SNH48一期生お披露目公演観覧注意事項(試訳)

SNH48の一期生お披露目公演について、公式サイトに注意事項が発表されたので試訳しておく。
ちなみにAKB48劇場の禁止事項はこちらのページで読める。
中国大陸でコンサートの撮影、録画、録音が厳禁とされるのは、昔は珍しかったが、最近では著作権保護の強化からそういう流れなのかもしれない。
ただ、AKB48劇場の禁止事項と比べると、やはり保安面での注意事項が多いのが目立つ。SNH48の運営としても日本フォーマットのアイドルグループだけに、神経質にならざるを得ないのかもしれない。
ビザのないことが理由とはいえ、宮澤佐江と鈴木まりやが舞台に立たないのは得策と言える。もし日本人の二人が舞台に立つ前提だったら、そもそも会場から公演のOKが出なかったおそれもあるので。

“Give Me Power” SNH48一期生お披露目公演観覧注意事項
1.観客の皆さんはきちんとした服装で、1時間前に入場して下さい。現場スタッフの指示を聞き、順序良く入場し、観覧後は、順序良く退場し、押し合わず、場内に留まらないで下さい。
2.可燃物爆発物、有毒物危険物、刀、金属機器、壊れやすいもの、投げやすいもの大きな紙の持ち込み厳禁です。液体状のもの及び使い捨てライターを持っての入場はしないでください。
3.主催者の許可を得ない横断幕、標語、旗、のぼり及びその他宣伝物を持っての入場は厳禁です。
4.イルミネーション(灯牌)、板紙等は50x50cmを超え、他の方の観覧を遮るものを持っての入場は厳禁です。
5.他の方の観覧のじゃまになる各種の音の出る物、例えばホイッスル、らっぱ、楽器等及び拡声器に類する設備の持ち込みは厳禁です。
6.他の方の観覧のじゃまになる各種の発光物、例えば明るすぎるペンライト、懐中電灯及びプロジェクタに類する設備の持ち込みは厳禁です。
7.撮影、録画、録音設備は一切の持ち込みは厳禁です(携帯電話は除外します)。
8.携帯電話を使ってコンサートの内容や進行を撮影、録画、録音する行為はいかなる形でも厳禁です。
9.観客の皆さんが入場時に身につけているリュック、ハンドバッグ、ショルダーバッグ等を場内に持ち込む必要がある場合は、クロークに預けて下さい(料金5元)、あるいはバッグを開けて現場警備員の検査を受けて下さい。
10.場内では物を投げないで下さい、場内の喫煙は厳禁です、椅子の上に立つことも厳禁です、柵や仕切りを乗り越えることもしないで下さい。
11.各人チケットは1枚ずつ、全席指定、副券無しは無効、遅れて来場された方は適切なタイミングで入場頂きます、他の方の観覧を妨害してはいけません。座席券の観客の皆さんはコンサーツ中は座席部分で立ち上がってはいけません、立ち見席の観客の皆さんは場内を勝手に動きまわってはいけません。
12.ご自身で防犯意識を持ち、身に着けている貴重品には十分ご注意下さい;緊急の状況が起こった場合、現場スタッフの指示に従って、勝手に行動されることなく、圧死事故を起こさないようにお願いします。
13.いかなる方法でもコンサートの正常な進行を妨害してはいけません;観客どうしの罵り合い、攻撃あるいは故意のもめ事等の行き過ぎた行為は厳禁です。
14.場内で禁止物品あるいは違反行為を見つけた場合、現場警備員及びスタッフは該当の物品を没収する権利を有しあるいは違反行為を行った観客を即座に退場させるものとします。
以上の事については上海久尚演芸マネジメント有限公司が最終的な解釈権を有します。

シェアする