北京BEJ48、広州GNZ48もAKB48お下がり公演からSNH48オリジナル公演へ移行の流れ

北京BEJ48、広州GNZ48も、AKB48公演からオリジナル公演に少しずつ移行していくようだ。

北京BEJ48チームBは、デビュー以来これまでAKB48の『シアターの女神』公演を上演していたが、2016/09/30で最終日の千秋楽。2016/10/02からは、上海SNH48チームSIIの全曲オリジナル公演『心の旅程』を上演し始める。

北京BEJ48のもう一つの六期生のみからなるチームEは、今のところまだAKB48『パジャマドライブ』公演を上演しているが、SNH48でチームNII『専属派対(僕らだけのパーティー)』以外にチームXの全曲オリジナル公演が完成すれば、そのうち全曲オリジナル公演に移行するだろう。

広州GNZ48チームGも、デビュー以来これまでAKB48の『シアターの女神』公演だったが、2016/10/06で最終日の千秋楽となる。

最近では、上海SNH48、北京BEJ48、広州GNZ48とも、劇場以外のイベントやライブでは、前半はほとんどオリジナル曲になっている。

楽曲面でも少しずつ「元」本部AKB48から離陸しつつある。

そして、SNH48二期生のキクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī チュー・チンイー あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
 画像集
)やカチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
 画像集
)など、単独で活躍できるメンバーが全国放送のテレビ局番組に順調に切り込むことで、北京BEJ48も中国中央テレビへの出演のチャンスも増えている。

「大型女性アイドルグループ」という市場は、中学生以下を中心に、中国ではまだまだ開拓余地のあるブルーオーシャン市場と思われるが、SNH48が地方都市に姉妹グループを結成していくことで、その市場で主要な地位を占めることになるかもしれない。

もう日本のAKB48が中国市場に参入する余地はないと断言していいだろう。

広州GNZ48初の全曲オリジナルEP『あなたの知らない私』全曲音源公開、とってもJ-POPな仕上がり!

広州GNZ48初の全曲オリジナルEP『あなたの知らない私(你所不知道的我)』全曲の音源が公開された。

これまでのSNH48グループのオリジナル曲は、テンセント(騰訊)が運営する音楽サイト「QQ音楽」で公開されるなど、いちおう既存の音楽サイトをプラットフォームに公開されているが、今回は広州GNZ48公式サイトにファイルがポンと置かれているだけというシンプルさ。

もしかすると姉妹グループは独立採算で、お金がないだけかもしれないけれど、http://www.gnz48.com/music/audio/ というフォルダ配下に全曲のWAVEファイル(MP3ファイルでさえない点がぴっくり)が置かれていた。

メイン曲の『あなたの知らない私』も念のためおさらいしておこう。

また日本語訳にいちいち細かく文句を付けられると困るので、カッコ内が日本語試訳。

1. 你所不知道的我(あなたの知らない私)

2. Love 3’40”

3. 近未来 3’52”

4. 做自己的主宰(私は私) 3’53”

5. 這様的我(こんな私) 3’32”

どの曲もJ-POPに耳が慣れた日本人としてはホッと安心できる曲ばかり。「GNZ48ってやっぱりAKB48系グループだよなぁ」と心から実感できる。K-POPのEDM色がまったくないEPって、こんなにスーッと耳に入ってくるんですねぇ。

以下は各曲についての個人的なコメントなので、「曲が短いから文句を言うなんて貧乏性か!」など見当違いなツッコミをツイートしたくなった方は、すぐ別のページをお読みください(笑)。
続きを読む…

広州GNZ48初のオリジナル曲『あなたの知らない私』MVメイキング第四弾がおすすめ

広州GNZ48初のオリジナル曲『あなたの知らない私(你所不知道的我)』MVメイキングの第四弾が、かなりおもしろかったのでご紹介。

このメイキングシリーズ、第一弾から第三弾まではインタビュー集で、中国語がわからないとあまりおもしろくないけれど、この第四弾は見ているだけでけっこう楽しい。

現地ファンの間では、広州GNZ48はルックス(中国語でいう「顔値」)で北京BEJ48に追いつけてないと言われているけれど(?)、日本でいうNMB48的なおもしろさがある気がする。

SNH48第三回総選挙TOP16メンバーが国慶節大型連休に北京、広州、上海の3劇場をライブツアー

SNH48第三回総選挙のTOP16メンバーが、中国の国慶節大型連休中に、北京、広州、上海の3か所の星夢劇院のライブツアーを行うとのこと。

この三大都市は、すでに北京BEJ48、広州GNZ48という姉妹グループができて、SNH48系グループの「地元」。

スケジュールは以下の通り。時間は現地時間。

北京BEJ48星夢劇院:2016/10/04 14:00
広州GNZ48星夢劇院:2016/10/05 16:00
上海SNH48星夢劇院:2016/10/06 19:00

チケットは3公演とも全席すでに売り切れているらしい。

実名制チケットで、入場時に身分証明書提示による本人確認が必要なので、中国ではおなじみのダフ屋がどこまで切り込めるか(笑)。

今回のライブツアーでは、第三回総選挙TOP16のために書かれた新曲『公主披風(プリンセス・ケープ)』も初めてライブパフォーマンスされるとのこと。

『公主披風(プリンセス・ケープ)』は、第三回総選挙TOP16メンバーがスペインでMV撮影していた曲。すでに冒頭30秒が公開されていて、EDM風のポップス。この30秒だけ聴くと「Perfume?」と思ってしまう感じ。

フル音源とMV公開のほうも楽しみ。

あとは、現地ファンに好評なんだかどうだか分からない企画として、第三回総選挙第一位のキクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī チュー・チンイー あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
 画像集
)の等身大人形が、上海、北京、広州の星夢劇院の3か所に設置されるとのこと。

去年の第二回総選挙トップだったSAVOKI(趙嘉敏 Zhào Jiā Mǐn チャオ・チャーミン あだ名: SAVOKI SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1998/07/22広東省深セン市生まれ
 画像集
:現在は退団)も、等身大人形が上海SNH48星夢劇院にずっと展示されていたが、現地ファンの反応は微妙だったらしいので(笑)。

そして、有名画家による第三回総選挙TOP3メンバーの油絵が、上海SNH48星夢劇院で披露されるとのこと。これも現地ファンの反応は微妙になるかも(笑)。

また、TOP16メンバーの「手形」が、北京BEJ48星夢劇院、広州GNZ48星夢劇院に展示されるらしい。これも微妙?

北京、広州のファンにとってはうれしい企画には違いない。

とくに広州GNZ48は、現地ファンの組織化が不十分で、SNH48運営会社としてはまだテコ入れが必要と感じていると思われるので、このライブが後押しになることを期待したい。

SNH48以外の2016年現在活動中の中国女性グループを再生リストにまとめてみた

中国国内の女性グループが玉石混交で乱立状態なのを体感していただくために、再生リストを作ってみた。

ビリビリ動画にあった「女性グループ大混戦!2016年中国女性グループ対決」という動画を参考にして、YouTubeにあった高画質・高音質版でまとめ直している。

通りすがりの人がYouTubeでこの再生リストを見て、SNH48グループを軽視してもらうと困るので、念には念を入れて、SNH48、北京BEJ48、広州GNZ48のオリジナル曲を頭に持ってきている。

その他のグループは、原則としてABC順にならべてある。

明らかに韓国企業がプロデュースして中国でデビューさせている女性グループもあるけれど、とりあえずSNH48グループが中国国内でどういう状況に置かれているか、見てみてください(笑)。

作詞・作曲のクレジットをよく見ると、日本人が参加しているグループもいくつか見つかる。

ASTRO 12の総合企画は、エイベックスの中山邦夫氏でぴっくりした。『ASTRO 12』の作曲も日本人のAkira Sunset。『等你归帰来』の作曲は何とDAISHI DANCEで、さらにびっくり。

ATFは東京のエイベックスのスクールでデビュー前にずっとレッスンしていたので、ある意味、エイベックス系。ちなみに、ATFメンバーの張瑜紋はSNH48二期生に合格したが、デビュー前に辞退。SNH48三期生カメちゃん(徐晗 Xú Hán シュー・ハン あだ名: カメちゃん SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1993/01/15四川省生まれ
 画像集
)の親友。

Idol Schoolは、元モーニング娘。のリンリンがプロデュースに参加している上海のグループ。

専用劇場はなく、まだ劇場は借り物だが、元SNH48スタッフがプロデュース陣の中心メンバー。『卒業歌』は作詞・作曲がリンリン、編曲が前山田健一。ただ、上海SNH48に対抗して、商業主義路線を否定しているので、資金面で専用劇場を持てるかどうか微妙。

1931はご承知のとおり、広州のアイドルグループでAKB48同様、劇場で定期公演を行うスタイル。後発の広州GNZ48にとってはライバル。ちなみに、SNH48三期生チームHIIドゥードゥー(陳怡馨 Chén Yí Xīn チェン・イーシン あだ名: ドゥードゥー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/01/13福建省生まれ
 画像集
)と1931メンバーの陳怡凡は姉妹。

Lunarはこの再生ストの中ではキャリアが長めでSNH48と同等。SNH48と同様に、最近はAKB48スタイルと、K-POPスタイルの両方を試みているようだ。でも『沙塔斯月光』というバラードは、はっきり言って悪くない。

sunshine+(いつの間にかプラスが付いているが)は、純粋に中国人プロデュースだが、「ネタ」グループとして話題になる。ルックスがアレなわりに、MVのセンスが不思議と悪くないので。

CHINGLISHだけ独特のスタイルで、正体不明(笑)。

以下のグループは韓国系のプロデュース。

AOSはSOUL SISTER監修とある。

COSMIC GIRLSは韓国語Verもあるので、K-POPグループ。

IP-Familyは作詞・作曲のクレジットが韓国人。

蜜蜂少女隊も作詞・作曲のクレジットが韓国人。

MISSMASSはひと目見れば韓国人プロデュースと分かる。

UME BANDはプロデュースが韓国人かは分からないが、明らかにK-POPスタイル。

以上、ざっと見てみると、AKB48系のように、専用劇場で定期公演をやっていて、握手会でメンバーとファンの距離が近くて、ファンがメンバーの成長に参加している感覚を持てる、というタイプのグループは、あまり多くない。

運営会社の資本規模や、中国国内での姉妹グループ展開の規模、成長スピードでは、今のところSNH48グループがトップであることは間違いなさそう。