広州GNZ48チームZメンバー18名お披露目で、あとは瀋陽SHY48お披露目を待つばかり

広州GNZ48チームG『心の旅程』公演(SNH48チームSII全曲オリジナル公演)の終了後、GNZ48一期生のみからなるチームZがお披露目された。

これで北京BEJ48はチームB、チームE、チームJ、広州GNZ48はチームG、チームNIII、チームZと、6チームそろったことになる。

広州GNZ48チームZお披露目の自己紹介の様子。

広州GNZ48チームZ公式写真除幕式と、恒例のカフェの壁へのサイン式

広州GNZ48一期生は、すでにチームGに2名、チームNIIIに2名が発表されていて、今回のチームZは18名なので、広州GNZ48一期生は全部で22名ということになる。

このブログの左上「全メンバー画像集」には、すでに広州GNZ48チームZを入れてある。今後各メンバーがツイートした写真は順次入れていくことにしたい。

あとは、瀋陽SHY48オーディションの最終選考が終わっているらしいので、瀋陽SHY48メンバーのお披露目を待つばかり。

瀋陽SHY48が出来ると、北から南まで、内陸部を除いてSNH48姉妹グループが4つならぶことになる。SNH48グループは今のところきわめて順調に拡大している。

(AKB48運営がここまで中国という特殊な環境で、順調に事業展開するのはムリだったに違いないので、SNH48運営は独立して良かったと言える)

SNH48チームNII二期生ナナちゃん(萬麗娜)生誕祭より:カチューシャ(李藝彤)とデュエット、『メグメグ☆ファイアーエンドレスナイト』

2016/10/22のSNH48チームNII二期生ナナちゃん(萬麗娜 Wàn Lì Nà ワン・リナ あだ名: ナナちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1997/10/02江西省九江市生まれ
)生誕祭から、特別曲の映像をご紹介。

まず同じ二期生カチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)の「粋なはからい」(←死後)で、彼女のソロ曲『木偶(あやつり人形)』に、ナナちゃん(萬麗娜 Wàn Lì Nà ワン・リナ あだ名: ナナちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1997/10/02江西省九江市生まれ
)も同じロリータファッションで登場。

ちなみに言うまでもないけれど、カチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)は日本のロリータ・ファッションの代表的なモデル・青木美沙子さんともお友だちで、ロリータ・ファッション業界ではちょっとした有名人。

そしてナナちゃん(萬麗娜 Wàn Lì Nà ワン・リナ あだ名: ナナちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1997/10/02江西省九江市生まれ
)メインの特別曲は、初音ミク『メグメグ☆ファイアーエンドレスナイト』の「踊ってみた」。

いっしょに踊っているのは カチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)、ユーミー(趙粵 Zhào Yuè チャオ・ユエ あだ名: ユーミー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
)、オレンジ(陳問言 Chén Wèn Yán チェン・ウェンイェン あだ名: オレンジ SNH48 Team NII
 SNH48 2.5期生
 1994/01/27広東省生まれ
)、スイスイ(周怡 Zhōu Yí チョウ・イー SNH48 Team NII
 SNH48 5期生
 1993/06/13浙江省生まれ
)という、チームNIIの中では激しく納得のメンバー。

カチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)やスイスイ(周怡 Zhōu Yí チョウ・イー SNH48 Team NII
 SNH48 5期生
 1993/06/13浙江省生まれ
)は最初から振り付けを知っていそうだし、ユーミー(趙粵 Zhào Yuè チャオ・ユエ あだ名: ユーミー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
)とオレンジ(陳問言 Chén Wèn Yán チェン・ウェンイェン あだ名: オレンジ SNH48 Team NII
 SNH48 2.5期生
 1994/01/27広東省生まれ
)はこれくらいのレベルなら、すぐに覚えられそう。

この動画のちょっとしたポイントは、音源に日本語版ではなく「英訳して歌ってみた」版を使っていて、最後の日本語部分がそのまま使われている点。

SNH48グループの公演で、歌詞の一部に日本語が入っていることが最初からわかっている楽曲が正式に使われたのは、かなり久しぶりかも。

SNH48最近の出演番組:リフォーム番組『WULI屋里変』、安徽衛星テレビのバラエティー『超級大首映』

SNH48が最近出演したネット番組、テレビ番組からご紹介。

SNH48チームNII二期生テテちゃん(黃婷婷 Huáng Tíng Tíng フアン・ティンティン あだ名: テテちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/08江蘇省南京市生まれ
)がピンで出演した、中国最大の動画サイト「iQiYi(愛奇藝)」のネット番組『WULI屋里変』2016/10/19放送分。

「WULI(ウーリー)」は韓国語で「私たちの」、「屋里(ウーリー)」は家の中、それを変えるということで、部屋の模様替えをする番組。ネット番組なので、ややカットの遊びが多すぎる。

↓番組公式YouTubeチャンネルより。

番組中のマンションが本当にテテちゃん(黃婷婷 Huáng Tíng Tíng フアン・ティンティン あだ名: テテちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/08江蘇省南京市生まれ
)の実家なのかは分からないが、テレビのあるリビングをスタジオに完全再現して、2人のインテリア・コーディネーターが改装して勝敗を決めている。

司会はSNH48といろんな番組で共演している張大大(チャン・ダーダー)。というより他に低予算バラエティー番組向きの男性司会者がいないのか?と思う。

掲載元の「iQiYi」で再生回数を見ると、この番組、毎回だいたい800万回。SNH48知名度アップには地味に貢献しそう。

そしてSNH48の各チームからメンバーが出演した、安徽衛星テレビ『超級大首映』2016/10/21放送分。

こちらは全国放送のバラエティー番組で、SNH48の出番も番組開始からたっぷり20分間と、知名度アップにかなり貢献していそう。

番組全体は、湖南衛星テレビ『快楽大本営』の安徽衛星テレビ・バージョンといった感じ。司会者にまたまた張大大(チャン・ダーダー)が登場。

最初の『ファースト・ラビット』はSNH48チームNIIじゅうなな(龔詩淇 Gōng Shī Qí ゴン・シーチー あだ名: じゅうなな SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1998/05/05重慶市生まれ
)、ななし(馮薪朵 Féng Xīn Duǒ フォン・シントゥオ あだ名: ななし SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/01/24遼寧省大連市生まれ
)、ローラン(羅蘭 Luó Lán ルオ・ラン あだ名: ローラン SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1991/09/16陝西省宝鶏市生まれ
)、シャオシャオ(何曉玉 Hé Xiǎo Yù ホー・シャオユー あだ名: シャオシャオ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/10/31湖北省生まれ
)、オレンジ(陳問言 Chén Wèn Yán チェン・ウェンイェン あだ名: オレンジ SNH48 Team NII
 SNH48 2.5期生
 1994/01/27広東省生まれ
)、スイスイ(周怡 Zhōu Yí チョウ・イー SNH48 Team NII
 SNH48 5期生
 1993/06/13浙江省生まれ
)の6名。

この『ファースト・ラビット』の部分は、しつこいくらいにSNH48が「中国大型女性アイドルグループ」と宣伝されていて、後から追加した拍手や歓声の演出もうるさいくらいだけれど、これだけしっかりPRしてくれるのはありがたい限り。

その後のクイズの部分は、SNH48チームNII二期生から、シャオス―(林思意 Lín Sī Yì リン・スーイー あだ名: シャオスー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/04/05浙江省温州市生まれ
)、ななし(馮薪朵 Féng Xīn Duǒ フォン・シントゥオ あだ名: ななし SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/01/24遼寧省大連市生まれ
)、シャオシャオ(何曉玉 Hé Xiǎo Yù ホー・シャオユー あだ名: シャオシャオ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/10/31湖北省生まれ
)、じゅうなな(龔詩淇 Gōng Shī Qí ゴン・シーチー あだ名: じゅうなな SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1998/05/05重慶市生まれ
)、チームHII三期生からユーちゃん(劉佩鑫 Liú Pèi Xīn リュウ・ペイシン あだ名: ユーちゃん SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/01/11遼寧省生まれ
)、ナナコ(張昕 Zhāng Xīn チャン・シン あだ名: ナナコ SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1995/10/19広東省生まれ
)の6名。

今後もいろんな番組の出演のチャンスは増えそうで楽しみ。

北京BEJ48中国中央電視台『Global Chinese Music Top 10』2016/10/22放送分に出演

北京BEJ48が中国中央テレビ「Global Chinese Music Top10」2016/10/22放送分に出演した。中国中央テレビ15チャンネル(音楽専門チャンネル)の番組。

番組中に視聴者がネットから投票して、その週の順位が決まる。BEJ48は第1位を獲得した。

司会者は「このグループを聞くとみなさんSNH48のことを思い出すかもしれませんが、この2つのグループには違いがって、あのSNH48は上海、南方のフィーリングですが、こちらのBEJ48は北方のフィーリングです」と紹介している。

つまり番組視聴者がすでにSNH48を知っている前提。中国中央電視台の番組でこういうふうに紹介されるのは、光栄なこと。一定の知名度を獲得しつつあるということになる。

肝心のパフォーマンスは、ちょっと中国語でいう「車禍(交通事故)」気味だった(音をはずしまくっているということ)。

それでも『元気覚醒』のような曲よりも、こういうミドルテンポの聴きやすい楽曲の方が、審査員のウケは良かったようだ。

一人目の長髪の審査員は、「最近この48グループは話題になってますね」と話し始め、「この番組で以前にSNH48が出演した時も思ったのですが、いちばん印象に残るのはファンとの掛け合いですね」と言ってる。

「ただやはりこの番組は音楽がメインなので、しっかり音楽のレッスンをして下さい。やはり歌が重要ですから。でも今の曲は比較的良い曲ですね」とのこと。

二人目の審査員は、「こういうグループの場合は、一人ひとりの個性を出すか、全員がきれいにそろっている共通性を出すか、どちらかですが、みなさんは共通性の方なので、歌をきれいにそろえる必要があります。なのでかなり難しいと思います。でも今の曲はとても良く出来ていました。成功していたと言えるでしょう」という意味のことを言っている。

かなり好意的な評価をしてもらっている。

最後にいーしゃん(段藝璇 Duàn Yì Xuán ドァン・イーシェン あだ名: いーしゃん BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1995/08/19湖南省生まれ
)が第1位のお礼を話した後、司会者が「みなさんお気づきかもしれませんが、彼女たちの膝は傷だらけです。陰で努力していることが見て取れます」と話している。

夢に向かって人知れず努力する的な、とっても好意的な取り上げ方をしてもらって良かった。

上海東方衛星TVの人気番組『金星ショー』で広州GNZ48のグダグダ『私と私の祖国』がメッタ斬りに!

少し前になるが、中国の建国記念日的な国慶節の大型連休のとき、広州GNZ48チームNIIIが『私と私の祖国』(1985年)という中国人ならきっと誰でも知っている歌を、国慶節特別公演でグダグダに歌ってしまった件。

この歌はあくまで祖国を称える歌であって、共産党や社会主義革命の成功を称える歌ではないので、そこだけは誤解のないように。

このブログでは、一般の中国人はじっさいには国慶節といっても、日本人より愛国心がゆるくて、日本人より個人主義的だということの事例として、このグダグダ『私と私の祖国』を取り上げた。

何とその後、SNH48の地元で、SNH48が何度も出演している上海東方衛星テレビで、人気トーク番組の『金星ショー』の質問コーナーで、この広州GNZ48のグダグダ『私と私の祖国』が取り上げられた。

その2016/10/19放送回全編を見たい方はこちらの上海東方衛星テレビ公式チャンネルの『金星ショー』2016/10/19から見られる。

いつもながら金星(男性から女声に性転換した中国の現代舞踏家)のトークは冴えているし、沈南との息もぴったりで面白い。

この放送回から広州GNZ48が登場する部分だけを切り出したのが下の動画。

金星が視聴者からの質問に答えるコーナー。

視聴者からの質問は以下のとおり。

「先日、ある女性グループがライブで『私と私の祖国』を歌いました。その結果歌詞は忘れるし音は外すしで、ネットでは聴き終わった後、この『私と私の祖国』には思わず耳をふさぎたくなったと。金姉さん、このクオリティーの低いパフォーマンスをどう思いますか?」

以下、金星と沈南のやりとりを日本語試訳する。

ちなみにこの男性司会者・沈南はSNH48のリアリティーショー『国民美少女』の司会を担当してもらっていたので、SNH48グループとは浅からぬ関係にある。おそらくこの「女性グループ」が広州GNZ48で、SNH48の姉妹グループということも知っているはずだ。

また、ご承知のように金星も深セン衛星TVの『極速前進』という番組で、SNH48二期生テテちゃん(黃婷婷 Huáng Tíng Tíng フアン・ティンティン あだ名: テテちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/08江蘇省南京市生まれ
)、スリー(孫芮 Sūn Ruì スン・ルェイ あだ名: スリー SNH48 Team SII
 SNH48 2期生
 1995/07/29ハルピン市生まれ
)と共演している他、過去に何度かSNH48との共演がある。


金星「本当にそんなにヒドかったの?」
沈南「見てみて下さい」
金星「じゃあ映像を流して。見てみましょう」

(広州GNZ48の『私と私の祖国』の映像。放送上は星夢劇院の「GNZ48 THEATER」の文字やGNZ48のロゴにぼかしが入っている)

沈南「早く止めて。つらい、泣きたい!」
金星「この沈南くんのような音痴でも耐えられないって。
これは並の音の外し方じゃないわね。
この音の外し方は広州からハルピンまで外れたみたい。

(訳注:ここで金星が「広州」に言及していることから、収録現場ではGNZ48が広州のグループであることを観客も知った上でのコメントと思われる)

沈南「でもいいですよ。調があることはわかりましたから。つらい調です。称して”つらい調”」
金星「あなたたちはアイドルグループとして、定番曲を改編して新たに創作するのはいいわ。
でも練習し終えてから歌ってくれないかしら。
こんな厳粛な曲を笑い話にして歌っちゃダメ。
金姉さんが今から言うことは、お嬢さんたちにはちょっと重いかもしれない。
でもあなたが可愛こぶったり、顔で売ったりしていても
舞台や観客に申し訳が立つようにしなさい。
自分たちが歌う曲にも申し訳が立つようにしなさい。
最低限の敬意を保ちなさい。
そうでないと、ネットの厳しい目で見られるだけじゃなくて
自分たちの名前もダメにしてしまうことになるわよ。」


最後のお説教の部分に、穏やかなBGMがかぶせられているところに、上海東方衛星テレビの制作チームと、金星のSNH48グループに対する、大人としての寛容さが感じられる。

こういうところが、金星がかなりの毒舌家だけれども、テレビの視聴者から愛され、尊敬されている理由だと思う。

ということで、金星姉さんはとってもいい人、というお話でした(なんじゃそりゃ~)