広州GNZ48チームG全曲オリジナル公演の名曲『Gravity』の歌詞を全力で深読みしてみた

広州GNZ48チームGの全曲オリジナル新公演『双面偶像』から、M15.Gravityの歌詞を日本語試訳。作詞は中国の秋元康(?)こと甘世佳。

例によって甘世佳さんの歌詞はものすごく密度が高い。オンライン生放送の弾幕コメントにも「甘世佳の歌詞は何を言っているのか分からん」と、中国人でさえ書くくらいなので。

いったん日本語試訳してから、長々と解説を付ける。

泥沙做的偶像
一个一个走上
竞技场尘埃飞扬

泥砂で作られた偶像が
一つまた一つ
競技場に上がり 砂埃を巻き上げる

还没学会伪装
迫不及待奔向
欢宴上熙熙攘攘

自分を偽ることを知らぬまま
待ちきれず駆けてゆく
輝かしく賑わう宴へと

回头望万世风光
眼前是广州塔之上
一纵身的下场
别怪我喜欢飞翔

振り返れば永遠の美しい風景
目の前の広州塔の上
身を躍らせ舞台に降り立つ
私のせいじゃない 翔ぶのが好きなの

就当这是最后一趟
让我身体如歌绽放
才不枉 握过的手掌

たとえこれが最後の一回でも
身体を歌のように咲かせよう
握ったあの掌を ムダにしないため

就算随着重力下降
落地之前容我再唱
几万场 这念念不忘

たとえ重力につれて 落ちていっても
着地の前に もっと歌わせて
何万回でも 決して忘れないから

远古那个女王
捏出来的偶像
谁比谁更加高尚都一样

遥か太古のあの女王が
作り出した偶像
誰がより気高いかなど みな同じ

娑罗树影成双
枯荣都是虚妄
要什么华丽伪装

沙羅双樹が二つ影をなし
栄枯盛衰もみな虚妄
ならば何も要らない 華麗さを装うだけ

让天堂换个方向
重力加速度的力量
让我贴地飞翔
等绝唱 不如发光

天国の方向を逆転させ
重力加速度の力を借りて
地を這って翔ぼう
絶唱を待つより 光を放とう

就当这是最后一趟
让我身体如歌绽放
才不枉握过的手掌

たとえこれが最後の一回でも
身体を歌のように咲かせよう
握ったあの掌を ムダにしないため

就算随着重力下降
落地之前容我再唱
几万场这念念不忘

たとえ重力につれて 落ちていっても
着地の前に もっと歌わせて
何万回でも 決して忘れないから

oh oh oh
太念念不忘

決して忘れないから

风雷电的交响
在我耳边回荡 回荡 回荡

風と稲妻が響き合い
私の耳元でくり返しこだまする

谁说这是最后一趟
不要低估梦的重量
这一场 没有人退场

これが最後の一回なんて誰が言ったの
夢の重さを見くびらないで
この一回の舞台からは誰も退場しない

我们逆转重力方向
向着青空呼啸而上
有翅膀 在身后延长

私たちは重力の方向を逆転させ
青空に向かって叫びながら昇ってゆく
背中の翼を大きく広げて

oh oh oh
我喜欢翱翔

私は翔ぶのが好き

oh oh oh
(重力之下天空之上)
我喜欢翱翔
(可曾看见我的翅膀)

(重力の下 大空の上)
私は翔ぶのが好き
(私の翼が見えていたでしょ)

oh oh oh
(重力之下天空之上)
我喜欢翱翔
(可曾看见我的翅膀)

(重力の下 大空の上)
私は翔ぶのが好き
(私の翼が見えていたでしょ)

以上が日本語試訳。

以下は筆者の考えによる、歌詞の解説。

続きを読む…