SNH48第一回公演の告知動画(30秒)

今日(2012/12/14)、2013/01/12(土)上海浅水湾文化芸術センターで開催されるSNH48初回公演の告知動画が公開されていたので、日本語字幕付きを転載する。
残念ながら中国語聴き取り能力に限界があるため、後半はメンバー名のみの字幕になっている。
胡美婷 Hú Měi Tíng フー・メイ・ティン あだ名: (退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
(フー・メイティン)が登場していないのは理解できるとしても、なぜか雨婷儿(ユー・ティンアー)が登場していない。

公式サイトの告知文を、歯の浮くような部分が多々あるが、念のため以下に試訳しておく。原文はこちら

中国本土の大型女性アイドルグループSNH48の運営会社上海久尚演芸マネジメントは本日上海で、SNH48が2013年1月12日(土)晩、上海浅水湾文化芸術センター劇場で”Give Me Power!”SNH48一期生発表公演を行うことを公表、SNH48一期生メンバー全員が初めて全世界のメディアとファンの前に登場する。
SNH48は10月14日の結成以来、多国籍のプロ集団による丁寧な指導の下、2か月あまり昼夜を問わず非公開の集合レッスンを経た後、今回の公演でグループとしてデビューする。
上海久尚のスポークスマンは、SNH48は結成以来国内外メディアとパートナー企業の注目を集め続け、多くのファンも首を長くして待っており、今回発表された公演にも国内外から百余りのメディアが来場するが、会場の収容人数が限られており、公開発売される入場券の数量も限られているため、総量ではファンの実際の要求を満足することができない。この点について、主催者はできるだけ早く上海虹口区ミュージック・バレー内のSNH48専属劇場の建設を進め、早期開業し、多数のファンがいつでも観覧できるよう尽力している、としている。今回発表された公演のチケット情報は、SNH48公式サイトを随時注視頂きたい。
なお、SNH48は準備に知恵を絞り、大量の人と物を投じており、コンサート全体の演出だけでなく、様々な音楽とダンスをミックスし、メンバーのポジションも慎重を期して確定しているところで、同時にA、B進行のレッスンをし、公演直前に実際の効果にもとづいて最終的なメンバーのポジションを決めるとのこと。ファンが最も関心のある当日の曲目については、運営会社は秘密にしており、コンサートの内容の詳細については口を閉ざしている。しかしSNH48の運営会社のスポークスマンは、コンサート全体は十数曲のオリジナルの新曲を含み、さまざまなタイプの中国語曲で、実質的に第一回のコンサートになるとしている。
この他に、今年8月24日海外留学生としてSNH48への移籍が発表された、アジアのトップグループAKB48の人気メンバー宮澤佐江と鈴木まりやは、すでに上海に到着してメンバーとの日常のレッスンに参加しており、積極的に中国語を学んでいるが、現時点で外国籍の芸能活動ビザを今回のコンサートまでに取得できないため、非常に残念ではあるが宮澤佐江と鈴木まりやはメンバーと同じ舞台に立つことができない。しかし彼女たちは当日の記者会見に出席し、また多数のファンとともにSNH48の歴史的な瞬間を目撃する!宮澤佐江と鈴木まりやは更に努力して中国語を学ぶと語り、中国のファンに引き続きSNH48メンバー全員への応援を希望している。
史上初の中国本土の大型女性アイドルグループとして、SNH48は今回報告されたコンサートの中で多数のファンに今までにない息を呑むような素晴らしい視覚効果と青春の活力に満ちた舞台を見せ、その場の観衆全員に無限のポジティブなエネルギーを与え、中国の新時代のアイドル文化の蛇年の新潮流を引き起こしてくれるだろう。

SNH48についての興味深い中国2ちゃんねるのスレッド(3)

引き続き中国の検索エンジン「百度」の、2ちゃんねるに似た掲示板サービス「貼吧(てぃえば)」の「AKB48板」で見つけた、興味深いスレッドをご紹介する。
『連載:関于近期対SNH及48系中国化発展的研究報告(最近のSNHおよび48系の中国における発展の研究報告)』 (百度貼吧)
かなり分量が多いので全訳ではなく要約で、かつ複数回に分けてご紹介している。
最初に断っておいたように、このスレッドに書かれてあることが全て真実かどうかは、僕にも判断できない。真実と判断するか、このスレッド自体が壮大なネタと判断するかは、読者の皆さんにお任せする。
3回目の今回は、スレッドの第三章。引き続き運営会社の上海久尚についてだが、運営のファン対応と、地下アイドルのあるべきマーケティング手法について書かれている。
このスレッドの筆者は、地下アイドルがブレイクするために運営会社がとるべきマーケティング手法は、ファンがプロデューサーや運営会社を非難したり、ファン同士がお互いの応援するメンバーを非難し合ったりすること、そして、メンバーについての醜聞を、意図的に許容することだと考えているようだ。
結成当初のAKB48のような地下アイドルは、大手メディアと組んで大々的に売り出すという手法ではなく、クチコミによるファン層の拡大が鍵となる。
そして、日本では2ちゃんねる、中国では検索エンジン「百度」の「貼吧」ようなネット掲示板が、地下アイドルのファン層拡大に必須のクチコミの場だとしている。
そのとき、運営会社はアイドルグループのイメージを守ろうとして、下手にクチコミの内容を規制し、お行儀の良いファンしか残らないようなことをしては逆効果で、意図的に運営への厳しいツッコミや、ファン同士のディスり合いなどを放置する方が賢明だと論じている。
この考え方に立って、このスレッドの筆者は、久尚が正反対のことをしていると非難する。
SNH48一期生メンバーが発表された後、百度の「貼吧」にファンが作ったSNH48板や、各メンバーの掲示板に、運営会社のスタッフがファンのふりをして、SNH48に肯定的な書き込みを組織的に行った形跡があるとしている。
また「貼吧」や中国ツイッター(微博)で、運営会社のスタッフと思われるアカウントが、運営会社やSNH48メンバーを非難するコメントに組織的に反論した形跡もあるらしい。
その結果、いま中国ツイッターのSNH48各メンバーのツイートにコメントをするファンや、百度の掲示板サービス「貼吧」に書き込みをするファンは、肯定的な書き込みをするお行儀の良いファンが多くなったと嘆いている。
なぜ運営会社のスタッフがSNH48の否定的書き込みをネットから組織的に排除するのか。このスレッドの筆者は、その原因が久尚の現時点の運営スタッフの多くが、以前からのAKB48ファンであることだと指摘している。
その証拠に運営スタッフと思われる中国ツイッターのアカウントが、以前からAKB48の運営に対する非難を書き込んでいることをあげている。
運営スタッフに求められる資質と、ファンとしての資質は全く異なるというのが、このスレッドの筆者の議論の背景にある。
現在の上海久尚のスタッフは、元AKB48ファンの観点のまま運営側になっているため、いわば職権を濫用して自分たち自身がSNH48の最高のファンのように行動している、としている。
運営スタッフがSNH48について最も多く情報をもち、それを統制できるのは当然だが、運営の見解を一般のファンに押しつけるような、一方的な情報提供に終始しているため、かえってファンを逃している。
運営スタッフは、一般のファンから見たときの自分たちの特権的地位を利用せず、一般のファンの非難やツッコミを許容し、一般のファンどうしで、ディスり合いも含めたコミュニケーションが広がっていくようにすべきだ、と論じている。
さもないとSNH48は品行方正なファンだけが応援する「高貴で冷艶な」グループになってしまい、AKB48的なものとはかけ離れたグループになる、と書いている。
個人的には、なるほど鋭い指摘だと感じた。
日本でも今の時代のアイドルは、いくらキレイごとで表面をとりつくろっても、ネット上の否定的なクチコミを無視できない。マネジメント会社がアイドルのイメージを統制し過ぎて失敗している例は日本でも多い気がする。
例えば、名前を出して悪いが、エイベックスがプロデュースするアイドルは、エイベックスの大手メディアに対する影響力が大き過ぎるだけに、かえってネット上のクチコミを利用したファン層の拡大に失敗している事例が多いのではないか。
AKB48ファンがお互いの推しメンについてディスり合ったり、運営を非難したりするのを、AKBの運営があえて厳しく規制しないことで、一般のファンは自分たちの意見がAKB48をとりまく状況を動かせる、という実感をもつ。
このようなファン参加型のクチコミ・マーケティングを、AKB48の運営は運営の「プロ」としてうまく利用している。
しかしこのスレッドの筆者によれば、SNH48の運営はあまりにAKB48ファンであるために素人の姿勢から脱することができず、逆に情報統制型の完全に失敗のマーケティングをしている、ということだ。
このスレッド自体が「貼吧」のSNH48板ではなくAKB48板にまず書き込まれたことが、中国の以前からのAKB48ファンと、SNH48に新たについたファンの分断を示している。
例えば今なら、SNH48一期生の胡美婷 Hú Měi Tíng フー・メイ・ティン あだ名: (退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
(フー・メイティン)がすでに上海を離れ、地元の四川省成都に帰ってしまっており、事実上脱退同然の事実はかっこうのネタになるはずだ。
しかし、こうした事実をネタとして取り上げているのは、このスレッドを見れば分かるように「貼吧」のSNH48関連の掲示板ではない。
誤解があるといけないのは、中国の芸能界全体が、中国政府による報道規制と同じように、芸能事務所がタレントの醜聞を情報統制するような息苦しいものでは決してないということだ。中国の芸能ニュースはむしろ日本よりもエグい醜聞に満ちている。
その中でSNH48の運営会社が、もともとネットメディア企業傘下であるために、大手メディアの支援も得られないのに、ネットメディアの特性を活かさず、美辞麗句ばかりの一方的な情報発信をしているのは、たしかに失敗といえる。
そして、この失敗についてSNH48のメンバーには何の非もない。
このスレッドの筆者があえて暴いているように、SNH48にはタレント経験のあるメンバーが比較的多く、上述の胡美婷 Hú Měi Tíng フー・メイ・ティン あだ名: (退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
(フー・メイティン)も含めて、現在進行中のネタでディスったり、いわゆる黒歴史を暴いたりする余地は十分にある。
SNH48のメンバーの一人、陳觀慧 Chén Guān Huì チェン・グァンフェイ あだ名: シャオアイ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/08/28広東省湛江市生まれ
(チェン・グァンフェイ)が中国ツイッター上で、自ら「サファイアガールズ」という別のアイドルグループを、デビュー前に脱退したことを釈明したように、また、胡美婷 Hú Měi Tíng フー・メイ・ティン あだ名: (退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
が開き直ってプライベートのアカウントでツイートし続けているように、メンバーたち自身は、言ってみれば、「プロ」のタレントとして醜聞を受けて立つ準備はできている。
一つの指標として、今後、上海久尚が胡美婷 Hú Měi Tíng フー・メイ・ティン あだ名: (退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
をどう扱うかに注目しておけば、このスレッドの筆者のSNH48の将来に対する危惧が、正しいかどうか分かるだろう。

SNH48一期生:2012/12/13のツイート

SNH48一期生の2012/12/13の中国ツイッター(新浪微博)から、写真と一部ツイートを日本語試訳して転載する。
宮澤佐江と鈴木まりやのツイートは日本語・中国語で書かれているので、ここには転載しない。例によって深夜のツイートは翌日に追加更新する。
なお中国語の発音のカタカナ表記は、ピンインのローマ字読みではなく、あえて実際の発音に近い表記に変えている。
この日、2012/12/13は中国では日本軍による「南京大虐殺」75周年の日で、かつ、中国の航空機が尖閣諸島上空の領空を侵犯した日。


ヌンチャク(陳思 Chén Sī チェン・スー あだ名: チェンスー SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1991/09/14湖南省岳陽市生まれ
チェン・スー)

「Hi Hi~(*^^*) 今日もお日さまさんさんの一日だね 今日私といっしょにみんなにお早うを言ってくれるのは、かわいい邱欣怡 Qiū Xīn Yí チョウ・シンイー あだ名: ワンワン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1997/01/11台北市生まれ
(チョウ・シンイー) 昨日のかっこいい陳觀慧 Chén Guān Huì チェン・グァンフェイ あだ名: シャオアイ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/08/28広東省湛江市生まれ
(チェン・グァンフェイ)とおバカさんのおばさん丁紫妍 Dīng Zǐ Yán ティン・ツーイェン あだ名: タンタン(卒業済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
(ティン・ツーイェン)が姉妹みたいな顔の写真を貼ってたけど、ほんとかわいいよね 今日は私も超大好きな邱邱QQといっしょに姉妹みたいな顔だよ でもQQの顔はスッとしてるけど 私の顔はまん丸だね はは」
(訳注:「QQ」は邱欣怡 Qiū Xīn Yí チョウ・シンイー あだ名: ワンワン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1997/01/11台北市生まれ
のあだ名らしい。写真は左が陳思 Chén Sī チェン・スー あだ名: チェンスー SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1991/09/14湖南省岳陽市生まれ
、右が邱欣怡 Qiū Xīn Yí チョウ・シンイー あだ名: ワンワン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1997/01/11台北市生まれ


SNH48公式
(訳注:今日は丁紫妍 Dīng Zǐ Yán ティン・ツーイェン あだ名: タンタン(卒業済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
(ティン・ツーイェン)特集)


ショウちゃん(蔣羽熙 Jiǎng Yǔ Xī チャン・ユーシー あだ名: ショウちゃん(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
チャン・ユーシー)

「考えすぎると勇気を無くしちゃう あきらめさえしなければチャンスはきっとある だよね みんなこんにちはだ~」


シャオシン(張馨方 Zhāng Xīn Fāng チャン・シンファン あだ名: シャオシン(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
チャン・シンファン)

「みんなこんにちは.今日は曇り.ちょっと寒い.みんな必ずたくさん服を着てね.最近風邪の人が多いから.みんなしっかり防寒してお湯をたくさん飲んでね.いま私はレコーディング・スタジオです.毎回レコーディングに来るたびにすごく楽しい.おやつを食べて飲み物を飲んでビタミンCの錠剤を飲んで.レコーディング大好き.毎日でもレコーディングしたいな.ハイ兄さんありがとう.ところでどうしてハイ兄さんっていうのかな?」
(訳注:「ハイ兄さん」とはスタッフの名前か?)


チェンチェン(何軼琛 Hé Yì Chēn ホー・イーチェン あだ名: (退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
ホー・イーチェン)

「ファンのみんな、最近元気?今日私はちょっと風邪ぎみ、でも大丈夫。じゃあ、引き続きよく勉強してよく遊んでね!」


SNH48公式
丁紫妍 Dīng Zǐ Yán ティン・ツーイェン あだ名: タンタン(卒業済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
(ティン・ツーイェン)の食べ物好きのレベルは一期生の中では絶対に無敵;杭州予選の最初の試験が終わった後、他の参加者が結果発表会場に急いでドキドキしながら待っていたのに、彼女は悠々と走って出掛けて麺と焼き餅を食べてた;宮澤佐江と鈴木まりやが最初に上海に来た時、かわいい丁紫妍 Dīng Zǐ Yán ティン・ツーイェン あだ名: タンタン(卒業済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
くんはためらいながらも、勇気を出して二人の前に進み出て言った:はじめまして、お二人はパンが好きですか?」


Kuriko(陳麗 Chén Lì チェン・リー あだ名: Kuriko(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
チェン・リー)

「ここ数日ツイートしてなかったのは、病気だったから、扁桃腺の腫れ+風邪+熱、昨日のレコーディングにも行けなかった、昨日お母さんがたくさん薬を持ってきてくれて、午後中ずっと看病してくれた、もう熱はひいたけど、声はまだかれてます。自分はまだ独り立ちできてないなと思った、自分の面倒も見られないし、まだ子供みたいにお母さんがいないとダメ。あと数日で一つ歳が上になるから、以前の世間知らずの自分にバイバイを言う時だね。 (=^x^=)」


SNH48公式
(訳注:写真は丁紫妍 Dīng Zǐ Yán ティン・ツーイェン あだ名: タンタン(卒業済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
(ティン・ツーイェン))


宮澤佐江・鈴木まりや
(訳注:ツイートは日本語なので省略するが、どうやら2013年1月号の中国の音楽雑誌『COOL軽音楽』の表紙に二人が登場するらしい。『COOL軽音楽』の公式サイトはこちら。ジャニーズ系タレントの写真が堂々と掲載されているのが不思議なサイトである)


張語格 Zhāng Yǔ Gé チャン・ユーグー あだ名: タコちゃん SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1996/05/11ハルピン市生まれ
(チャン・ユーグ―)
「もう大丈夫だからみんなに甘えたくないんだけど、やっぱりみんなに見てもらいたくて、私の鼻、前よりへこんでない?メンバーはみんなそんなことないって言うけど、もう一度確認したくて……ね!これが最後だから!答えをくれたらもうみんなを煩わせないから!」


SNH48公式
(訳注:写真は丁紫妍 Dīng Zǐ Yán ティン・ツーイェン あだ名: タンタン(卒業済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
(ティン・ツーイェン))


マオマオ(李宇琪 Lǐ Yǔ Qí リ・ユーチー あだ名: マオマオ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/26陝西省西安市生まれ
リ・ユーチー)

戴萌 Dài Méng ダイ・モン あだ名: ダイモン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/08上海市生まれ
(ダイ・モン)、萌え萌え!!君は仕切りを越えたらどうして小さくなっちゃったの??今回はちょっとあまり成功しなかった。。成功版を期待してる人がたくさんいるよ!みんな次は私に誰を引っ張って欲しい??」
(訳注:アニメーションGIFの左が戴萌 Dài Méng ダイ・モン あだ名: ダイモン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/08上海市生まれ
、右が李宇琪 Lǐ Yǔ Qí リ・ユーチー あだ名: マオマオ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/26陝西省西安市生まれ


フェイス(王費澌 Wáng Fèi Sī ワン・フェイスー あだ名: Faith(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
ワン・フェイスー)

「こんばんは~この二日間更新しなくて、ごめんなさい。新しいスタイルは大好き、みんなも気に入ってくれるといいな~」
(訳注:前日のNoz上海の幸本雄介氏のツイートへのコメント)


SAVOKI(趙嘉敏 Zhào Jiā Mǐn チャオ・チャーミン あだ名: SAVOKI SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1998/07/22広東省深セン市生まれ
チャオ・チャーミン)

「今日も応援の手紙を受け取ったよ!これで二通目、きっと大事にするね!手紙の内容は多かったけど、大部分はごくふつうの温かい言葉のくり返しで、一つの話題からもう一つの話題へ、しどろもどろなところがほんとにすごくかわいい!小さな付箋紙に書いてあって、三枚は裏表両方にぎっしり書いてあって、きっとすき間を残さないように書いてくれたんだね、ほんと超感動したよ!
文字も私が超好きなかわいい字で、ちょっと続け書きになってるのが読みづらかったけど一文字一文字読み終わるまでとても幸せでした!(でもちゃんと書かないとだめだよ)
savokiはバカじゃなから、必ず自分の体は自分で気をつけるよ!必ず努力するよ!ミーちゃん、目標のために奮闘するのは楽しいこと、確かにプレッシャーはあるけど、必ず期待に胸をふくらませて一つひとつのことをやりとげる、意気込みがなきゃだめだからね!
最後にあのかわいいカードありがとう、みんなの気持ちはもう受け取ったよ、きっとみんなの期待を感じながら努力を続けるよ!」
(訳注:ツイートではなくiPhoneの画面ショットなので長文になっている。savokiは趙嘉敏 Zhào Jiā Mǐn チャオ・チャーミン あだ名: SAVOKI SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1998/07/22広東省深セン市生まれ
のあだ名)


Bちゃん(孔肖吟 Kǒng Xiào Yín コン・シャオイン あだ名: Bちゃん SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/04/11遼寧省瀋陽市生まれ
コン・シャオイン)

「~~~ちゃんちゃんちゃんちゃんちゃん~~~みんなこんばんは~~~このアプリかわいいでしょ~~~」
(訳注:写真は左が孔肖吟 Kǒng Xiào Yín コン・シャオイン あだ名: Bちゃん SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/04/11遼寧省瀋陽市生まれ
、右は張語格 Zhāng Yǔ Gé チャン・ユーグー あだ名: タコちゃん SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1996/05/11ハルピン市生まれ
(チャン・ユーグ―))

SNH48についての興味深い中国2ちゃんねるのスレッド(2)

引き続き中国の検索エンジン「百度」の、2ちゃんねるに似た掲示板サービス「貼吧(てぃえば)」の「AKB48板」で見つけた、興味深いスレッドをご紹介する。
『連載:関于近期対SNH及48系中国化発展的研究報告(最近のSNHおよび48系の中国における発展の研究報告)』 (百度貼吧)
かなり分量が多いので全訳ではなく要約で、かつ複数回に分けてご紹介している。
最初に断っておいたように、このスレッドに書かれてあることが全て真実かどうかは、僕にも判断できない。真実と判断するか、このスレッド自体が壮大なネタと判断するかは、読者の皆さんにお任せする。
2回目の今回は、そもそも運営会社である久尚にAKB48系列のアイドルグループをマネジメントする能力があるのかという議論。
SNH48の運営会社は、上海久尚模特経紀有限公司(「模特」とは中国語で「モデル」、「経紀」は「マネジメント」)というモデル・エージェンシーだが、親会社は久遊網という中国で有数のオンラインゲームの開発・運営会社だ。
久遊網の社長は王子傑という人で、日本国籍の中国人。
王子傑(百度百科)
1990年同志社大学大学院に留学し、ロボット工学と自動制御システムを研究。1993年にコナミに入社。2000年に上海にコナミの海外子会社を設立。
その後中国でオンラインRPG事業を発展させた。2009年には日本でファイブスターという会社を作り、中国産のオンラインRPGを展開しようとしたが、これは失敗している。
久遊網傘下の上海久尚模特経紀も、もとは2008年10月設立の久尚網というファッション情報ポータルサイトで、事業の一環として日本の主婦の友社のファッション雑誌『Mina』『Scawaii!』の中国版の発行、ファッションモデルのマネジメント、NINESTYLEという独自ブランドの展開などをしている。
結成されたばかりのSNH48メンバーが、中国版『Scawaii!』の2012年12月号に早速登場したのは、単に運営会社グループ自身が『Scawaii!』を発行していたからというだけのことだ。
この上海久尚はファッションモデルやイベントコンパニオンのマネジメント経験しかなく、本格的なテレビ・映画タレントのマネジメントは、今回のSNH48が初めてらしい。
そのため、グダグダな運営ぶりが上述のAKB48板のスレッドで非難されている。
まず、なぜ久尚がSNH48の運営会社になったのか。
その経緯は、2007年~2009年、秋元康がAKB48のブレイク前で低迷していたころ、ちょうど王子傑がオンラインゲームで大成功しており、日本で秋元康と面識をもったとき、AKSに資金提供するのと交換に、中国でのAKBブランドの販売権を得たらしい。
2009年にAKB48が日本でブレイクした後、すでに王子傑は上海でAKB48の姉妹グループを結成する意思を示し、「SNH48」というドメイン名も取得済みだった。だが活動開始は2012年の日中友好40周年を待つことになった。
その後、秋元康は丸一年、欧米進出に腐心したが失敗し、2011年にようやく上海久尚によるSNH48の結成準備が始まる。
王子傑はSNH48のデビューを勢いづけるためにも、日中友好40周年のプレイベントの目玉として、AKB48の中国公演を成功させるべく、中国政府関係者に日本でのAKB48の活躍を紹介するなど努力した。
2011年のAKB48の上海公演の陰には、王子傑の尽力があったということだ。
その意味で、グループ総裁である王子傑が、AKB48とその姉妹グループSNH48を中国で成功させようと労力と資金を投じた功績があることは確かだが、このスレッドの筆者は、子会社んお上海久尚の水準がまったく追いついていない点を主に非難している。
例えば、AKB48上海公演の後の中国での握手会。
この握手会を運営していたのは実は上海久尚だったが、アイドルグループの握手会にどれほど多くのファンが殺到するか予測もできず、ダフ屋やネットでチケットが高値転売されることにも無防備だったため混乱をきたした。
AKSは中国ツイッターで謝罪したが、久尚側は謝罪さえしなかった点を、このスレッドの筆者は非難している。
また、2012/10/14のSNH48一期生の発表記者会見でも、久尚は失態を演じている。
久尚の親会社はネット企業で、中国国内の新聞、雑誌、テレビなど大手メディアとの関係が弱かったらしく、SNH48一期生の記者会見に参加したのもほとんどがネットメディアだったらしい。
発表会見の会場にはプロのスタイリストさえおらず、会見の準備に1時間もかかり、その間記者たちは待ちぼうけをくらった。もし大手メディアの記者が参加していたらすぐに退席したに違いないと、スレッドの筆者は嘆いている。
ご承知のようにSNH48公式サイトが開設されて以来、上海久尚は求人広告を出し続けている。求人にはアイドルグループの運営に必要と思われるあらゆる職種がずらりと並んでいる。それだけ久尚に人材が不足しているということだ。
中国ツイッターではSNH48支配人として白叔という人物がツイートしているが、彼についてもスレッドの筆者は日本のAKB劇場支配人とは全く異なり、アイドルグループのマネジメント経験も劇場の管理経験もない人物だと評価している。
久尚はSNH48をまともに運営する体制を整備しないまま見切り発車したことになる。
こうしたマネジメント体制の不備と、不合理な契約条件で、久尚はアイドルグループの運営として自ら火遊びをしているようなものだと、スレッドの筆者は書いている。
SNH48は中国で2つの点でセンシティブな性格をもつ。一つは日本のカラーを持っていること。もう一つは未成年の少女に芸能活動をさせていること。それでもなお不合理な契約でSNH48の運営をするのには、上海久尚の次のような計算があるという。
SNH48がブレイクすれば、トップのメンバーは手元に残し、ほどほどのメンバーは卒業するまま放置し、底辺のメンバーはモデルやコンパニオンとして使える。ブレイクしなければ、全員8年間モデルやコンパニオンとして使える。
しかも契約に給与の条項はなく、毎月2,000元の生活保障金を支払うだけで、タダ同然で使うことができる。このスレッドの筆者は、こうした「濡れ手に粟」式の計算が久尚側にあると見ている。
さらに来春完成予定のSNH劇場は、もともと上海市政府が企画した虹口(上海の地名)ミュージック・バレー計画の中の音楽サロンだった。「ミュージック・バレー」は中国語では「音楽谷」だが、米国シリコン・バレーの「バレー」にならい、音楽の聖地を作る計画である。
もとは映画館だった建物を音楽サロンとして改築し、ポップスのコンサート会場にする計画だったが、政府に箱モノは作れてもコンテンツのアイデアはなかった。
そこで久尚が上海万博のときに、上海万博でのSKE48のコンサートを引き合いに出しつつ、日本で最も人気のあるアイドルグループの姉妹グループと、その拠点である劇場を上海に作る計画を上海市に了承させたらしい。
結果、改築費の4000万元はすべて政府の負担で、久尚は一銭も負担せずにすんでいる。久尚はSNH48の立ち上げに必要な投資の大きな部分を節約できたわけだ。
その代わり、劇場自体は上海市の計画なので、AKB劇場のように観客と舞台の距離が近く、メンバーとファンの交流を重視した造りとは程遠く、会議場のように整然と並ぶ客席になるようだ。
またスレッドの筆者は、AKB48系列のグループにとって、明らかに優等生的なメンバーを含む中学生・高校生的な雰囲気・学園的な雰囲気と、さまざまな個性、この二つが必須だと考えている。
しかしSNH48に優等生的なメンバーは見当たらず、AKB48には存在したような、学業とアイドル活動を現実に両立しているメンバーもいない。
というのは、久尚の契約上、SNH48メンバーで教育を受ける必要がある者は、事実上、久尚がSNH48プロジェクトのために作った「上海電影芸術学院」という専門学校に通うしかないのだ。
(メンバー全員が上海に住んでいるわけではなく、SNH48の毎日の活動はすべて上海で行われるため、地元の中学・高校に通学することは事実上不可能という意味。なおこの「上海電影芸術学院」の学費は何と自己負担らしい。それも契約条件に含まれていたため、かなり裕福な家庭の少女しか最終選考に参加できなかったことが分かる)
結果としてSNH48メンバーは、まず最初の不合理な契約の段階で、似たような生活背景を持つ少女たちに絞りこまれ、さらに同じ学院で勉強し、毎日共同生活を送ることで、それぞれの個性がない集団になってしまうという点を、このスレッドの筆者は危惧している。
事実、JKT48には地元出身者、中国系、日系人、日本語担当、英語担当、お笑い担当など、比較的多彩なメンバーがいたが、SNH48には、日本発のアイドルグループであるにもかかわらず、日本語が流暢なメンバーが一人もいない。上述のように明らかな優等生タイプもいない。
AKB48はメンバーとしての成長の過程で、それぞれが差別化・個性化されていたが、SNH48のメンバーはグループに参加する前の属性を主張することしかできない。例えば俞慧文 Yú Huì Wén ユー・フェイウェン あだ名: シャオユー(退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
がアメリカの帰国子女であることなど。
そうしたメンバーの集団であるSNH48は、AKB48系列のグループに必須の本質を欠いているというのが、このスレッドの筆者の論旨で、その原因のほぼすべては、単なるモデル・エージェンシーの上海久尚が、AKB48というグループの本質を理解しないまま運営会社になった点にあるとしている。
スレッドの続きは、また後日。

SNH48についての興味深い中国2ちゃんねるのスレッド(1)

今日は中国の検索エンジン「百度」の、2ちゃんねるに似た掲示板サービス「貼吧(てぃえば)」の「AKB48板」に、かなり興味深いスレッドを見つけたのでご紹介する。
『連載:関于近期対SNH及48系中国化発展的研究報告(最近のSNHおよび48系の中国における発展の研究報告)』 (百度貼吧)
かなり分量が多いので全訳ではなく要約で、かつ複数回に分けてご紹介する。
最初に断っておくと、このスレッドに書かれてあることが全て真実かどうかは、僕にも判断できない。真実と判断するか、このスレッド自体が壮大なネタと判断するかは、読者の皆さんにお任せする。
まずこのスレッドの第一章は、「原石がみんな驚いて逃げ出した!」という題名だ。
SNH48一期生の最終選考は10月13日~14日に行われたが、実はその前日、10月12日の夜に、最終選考に集合した少女たちと両親を集めて、運営会社である上海久尚演芸が突然SNH48メンバーになるための契約書を提示したらしい。
その内容はすでに中国のAKB48ファンには周知の事実らしいが、以下のようなものだ。
・最低8年契約
・違約金500万元
・最初のメンバー50人について久尚は自由に契約延長可能
・久尚の命じた仕事は拒否できない
・久尚は自由にメンバーを入れ替えできる
・恋愛禁止
・自分でスタイルを変えることは禁止
・自分で髪型を変えることは禁止
・公式サイト等には許可無くいかなる文章も発表禁止
・第三者との契約や他の芸能活動は禁止
・毎月2,000元の生活保障金
8年間という縛りは長すぎるように見えるが、中国の芸能界では一般的らしい。無名の若い新人の場合、芸能事務所が育成のための投資に見合う収益を回収する必要があるためだ。
8年以内に辞めると、別の事務所との契約は禁止、芸能活動も禁止されるため、事実上芸能界からは引退を強いられる。またそれまでの活動(CD、写真集等々)の収益はすべて事務所に入り、メンバーの収入は毎月2,000元の生活保障金のみである。
これらも中国の芸能界の新人としては、特別不利な条件というわけではないらしい。
ただこのスレッドの筆者が問題にしているのは、次の二点である。
・上海久尚演芸が、10月12日の夜にいきなり数十ページにわたるこの契約書を提示し、サインしなければ翌日からの最終選考に参加させないとした点。
・AKB48系列グループのメンバーに求められる資質と、中国の芸能界におけるこの一般的な契約内容を受け入れられる少女の生活環境が、全く異なる点。
この二点の問題は、このスレッドの筆者が第一章を「原石がみんな驚いて逃げ出した!」という題名にしていることから推測できるだろう。
つまり、ごく普通の家庭に育った、ごく普通の少女が、いきなり中国の芸能界では一般的だが、普通の少女にとっては不利な契約を示され、この場でサインしろと言われてできるはずがない、ということだ。
そういった少女とご両親は、10月12日の夜の時点で最終選考会場を立ち去った。
ただ現場では、法律の専門家に相談してからサインしたいと申し出た少女たちとご両親もいたらしいが、結局彼女たちは全員、最終選考に落選した。
このスレッドでは、事務所に一方的に有利な契約内容自体の合法性に問題があるとしつつも、こうした契約にサインできる少女だけが残ったSNH48の将来を憂慮している。
つまりAKB48の姉妹グループのメンバーに求められる資質とは異なる少女しか、SNH48一期生になれなかったのではないか、ということだ。
AKB48ファンの方はご存知のように、日本では研修生の期間に人気が出て、本人も芸能界でやって行けると思った少女だけが、事務所と契約し、正式なメンバーとなる。それがSNH48の場合は、最終選考の前夜に、まず契約にサインするかどうかで振り分けられているのだ。
その結果、SNH48一期生には、すでに芸能界での経験のある少女や、モデルとして活躍していた少女、契約期間内に辞退して芸能界に戻れなくても生活できる、そうとう裕福な家庭の少女、両親に頼らなくても自活できる女性が多く、年齢も高めになっている。
僕個人は、このスレッドの筆者の言うほど、合理的な考えの親ばかりだとは思わないので、契約内容をよく理解せず、娘をAKB48のようにしたい一心で契約にサインした、良く言えば「純粋な」、悪く言えば「バカな」親とその娘もいたのではないかと想像する。
ただこのスレッドの筆者は、上述のような契約内容はすでに中国国内では広く知られているため、これから応募してくる二期生にも、ごく普通の家庭の普通の少女という属性は期待できない、としている。
そしてその傍証として、このスレッドの筆者は胡美婷 Hú Měi Tíng フー・メイ・ティン あだ名: (退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
(フー・メイティン)を挙げている。以下が彼女の経歴だ。
四川師範大学電影電視学院
川師影視共縁杯モデル・コンテスト出場
2012年第七回全国モデル・コンテスト出場
ちなみに「川師影視」は「四川師範大学電影電視学院」の略称で、毎年学院生が参加するモデルコンテストを開催しているらしい。つまり胡美婷 Hú Měi Tíng フー・メイ・ティン あだ名: (退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
はもともとモデルか芸能界志望で、この学院に入学していたということだ。
僕はSNH48一期生の中国ツイッターを日本語試訳しながら、なぜ胡美婷 Hú Měi Tíng フー・メイ・ティン あだ名: (退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
がほとんどツイートしないのか不思議に思っていたのだが、実は彼女は公式アカウントではなく、プライベートのアカウントを更新し続けている。
胡美婷 Hú Měi Tíng フー・メイ・ティン あだ名: (退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
olivia(胡美婷 Hú Měi Tíng フー・メイ・ティン あだ名: (退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
のプライベートのアカウント)

彼女はこれから成長するアイドルというより、即戦力になるプロのファッション・モデルというべき人材で、確かに来春に初公演を迎えるAKB48の姉妹グループのメンバー向きではなさそうだ。
例えば下記のリンク先にある、2012/12/10のツイートはなかなかふるっている。「このバカ女、クソの食い過ぎかクスリの飲み過ぎかどっちよ?」で始まるが、僕の中国語力ではほとんど意味は分からない。とにかく「C小姐」なる人物を罵倒していることだけは分かる。
胡美婷 Hú Měi Tíng フー・メイ・ティン あだ名: (退団済み) SNH48 Team
 SNH48 1期生
 生まれ
olivia 2012/12/10 22:44

スレッドの続きは、そもそも運営会社である久尚にAKB48系列のアイドルグループをマネジメントする能力があるのかという議論になるが、それはまた後日。