中国ツイッター(新浪微博)ユーザ登録のしかた

SNH48の情報を収集するためには、中国ツイッター「新浪微博」へのユーザ登録が必須だが、登録方法をおさらいしておく。2013/01現在、実名登録制にはなっていないので、メールアドレスがあれば登録できる。


(1)http://www.weibo.com/を開き、右上の「立即注册微博(今すぐ微博に登録)」ボタンをクリックする。
日本語の「登録」が中国語で「注册」、日本語の「ログイン」が中国語で「登录」となっており、とても間違いやすいのでご注意を。


(2)次の画面で「个人注册(個人として登録)」タブになっていることを確認して、当然、中国の携帯電話を持っていないので、「没有手机?用邮箱注册(携帯がない?電子メールアドレスで登録します)」という部分をクリックする。
ちなみに「个人注册」ともう一つある「企业注册」は、企業がアカウントを作成したいときのためのタブなので無視する。


(3)すると電子メールアドレスで登録する画面に切り替わるので、「邮箱」に自分のメールアドレス(実在するメールアドレスなら何でも使えます)を、「设置密码」に自分の好きなパスワードを、「昵称」にハンドルネーム(漢字でも英語でも何でもOK)を、入力する。
最後に「验证码」に、すぐ右に表示されている英数字をそのまま入力してから、「立即注册」ボタンをクリックする。


(4)すると「马上激活邮件,完成注册吧!(すぐにアクティベートのための電子メールが届きますので、登録を完成させて下さい!)」というメッセージが表示されるので、先ほど入力した自分の電子メールアドレスに、アクティベートのメールが届くまで待つ。
迷惑メールに分類される確率が高いので、受信トレイに届いていなければ、迷惑メールのフォルダを探してみるとよい。


(5)以下のようなアクティベート用メールが届いているはずなので、メール本文にある長~いリンクをクリックする。GMailではやはり迷惑メールに振り分けられてしまっていたが、気にせずクリック。
なおこのアクティベート用リンクは48時間のみ有効と書いてあるので、48時間以内にクリックするよう。


(6)クリックすると新浪微博の次のような画面が開く。「昵称(ハンドルネーム)」には先ほど自分で入力したハンドルネームが表示されているはず。

「性別」は適当に、「情感状态」も適当に、所在地は念のため「海外」「日本」と真実を入力する。
そしてなぜか「学校(出身校または在学校)」が必須になっているので、クリックすると下記のようなダイアログボックスが開く。このダイアログの各入力欄には、とくに真実を入力する必要はないが、入力必須なので、何か入力して、最後に「提交(提出)」ボタンをクリックする。

元の画面にもどったら、画面下の「下一步(次へ)」というオレンジ色のボタンをクリックする。


(7)次は「朋友推荐(おすすめの友だちアカウント)」という画面で、フォローをおすすめするアカウント一覧が表示されるが、無視して、画面下の「下一步(次へ)」というオレンジ色のボタンをクリックする。


(8)次は「兴趣推荐(趣味のおすすめアカウント)」という画面で、最低1つ選択しなければいけないので、たとえばいちばん左上の「娱乐(エンタメ)」などをクリックして選択してから、画面下の「下一步(次へ)」というオレンジ色のボタンをクリックする。


(9)すると自分のアカウントのホームページが開いて、かんたんな使い方の説明が始まるので、それぞれ「下一步(次へ)」というオレンジ色のボタンをクリックしていく。

最後の使い方では「知道啦(分かりました)」というオレンジ色のボタンをクリックすれば、利用開始できる。

強制的にいったんログアウトしたい場合は、画面右上の歯車アイコンをクリックして、「退出」をクリックすればいい。


(10)フォローしたいアカウントを探す場合は、自分のホームページのいちばん上にある「搜索微博、找人」という入力欄でキーワード検索できる。
例えば「SNH48」と入力して[Enter]キーを押せば、次のように候補が表示されるので、「搜“SNH48”相关用户(SNH48に関連するアカウントを探す)」をクリックするとよい。

すると、該当するアカウントが一覧表示されるので、フォローしたいアカウントで「+加关注(フォローに追加)」ボタンをクリックすればよい。
すでにフォローしているアカウントは「已关注」という表示になっている。
すでにフォローしているアカウントのトップページを開くと、「以关注|取消」というボタンがあるので、「取消」をクリックするとアンフォローできる。


(11)ちなみに、新浪微博は定期的にログインが必要なので、定期的に(2)の画面が表示されるが、あわてず、さわがず、画面の右端にある「直接登录(直接ログイン)」という文字をクリックして、メールアドレスとパスワードを入力すればログインできる。

以上

シェアする