SNH48第二回ファッション大賞の北京BEJ48、広州GNZ48メンバーのランウェイCUT

2016/11/05に開催されたSNH48第二回ファッション大賞から、北京BEJ48メンバーと、広州GNZ48メンバーの部分だけを切り出した動画をご紹介。

↓北京BEJ48

↓広州GNZ48

以下、BEJ48の登場順に。

↓ライチ(李梓 Lǐ Zǐ リー・ツー あだ名: ライチ BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 2000/08/30四川省内江市生まれ


続きを読む…

広州GNZ48星夢劇院ネタ:劇場のグッズ売り場で起こった「重大事件」

SNH48姉妹グループの話題で、最近ネタとして面白かった「事件」をご紹介。広州GNZ48星夢劇院で起こった「重大事件」(笑)。

その事件に巻き込まれた現地ファンの長文ツイートを日本語試訳。


先週水曜日、僕とポイントを購入した人から連絡があって、ポイントが何だか分からないけど引かれているとのこと。ポイントに問題が起こったんだろうと思った。僕に連絡してきた人は当日ポイントを購入したのにすぐに差し引かれたらしい。その時僕は状況を理解できなかったし、ポイントに問題が起こったと思った。なのでその人の分だけ自分で建て替えて返金した。

その後、すぐにGNZの運営会社と連絡をとった。なぜポイントが差し引かれる問題が起こったのか問い合わせた。運営会社の回答は、ファンクラブ会員ポイントに巨大な欠損が出ていることが分かっており、責任者のスタッフ(グッズ売り場の女の子)にすでに連絡をとり、帳簿を確認させようとしたとのこと。

ただ、グッズ売り場の女の子は今日はもう遅いので、翌日出社して帳簿を確認すると行ったが、実際はその子がその後姿を消してしまい、今にいたるまでずっと会社も彼女を見つけられていないとのこと。

販売されたポイントの多くは(SNH48第三回)総選挙期間に発生したものだが、実際には販売されなかったので、グッズ売り場の女の子のところにあるとのこと。総選挙後、もしポイントを購入した人がいたら、僕が劇場に行って貯まっているポイントからその人のアカウントに払い出す。

僕の理解した状況は、グッズ売り場の女の子が自分で貯めこんんだポイントを別の人に販売したので、ポイントを貯めていた人がポイントを使おうとしたとき、グッズ売り場の女の子がニセのポイントデータを偽造し、その偽造部分がみんなのポイントから差し引かれてしまったということ。

この状況を知った後、僕はまずGNZ48運営会社と連絡して、警察に事件として通報するように希望した。でも運営会社は自分自身は実際の損失をこうむっていないので、警察に通報するつもりはないとのこと。

それで僕は個人ですぐに警察に通報することにした。いままで警察に三回通報し、経済犯罪警察にも一度通報した。でも警察はポイントはバーチャル商品で実際の価値はないので立件しないとのこと。

僕はずっと劇場と、警察の両方を行ったり来たりしたけど、個人的にはGNZ48運営会社が、協力して警察に通報する対応をしてほしいと強く願っている。

欠損したポイントから利益を得ようとたくらんだグッズ売り場の女の子は、GNZ48運営会社の従業員で、GNZ48運営会社は自身の管理不行き届きと、従業員の架空帳簿によって生じた損失を、消費者に負担させるべきではない。

個人的に返金したポイントは、以上の状況を理解した後、上海SNH48運営会社がGNZ48運営会社に対して疑わしいポイントとして差し引いたということが分かった。

この部分のポイントは、すでに記帳されて1~2週間経っており、当時の取引には全く問題がなかった。データを偽造したグッズ売り場の女の子以外に、それらのポイントが架空のポイントだと知っている人間はいない。今すぐポイントを偽造したグッズ売り場の女の子を探し出して責任を取らせるべきだ。

以上、間違いない真実を説明した。みんなGNZ48運営会社に確認してもいい。僕はみんなが購入したポイントを差し引かれて怒っている気持ちが、とても理解できる。僕のポイントも差し引かれたので。

GNZ運営会社のポイント管理システムに抜け穴があり、従業員がその抜け穴を利用して損失を生じさせ、僕自身もその被害者だ。僕はずっとGNZ48運営会社に連絡しているけれど、運営は出てきて事件を処理しようという気が全くない。

僕に責任があるなら僕が責任をとるけれど、僕に責任がないことまで責任は負えない。運営会社が僕らといっしょに逃げ出したそのスタッフを探し出してくれるよう希望している。


どうやらその後、GNZ運営会社は経済損失を証明できる資料をそろえて、弁護士に提出し、立件に向けて動き出したらしい。

そして北京BEJ48星夢劇院でも、同じようにポイントデータに異常があるユーザが少数存在することが分かったらしい。

BEJ48星夢劇院(2016年)8月1日から11月1日までの少数のユーザのポイント異常の処理についての告知 (北京BEJ48公式サイト 2016/11/08)

北京BEJ48運営会社は、異常の事実の確認が取れ次第、ポイントを元に戻すとのことで、さすがに広州GNZ48で同様の「事件」が判明した後だけに対応が速い。

ところで広州GNZ48の問題の「グッズ売り場の女の子」だが、どうやら面が割れているらしい。
続きを読む…

広州GNZ48『第三回リクエストアワーに勇敢に挑戦』公演がすばらしすぎた件

広州GNZ48の運営の企画力がすばらしすぎる件。

2016/11/04(金)、11/05(土)と2日連続で、SNH48第三回リクエストアワーBest50挑戦公演。元のタイトルは『Bravery・挑戦B50 主題特殊公演』と、SNH48グループの公演にはめずらしく、ストレートに英単語(「勇気・大胆」の意味)が使われている。

男装公演の予告編動画の中国語・英語2か国語字幕が、言っている内容がまったく違うというネタを、先日ここでご紹介したけれど、広州GNZ48の運営の知的レベルは高そう。

この公演、運営としては、主力メンバーが上海で開催されていたSNH48第二回ファッション大賞に参加して不在なので、通常の公演(チームG全曲オリジナル公演『心の旅程』、チームNIII『僕の太陽』)ができないという現実的な事情があった。

それでも広州のファンを動員するには、ということで、主力メンバーが不在にもかかわらず、ある意味、開き直りだけれど、希望は捨てない「無謀な挑戦」をするというテーマの公演。

ユニット曲は、曲が終わるたびにメンバーがファンに投票を呼びかけるという形式。

以下、ソロ曲だけをピックアップしてご紹介する。いちばんすごかった曲は最後にご紹介。

まず公演曲の広東語バージョンを2曲。SNH48がすでに中国語で上演していたものを広東語で歌っている。

やっぱり広州の現地ファンにとって広東語は特別な意味をもっているんだなぁ、と感じさせる。

↓チームNIIIちんゆー(陳欣妤 Chén Xīn Yú チェン・シンユー あだ名: ちんゆー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1999/06/05台湾生まれ
)『ロマンスかくれんぼ』広東語版

↓チームNIIIシャオシー(馮嘉希 Féng Jiā Xī フォン・チャーシー あだ名: シャオシー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/06/04広東省生まれ
)『木偶(あやつり人形)』標準語・広東語ミックス版

『木偶』はSNH48チームNII全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』のソロ曲で、チームNIIではカチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)が本物のロリータ・ファッションを衣装として歌う。
続きを読む…

広州GNZ48チームG カレー(杜雨微)中世貴族版『木偶(あやつり人形)』が秀逸

最近、広州GNZ48の運営がとっても良心的だとしみじみ感じる。

今日2016/11/04(金)の広州GNZ48公演は、目指せSNH48第三回リクエストアワーBEST50というタイトルで、GNZ48メンバーがいろいろなユニット曲や全員曲をメドレー形式で披露するという、かなり贅沢な企画だった。

AKB48楽曲も、SNH48オリジナル曲も含めて、なぜか冒頭のOvertureでメンバーが舞台に登場してヲタ芸をするといういきなり最初からぶっ飛んだ公演。

見どころは山ほどあるので、公園全体の動画がYouTubeのBEJ48 GNZ48チャンネル(もちろん非公式)にアップされたら、ぜひご覧あれ。

その中から、そうか!こういうのもアリか!と思ったのが、広州GNZ48チームGのカレー(杜雨微 Dù Yǔ Wēi ドゥー・ユーウェイ あだ名: カレー GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/03/17山東省生まれ
)が歌ったソロ曲『あやつり人形(木偶)』

もちろん元はSNH48チームNIIの全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』の中の、二期生カチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)が作詞を担当したソロ曲。

カチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)は原宿のロリータ・ファッションブランドBABYの本物のロリータ・ファッションを着て、可愛らしい少女の人形の人知れぬ孤独、という設定で歌っている。

それを広州GNZ48チームGのカレー(杜雨微 Dù Yǔ Wēi ドゥー・ユーウェイ あだ名: カレー GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/03/17山東省生まれ
)は、中世ヨーロッパの貴族婦人のコスチュームで、成熟した高貴さと冷たさで歌っている。それでいて澄んだ高音の歌声とのギャップがまた意外。扇子をさっと広げる振り付けは優雅で決っている。

ちょっとドレスの胸元が開きすぎで目のやり場に困るけれど、こういう全くイメージの違うバージョンを演出できるのも、広州GNZ48スタッフの優秀さだと思う。

ちなみにカレー(杜雨微 Dù Yǔ Wēi ドゥー・ユーウェイ あだ名: カレー GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/03/17山東省生まれ
)は1999/03生まれの17歳。カチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)は1995/12生まれの20歳。

↓こちらはSNH48チームNII二期生ナナちゃん(萬麗娜 Wàn Lì Nà ワン・リナ あだ名: ナナちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1997/10/02江西省九江市生まれ
)生誕祭で、特別にデュエットとして歌われた『あやつり人形(木偶)』。カチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
)とナナちゃん(萬麗娜 Wàn Lì Nà ワン・リナ あだ名: ナナちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1997/10/02江西省九江市生まれ

早くもSNH48八期生、北京BEJ48・広州GNZ48・瀋陽SHY48の二期生募集開始(応募期間:2016/11/01~2017/02/04)

SNH48運営が早くも、今日2016/11/01(火)から2018/02/04までの期間で、SNH48八期生、北京BEJ48二期生、広州GNZ48二期生、そして瀋陽SHY48二期生募集を開始とのこと。

瀋陽SHY48にいたっては、一期生や専用劇場のお披露目さえまだなのに、テンポが速い。

SNH48公式サイトの応募要項の頁はこちら

「全世界の範囲で強力に新メンバーを合同募集!」とあるが、たしかに中国人はおそらく日本人よりも全世界のあちこちの国で生活しているだろうから、大げさじゃないのかもしれない。

募集条件は今までと同じ。13~22歳までの夢を持っている女性(優秀者は条件を緩和)。いかなるマネジメント会社とも契約しておらず、SNH48グループと専属契約できること。

この募集ページでちょっと興味深かったのは、各グループの生活センターの写真。

まず北京BEJ48。

↓ロビーっぽい。

↓このピンク色の居室は『青春肩並肩』のMVにも登場していた。これで落ち着いて眠れるのか心配(笑)。

↓玄関っぽい。

つぎに広州GNZ48。

↓ダイエットのためのトレッドミル(笑)。

↓清潔感のある食堂。

↓これ全部が広州GNZ48の生活センターではなく、一部分だけ。そのため、最近とあるファンが建物の中を通って生活センターへの侵入に成功したとかしないとか。

次に瀋陽SHY48。

↓まだホテル住まいってこと?これが本当に生活センターだとすると、いちばん生活臭がない。

↓なんだかホテルっぽい。

↓これもホテルの会議室っぽい。

最後はすでにおなじみのSNH48の生活センター。

↓ダンスレッスン室。いろんな映像で何度も見ている。

↓玄関もいろんな映像に登場している。

↓SNH48初期の、メンバーの部屋に突入!シリーズ動画がなつかしい。

以上。