SNH48関連音源:『コードXII』公演より『彼女と彼女』『未来の私たちへ』、CCソロ版『Burning Up』

SNH48関連の音源を3つご紹介。

まずSNH48チームXIIの全曲オリジナル公演『コードXII(代号XII)』から2曲。

音楽プロデューサーの滕少さんが、この公演についてネガティブなコメントを多く受けたので、音源を聴いて欲しいと思って公開したのかもしれない。

↓デュエット曲『她和她 彼女と彼女』

アキちゃん(劉增艶 Liú Zēng Yàn リョウ・ツォンイェン あだ名: あきちゃん SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1996/08/31四川省生まれ
)、陳音 Chén Yīn チェン・イン あだ名: インバオ SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1999/12/05上海市生まれ
(チェン・イン)のデュエット。

↓公演最後の曲『未来の私たちへ(給未来的我們)』

この最後の曲『未来の私たちへ』は冒頭に入っている音が鳥が羽ばたく音なのかよく分からなかったが、滕少さんによれば鳩を放して飛び立ったときの音らしい。

たしかにイントロの冒頭から鳩の鳴き声も入っている。こういうちゃんとした音源で聴かないと分からない。

そして次の音源はSNH48一期生チームSIIの「歌姫」CC(徐晨辰 Xú Chén Chén シュー・チェンチェン あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
)から新年のプレゼント。

EP『Happy Wonder World』収録のチームSII曲『Burning Up』CC(徐晨辰 Xú Chén Chén シュー・チェンチェン あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
)ソロバージョン。

EP『Happy Wonder World』収録のチームSII曲『Burning Up』オリジナル版はこちら。

やっぱりCC(徐晨辰 Xú Chén Chén シュー・チェンチェン あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
)が歌うと、この曲が本来持っているパワーが全開になる。

SNH48関連動画を気まぐれにご紹介、最後まで読む前に何かに気づくはず

SNH48と姉妹グループ北京BEJ48、広州GNZ48関連の動画をいくつかご紹介。

まずメンバーの自作曲を2曲。

↓SNH48二期生チームNII愛ちゃん(易嘉愛 Yì Jiā Ài イー・チャーアイ あだ名: あいちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/06/07広東省深セン市生まれ
)『君の悩みじゃないと思わないで』

これは彼女からファンへのクリスマスプレゼントに2016/12/25にアップされた。『別以為不是你的煩悩』というタイトルを直訳すると上のようになるが、筆者の中国語力不足でニュアンスがよく理解できない。

ウクレレで少し跳ねたリズムのこの種の曲は、他のメンバーではカメちゃん(徐晗 Xú Hán シュー・ハン あだ名: カメちゃん SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1993/01/15四川省生まれ
)も以前に自作曲を中国ツイッター(新浪微博)にツイートしていた覚えがある。ただ愛ちゃん(易嘉愛 Yì Jiā Ài イー・チャーアイ あだ名: あいちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/06/07広東省深セン市生まれ
)のこの曲はサビが良い。何より彼女の歌が上手い。

コード進行についてはいろいろ言いたいことがあるけれど、また別の日に

そしてSNH48五期生ハムスター(嚴佼君 Yán Jiǎo Jūn イェン・チャオチュン あだ名: ハムスター(小倉鼠) SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1995/04/29湖北省生まれ
)も自作曲をツイートしていた。
続きを読む…

SNH48一期生の歌姫CC(徐晨辰)が精密検査で心筋炎の診断、しばらく入院で治療に専念

SNH48メンバーの病気の記事ばかり書いていると、なんだかSNH48メンバーの疾病率が異常に高い感じがするけれど、決してそんなことはないので、誤解のないようお願いします(汗)。

SNH48一期生チームSIIの「歌姫」で、R&Bを歌わせたら、今でもSNH48グループの中でトップのCC(徐晨辰 Xú Chén Chén シュー・チェンチェン あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
)。

ずっと体調不良で公演をお休みしているが、新しい病気が見つかったらしい。しかもかなり重症の。


CC(徐晨辰 Xú Chén Chén シュー・チェンチェン あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
「親愛なるみなさん、今日事前にみなさんに準備しておいたツイートはできなくなった…今日点滴を打った後、精密検査をうけることに決めた。そしたら大C(徐晨辰 Xú Chén Chén シュー・チェンチェン あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
の現地でのあだ名)は扁桃腺炎だけじゃなくて、心筋炎もあることがわかった。入院してずっと経過観察する必要があるって。お医者さんによれば、しばらくはベッドと車いすだけで生活するようにって…病状がかなり重いことが急に分かった。しばらくしたらいろんな医療器具を付けるので、スマホを見ることもできなくなる…病気が長引いてるから新しい写真もないし、病院のベッドでいろんな医療器具をツイートしてみんなを心配させたくないし。回復するようにがんばる」

心筋炎は文字どおり心臓の筋肉の炎症で、Wikipediaによると、特徴的な症状がないだけに、発見が難しいらしい。最悪の場合、生命にかかわることもあるらしいので、とにかくしっかりと治療をうけて、時間をかけて治して欲しい。

SNH48ドキュメンタリー番組が上海SMG傘下のドキュメンタリー専門チャンネルで放送

SNH48の地元上海のメディアグループSMG傘下のドキュメンタリー専門チャンネルで、SNH48のドキュメンタリーが放送されたらしい。その番組『明日よこんにちは』をご紹介。

ちなみにSNH48がデビュー当時からたびたび出演している、上海東方衛星テレビもSMG(Shanghai Media Group)傘下、今年初めに放送された『国民美少女』企画も、SMGとの提携制作。

番組タイトルは、中国の男女デュオ・ミルクコーヒー(牛奶咖啡組合)の曲『明日よこんにちは(明天,你好)』がテーマソングになっていることから。

取り上げられているのは、SNH48チームNII二期生じゅうなな(龔詩淇 Gōng Shī Qí ゴン・シーチー あだ名: じゅうなな SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1998/05/05重慶市生まれ
)、同エディン(陳佳瑩 Chén Jiā Yíng チェン・チャーイン あだ名: エディン SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1993/07/12上海市生まれ
)と、チームSII一期生のCC(徐晨辰 Xú Chén Chén シュー・チェンチェン あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
)。

じゅうなな(龔詩淇 Gōng Shī Qí ゴン・シーチー あだ名: じゅうなな SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1998/05/05重慶市生まれ
)については、来年の大学入試を控えて、学業と芸能活動の両立のプレッシャーに耐えながらSNH48の活動をつづける姿。

エディン(陳佳瑩 Chén Jiā Yíng チェン・チャーイン あだ名: エディン SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1993/07/12上海市生まれ
)については、家族がいまだに完全に賛成しているわけではない中で、「本職」の看護師の仕事と、SNH48の活動を両立させている様子。

CC(徐晨辰 Xú Chén Chén シュー・チェンチェン あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
)については、グループ最年長、2000年代生まれのメンバーも入団する中で、高校時代の友人が結婚したり、子供を持ったりする生活と、自分のアイドルグループのメンバーとしての生活が、少しずつ離れていくことへの不安と、やはりSNH48の活動を続けたいという思いの葛藤。

家族が直接登場するのは、上海在住のエディン(陳佳瑩 Chén Jiā Yíng チェン・チャーイン あだ名: エディン SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1993/07/12上海市生まれ
)だけだが、彼女が実家で両親とどんな関係にあるかが、日常会話からリアルに見て取れる部分が、この番組のいちばんの見どころだと思った。

エディンのお母さんの上海なまりが強すぎて、字幕がないと、何を言っているのか全く分からないけれど(笑)。

SNH48チームSII一期生の「歌姫」CC(徐晨辰)心の声

上海SNH48チームSII一期生の「歌姫」CC(徐晨辰 Xú Chén Chén シュー・チェンチェン あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
)が、めずらしく中国ツイッター(新浪微博)でお怒りの様子。

相当しつこくダイレクトメッセージで「年なんだからさっさと卒業しろ」と言われるらしい。ひどい話。まだ26歳なのに。しかもSNH48チームSII初の全曲オリジナル公演では、ソロ曲『落下傘』を歌うR&B系実力派シンガー。

上海SNH48、北京BEJ48、広州GNZ48。最年少メンバーが13歳、最年長が26歳で何か問題でも?

こうなったらSNH48運営会社の8年しばりの契約どおり、32歳までアイドルとしてSNH48の舞台で歌い続けて、AKB48グループ全体で初の30歳オーバーアイドルの歴史を作ってみたらどうだろう。

SNH48ならできそうな気がする。

ちなみに彼女CC(徐晨辰 Xú Chén Chén シュー・チェンチェン あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ
)は、日本のミステリー作家・東野圭吾の大ファン。


SNH48 徐晨辰 Xú Chén Chén シュー・チェンチェン あだ名: CC SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1990/06/20江蘇省南京市生まれ

ずっと以前から、いつも私にダイレクトメッセージを送って、いろんなところで私の顔のレベルが低いとか言ってくる人~

いいよ。握手会へようこそ。私がブスだと罵りたいなら、面と向かって罵ってくれていいよ。いつも文句を付けてきたり、ダイレクトメールなんて送ってくれなくても。

特に総選挙の期間、私に退団を勧めたり、ファンの足手まといになっているとか、マイナスの話ばかりして来て(私はダイレクトメッセージを読むよ。だって私を応援してくれる声もたくさんあるから)。

しかも私には投票しないとか、私は以前こういう人にかまう必要はないと思ってた。もともと平和主義者だし、自分で歯を食いしばって努力すればいいんだと思っているから。

でも今になってこれってクレーマー社会だって気づいた。外の風評が私の発展にまで影響してしまう…こんなんじゃ見てられないでしょ?

ずっと言わずに耐えてたけど、そうしたらもっと付け上がるよね?本当に、私の人生は、自分で決めることで、あなたにあれこれ批判される必要はないの。

いつも『私は歌手 道場破り』や、『国民美少女』、『中韓コンサート』といった番組に参加して、自分を表現するたびに、いつもリハーサルの時、こっそり光り輝く舞台を仰ぎ見て、黙って自分に言い聞かせているの。

よかった。私はまだここにいるって。

私の歌についてふり返って見れば、三年待って、ようやくこの一年、『私は歌手 道場破り』に参加した。

他のメンバーがいつもたくさんの番組に出演しているのを見て、私たちのスタッフは私に応募のチャンスを努力して取ってきて下さって、みんなが私に投票してくれた一票一票が、初めてソロでパフォーマンスするチャンスを与えてくれた(訳注:SNH48第一回紅白歌合戦で『泣きながら微笑んで』をソロで歌ったことを指す)。こんなにたくさん、得難いチャンスを下さった。

舞台に立って、自分の呼吸が番組の効果音の心臓の音よりも速くなっているのを聴いて、私の本当の思いは、SNH48と私たちのファンの皆のためにも勝たなきゃいけない、恥をかかせちゃいけない!ということ。

審査員の疑義に対してもずっと黙っていた私だけれど、あえて反論することを選んだ。私は自分が体系的な訓練や十分に正確なレッスンを受けていないことは分かっている。

経験がないことも、心理的な強さも十分でないことも分かっている。完全に自分の能力を発揮できていないことも、もっと良く出来るはずだということも分かっている。

でもあの経験は本当に私にとって最も素晴らしくて、最も忘れがたいものだった。

今にいたるまで、以前と変わらずにしっかり歩んで行って、生歌にこだわって、自分自身にこだわり続けている。

私って、実はそんなに強くないんだよ!私だって人の子なんだから、いつも泣いたり笑ったり。愛したり恨んだり。

私を愛してくれるファンのために努力して、ファンのために言い争いはしなかった。自分の心の中に押し込めた方がいいと思って。でも今日は私の心の声を正直に言わせてね。

大学を卒業してそのままこのグループに入って、本職を捨てたからには、自分のやるべきことは何かって考えた。

いつも心の中で思うことは、絶えず自分には何が欠けているか自問して、自信を持たなきゃと自分に言い聞かせて、注意深く自分の心のバランスを保つこと。

最初から疑いの意見はもらっていたけど、見てないふりをして、自分自身に大丈夫だと言い聞かせてきた。

22歳で、もう年だと言う人もいた。23歳になっても、もう年だと言う人がいた。24歳になったら、卒業すべきだと言う人がいた。25際になったら、もう希望はないと言う人がいた。

26歳になって、早く退団しろ、全く前途はない、と言う人がいる。永遠に年齢の問題の矛先を私に向けてくる。

じゃあ教えてよ。私の退路はどこにあるの?私がどこへ退けば、あなたたちは満足するの?