SNH48一期生ダイモン(戴萌)・momo(莫寒)入団4年目の対談

中国動画サイトの一つ「LeTV 楽視」(最近はスマホから自動運転の電気自動車の製造にまで事業を広げている企業)が、SNH48一期生チームSIIダイモン(戴萌 Dài Méng ダイ・モン あだ名: ダイモン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/08上海市生まれ
 画像集
)とmomo(莫寒 Mò Hán モー・ハン あだ名: momo SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/01/07貴州省遵義市生まれ
 画像集
)の初対談動画を制作した。

なぜか場所は北京BEJ48の星夢劇院(北京市朝陽区のユータウン・ショッピングモール)。

字幕をつけている時間がない(というよりその時間があれば他のニュースをお伝えしたい)ので、以下、対談の主な内容だけ日本語試訳する。


ダイモン:一期生が入団してからまだ三年だと思ってたのに、知り合って四年目になるなんて思わなかった。

momo:ここ(SNH48)ではいろいろ消耗したね。

ダイモン:「老いの涙」が流れ出すよ。

momo:四年って、まるでちょっと夢を見てるような感じ。四年も今まで頑張ってきた。

ダイモン:三回も総選挙に参加したし。

momo:あの頃は自分がまるでアイドルになった感覚がなかったみたい。

ダイモン:しかもあの頃は列車で出かけることが多かったよね。高速鉄道で。去年か一昨年、チームSIIのライブツアーで北京にも行って、北京で小さな劇場を借りて、それで高速鉄道で行った。

ダイモン:あの頃、一曲目の『長い光』が「shining shining」って流れ出すと、客席は「ヘイ ヘイ」って、すごく盛り下がってる感じで。

(訳注:SNH48が上演した『恋愛禁止条例』は「条例」という言葉が当局との関係で使えないため「長い光」の中国語訳『永恒之光』という名前の公演で上演された)

ダイモン:『SNH参上』(訳注:原曲タイトルは『AKB参上!』)になると、めったになかったけど、後ろの方でヲタ芸をするファンの人もいたよね。

momo:私が覚えてるのは、あの頃一つ習慣があって、毎回公演が始まる前に舞台後ろの扉の隙間から、観客が何人いるかのぞき見してたの。

二人:そう!!

momo:客席に何人いるか。

ダイモン:あの頃は、立ち席、赤色の席、青色の席があって、青色の席、赤色の席だっけ?とにかく後ろの方は誰もいなくて。

momo:横の方にいて何も気にしないふりをして、「今日は満席?」って聞いて。

ダイモン:そう毎回見てたよね。あの頃は本当にファンの人がほとんど誰もいなくて、応援しにきてくれる人は数人のファンだけで。まだはっきり覚えてるのは、私の応援ボードを二枚、客席で持ち上げてくれてて、すごく得意な気持ちだった。あらら、私は応援ボードがあるのに、みんなのはないね、って。

momo:それで急に思い出したけど、今は空港に行くとファンの人が写真を撮ってくれるよね。ファンの人が私にメッセージをくれて、それを読んですごく辛かったの。そのファンの人は中国ツイッター(新浪微博)で私に@でメンションをくれて、「今はmomo(莫寒 Mò Hán モー・ハン あだ名: momo SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/01/07貴州省遵義市生まれ
 画像集
)に写真をたくさん撮ってあげたい。以前は君のファン撮影写真を探しても見つからなかったから。他の人が撮った写真の中にmomo(莫寒 Mò Hán モー・ハン あだ名: momo SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/01/07貴州省遵義市生まれ
 画像集
)がいないか探すしかなかったから」って。それを読んだときすごく悲しくなった。

ダイモン:前はファンが写真を撮ってくれることも何もなかったから、化粧もしなかったけど、今は

momo:良いイメージを見せなきゃと思って

ダイモン:みんなに毎日元気満々なイメージの私を見せなきゃって思って。それで、今はファンの方も多くなったよね。

momo:だから朝すごく早く起きて化粧しなきゃいけない。

ダイモン:そうそう、あなた今日七時過ぎに起きるって言ったよね。私は六時過ぎには起きてたのに。

momo:もう一つ変わったのは、ファンのみんなとの掛け合いが多くなったこと。以前いちばん怖かったのは、司会者の人に「君たちのファンはどこにいるの?」って聞かれることだった。

ダイモン:そう司会の人が「君たちのファンの歓声を聞かせてくれない?」って。

momo:そしたらシーンって静まり返って。
続きを読む…

SNH48二期生愛ちゃん(易嘉愛)『君色に染まる』踊ってみた&歌ってみた動画

SNH48二期生チームNII愛ちゃん(易嘉愛 Yì Jiā Ài イー・チャーアイ あだ名: あいちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/06/07広東省深セン市生まれ
 画像集
)が、久しぶりに踊ってみた動画をアップしていたのでご紹介。

ポイントは、彼女自身が日本語で「歌ってみた」もやっていること。しかもコーラス部分も一人でハモっている。

たぶんSNH48のレコーディングスタジオか、彼女が通っている深セン大学音楽科の設備を借りて、録音したと思われる。

この『君色に染まる』は、去年2015/12/13に、SNH48一期生チームSII momo(莫寒 Mò Hán モー・ハン あだ名: momo SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/01/07貴州省遵義市生まれ
 画像集
)も踊ってみた動画をアップしている。
続きを読む…

SNH48チームSIIメンバーが「光棍節」DELL中国のゲームPC特売のイメージに登場

SNH48メンバーがいろんなところで、中国の「光棍節(独身の日)」の営業のお仕事をしているので、とてもすべては紹介しきれない。「光棍節」は中国ではバーゲンセール週間みたいなもので、どのネットショップでも特別セールをしているので。

なので思いっきり手を抜いて、SNH48チームSIIメンバーがタイアップしたデルのゲームPCだけ、ご紹介。

左上から、マオマオ(李宇琪 Lǐ Yǔ Qí リ・ユーチー あだ名: マオマオ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/26陝西省西安市生まれ
 画像集
)、momo(莫寒 Mò Hán モー・ハン あだ名: momo SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/01/07貴州省遵義市生まれ
 画像集
)、マネー(錢蓓婷 Qián Bèi Tíng チェン・ベイティン あだ名: マネー SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/05/07上海市生まれ
 画像集
)、ダイモン(戴萌 Dài Méng ダイ・モン あだ名: ダイモン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/08上海市生まれ
 画像集
)、Bちゃん(孔肖吟 Kǒng Xiào Yín コン・シャオイン あだ名: Bちゃん SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/04/11遼寧省瀋陽市生まれ
 画像集
)。

写真を切り貼りしただけの画像だが、一応、中国最大のネットモール「京東」のデル・オンランショップの宣伝になっている。

中国ツイッター(新浪微博)のDELL中国の公式アカウントは、意外にもフォロワー数35.8万とかなり少ないが、ゲームPCの宣伝なので、ヘビーゲーマーのmomo(莫寒 Mò Hán モー・ハン あだ名: momo SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/01/07貴州省遵義市生まれ
 画像集
)メインのクリエイティブは妥当。

SNH48二期生シャオスー(林思意)初の映画出演『食神帰来』、メンバー5名参加のネットドラマ『逆襲之星途璀璨』記者発表

SNH48二期生メンバーは、キクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī チュー・チンイー あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
 画像集
)、シャオス―(林思意 Lín Sī Yì リン・スーイー あだ名: シャオスー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/04/05浙江省温州市生まれ
 画像集
)を代表として、さまざまなネットドラマ、映画の撮影に参加しており、めったに劇場公演に出演できない多忙な日々を送っている。(このブログでは逐一ご紹介していないけれど)

今日2016/10/24、SNH48から5名も出演するネットドラマ『逆襲之星途璀璨 The Counter Attack Star Shine』がクランクインしたらしい。

出品者は興格傳媒、テンセント(騰訊)映業の2社。

SNH48から出演するのは、下の写真の左から、一期生momo(莫寒 Mò Hán モー・ハン あだ名: momo SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1992/01/07貴州省遵義市生まれ
 画像集
)、一期生キキ(許佳琪 Xǔ Jiā Qí シュー・チャーチー あだ名: キキ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/08/27浙江省生まれ
 画像集
)、二期生テテちゃん(黃婷婷 Huáng Tíng Tíng フアン・ティンティン あだ名: テテちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/08江蘇省南京市生まれ
 画像集
)、二期生ユーミー(趙粵 Zhào Yuè チャオ・ユエ あだ名: Akira SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
 画像集
)、二期生カチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
 画像集
)。

カチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
 画像集
)は『貼身校花』につづいてのネットドラマ出演。

監督は二期生キクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī チュー・チンイー あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
 画像集
)が出演していたネットドラマ『九州天空城』と同じ楊磊(ヤン・レイ)。

同監督は北京電影学院の監督科出身で、2014年の抗日戦争テレビドラマ『紅色』全48話が、山東衛星テレビ、北京衛星テレビ、重慶衛星テレビで放送され、比較的好評だったらしい。

YouTubeの再生リストはこちら。

今回の『逆襲之星途璀璨』も、『九州天空城』や『貼身校花』と同じで、最近の中国大陸のいわゆる「IPバブル」の一つといえる作品。

『ワンピース、キャプ翼、テトリス、辞書まで映画化!? 中国第3のバブルの実態』(2016/06/21 NEWSWEEK 高口康太)

つまり、ネット小説やオンラインゲームなど、何でも映像コンテンツ化して、その権利販売で稼ぐビジネスモデル。

『逆襲之星途璀璨』は、「橙光遊戯中心(オレンジライト・ゲームセンター)」という、テキストRPGサイトにある『逆襲之星途(逆襲、スターへの道)』というテキストRPGのシリーズをまとめて、一つのストーリーに改編したものと思われる。

2016/12/21には二期生シャオスー(林思意 Lín Sī Yì リン・スーイー あだ名: シャオスー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/04/05浙江省温州市生まれ
 画像集
)が、彼女としては初めてキャストとして参加する映画『食神帰来』の記者発表会も行われた。

この『食神帰来』も、過去に制作された映像作品の最映像化なので「IPバブル」の一つと言えるかもしれない。

ただ、中国の「IPバブル」でも何でも乗っかって、とにかくSNH48の知名度が上がり、メンバーの活躍の場が広がれば、結果オーライ(笑)。

SNH48メンバーが司会に挑戦、新浪アジア・ニューソング・ランキング授賞式

SNH48チームSIIメンバーが、初めて自分たちのコンサート以外の大会場での司会に挑戦。

中国ツイッターの運営会社で中国インターネット大手「新浪」が2016/09/27に開催した、アジア・ニューソング・ランキング授賞式。

男性人気歌手・華晨宇、女性人気歌手・李宇春の2人が参加しているから、何とか様になっているものの、TFBOYSは本人たちが登場しない、やや低調な授賞式イベント。

↓SNH48登場部分だけを編集した動画がこちら。

SNH48チームSIIの6名は、オープニングで彼女たちの全曲オリジナル公演『心の旅程』から、意外なところでユニット曲『新世界』と、SNH48オリジナル曲『ドリームランド(夢想島)』をパフォーマンス。

その後は男性司会者のサポート役で、最後まで司会を務めた。台本どおりの進行。

SNH48自身も、オリジナル曲『ドリームランド(夢想島)』のMVで、2016年度最優秀グループ賞と、推薦MV賞を受賞した。

ちなみに2016年度海外傑出歌手には、日本から倉木麻衣が選ばれて参加していた。

SNH48メンバーたちにとって、倉木麻衣は第一に子供の頃からよく見ていた『名探偵コナン』の主題歌の歌手なので、プレゼンターとして実はドキドキしていたんじゃないかと思う。

倉木麻衣へのプレゼンターとして登場するとき、SNH48のシャオアイ(陳觀慧 Chén Guān Huì チェン・グァンフェイ あだ名: シャオアイ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/08/28広東省湛江市生まれ
 画像集
)とマネー(錢蓓婷 Qián Bèi Tíng チェン・ベイティン あだ名: マネー SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/05/07上海市生まれ
 画像集
)が黒縁メガネをかけているのは、もちろん名探偵コナンの部分コスプレ(笑)。

このイベントが終わった後、司会をつとめたメンバーはいずれも、まだまだ司会者として足りないところがあるので、努力してもっとうまく出来るようになりたいとツイートしていた。

SNH48グループは一定の知名度をすでに得ているけれど、まだまだ未来に成長の余地を残しているという、ある意味とてもバランスのとれた育成系アイドルのポジションにいると思う。