀については、私たちは十分じゃなくて改める必要があるところがたくさんある、私もそう、礼儀の上で私も十分じゃないところがたくさんある、私は努力して改め、学んでいるところ、誰かが私に問題を指摘したら、私は聞き取って改めるし、時々いらいらしてるときは、話し方が硬く、少しストレートで、声も大きくなるかもしれない(:たぶん家族の遺伝ね(笑))でも私も改めているところ、どんなときでも冷静さを保って、いらいらしすぎないようになりたい、私には不足しているところがたくさんある、もしみんなが私の良くないところや、足りないところを見つけたら、何でもいいからアドバイスしてほしい、わたしはまじめに読み終えて改める、以前私は一人の自由な普通の女性にすぎなくて、たくさんのことに注意が至らなかったけど、いまはSNH48というこのグループに入って、アイドルグループにいる自分として、いつでもいj分の言行挙止に注意する必要がある、自覚を持つ必要がある、自分がきちんとできて初めてみんなにプラスのエネルギーを与えることができる、私はみんなに新しい自分を見てもらいたい、良くないところがあってもどうか許してください。新しい一年私はみんなにプラスのエネルギーを伝えられるようになると信じてる、みんないっしょに頑張ろう!!
(初めてこんな長文を書いたけど、みんな最後まで読んでくれたかどうかTAT?!)」
2013/02/23 00:22
(訳注:これも日本テレビ『every』の報道に関するコメント)


「ユーちゃん」こと俞慧文(ユー・フェイウェン):「日本のSNH48に関する報道を見て、私は心から恥ずかしく思った。現段階の私たちは確かに足りないところがたくさんある。自分についてもダンスや礼儀についてベストを尽くせていないし、自分の身の上にもあれこれの問題がある。でも私たちは絶えず学んで改善して、みんなに私たちの成長と変化の証人になってほしい。最後に、SNH48のみんな、感謝の気持と絶対負けないという気持ちをもって引き続き歩いていこう!(やさしい佐江先輩、ありがとう。」
2013/02/23 01:10
(訳注:俞慧文が他のメンバーより一枚上手だと思うのは、この写真を貼ることで宮澤佐江のフォローもしている点。ここまでのメンバーたちの日本テレビ『every』の報道についてのコメントを読むと、宮澤佐江が「厳しく言い過ぎた」とバツが悪くなるところだが、SNH48のメンバーは宮澤佐江がが厳しいばかりの人じゃないことも分かっている、ということをこの写真で言外に伝えている)

シェアする