AKB48第9回総選挙は中国国内でテンセント動画が独占放送権を購入して放送、その結果は?

上海SNH48グループのメンバーたちも当然、昨日2017/06/17(土)のAKB48第9回総選挙に注目していたので、その話題を。

今年は、中国国内でAKB48総選挙の独占生中継の権利を購入したのは、テンセント動画(騰訊視頻)だった。

テンセント動画 AKB48第9回総選挙生放送ページ

中国国外から見られないように視聴制限がかかっていたが、海外の中国人AKB48ファンの中には、VPNで「逆・壁越え」して視聴していた人もいたようだ。

そして筆者の事前の予測どおり、といっても対して難しい予測ではないのだが、違法ミラー放送(正規配信の画面キャプチャーをそのまま生放送すること)をしているユーザがいた。

ゲーム生放送サイトの「闘魚」や、セクシーなお姉さんの生放送で有名な(笑)「花椒直播」などで、じっさいには中国国外からも見ることが出来たらしい。

中国にニコニコ動画のクローンで「ビリビリ動画」というサイトがあるのだが、そこの違法ミラー放送はサイト管理会社が速攻で封鎖していた。ビリビリ動画くらい大手企業になると、版権の管理も厳格なようだ。

上海SNH48グループは、当然AKB48のファンで入団したメンバーが多い。

初期メンバーの上海SNH48一期生から三期生くらいまでは、かなりの割合がAKB48と日本のマンガ・アニメが好きでSNH48に入団している。

SNH48三期生でチームHIIの人気メンバー、モンスター(劉炅然 Liú Jiǒng Rán( リュウ・チョンラン) あだ名: 怪獣 SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1994/09/02山東省生まれ
)は、お父さんがAKB48ファンで娘がSNH48に入団するのを大歓迎していた、というのはSNH48ファンの間では有名な話。

最近個人的にフォローし始めた、広州GNZ48チームNIIIキャプテンのミッフィー(劉力菲 Liú Lì Fēi( リョウ・リーフェイ) あだ名: ミッフィー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1995/10/30四川省生まれ
)は、SNH48六期生から広州への移籍組だが、昨日、SNH48公式アプリの生放送で総選挙について話していた。

渡辺麻友さんが卒業を正式に発表したのを悲しんでいて、まじめな表情で、プチプチをつぶしながら(笑)つぎのように話していた。

元神7の時代はもう完全になくなってしまった、あの頃の神7はほんとうにすごかった。前田敦子さんや大島優子さんがいたころのAKB48の、第一回、第二回総選挙のあの緊張感は、いまは完全になくなってしまった。

第四回総選挙のとき、篠田麻里子さんが言った言葉が印象に残っていて、たくさんの人が新人に席を譲れというけれど、そうしないと成長できないメンバーはAKB48にふさわしくない、私をつぶしに来て下さい、だいたいそういう意味のことを言っていた。

その言葉がすごく勉強になって、これこそアイドルグループがとるべき姿勢だと思った。

彼女自身が広州GNZ48チームNIII全曲オリジナル公演『第一人称』が終わった後の生放送で、髪の毛がボサボサ(笑)。ただ、この翌日2017/06/18(日)がSNH48第四回総選挙の速報の日ということで、彼女自身、微妙な気持ちだったに違いない。ちなみに彼女はモーニング娘。もフォローするほどの、日本の女性アイドルグループファン。

で、今回のAKB48総選挙生放送前にひとつ面白いことがあった。

中国国内の独占放送権を購入したテンセント動画のスタッフが、中国2ちゃんねるのAKB48関連掲示板に降臨して宣伝のスレッドを立てたのだ。
続きを読む…

AKB48が心底好きでSNH48入団の「初心」を忘れないメンバーが報われないSNH48運営方針

上海SNH48の運営がK-POPスタイルの新派生チーム「7 SENSES」を大々的にプッシュする中、AKB48が大好きでSNH48に入団した「初心」を忘れていないメンバーもいる。

SNH48チームXIIゆーゆー(潘瑛琪 Pān Yīng Qí( パン・インチー) あだ名: ユーユー(羽羽) SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1998/09/27上海市生まれ
)の2017/04/16(日)のPocket48生放送。Pocket48はSNH48運営開発のスマホアプリで、メンバーがいつでも生放送でファンとつながれる仕組みになっている。

AKB48の国立競技場のコンサート映像を見ながら、3時間にわたって一人で延々と踊り続けている。

この生放送をやって、ファンからの仮想応援アイテムで多少のお金は入るけれど、3時間踊り続けるに見合う金額では全くない。

要するに、こんなにAKB48が大好きで、AKB48に憧れてSNH48に入団したメンバーがいるということ。

本当はそれがSNH48にとって最大の強みのはずだが、ゆーゆー(潘瑛琪 Pān Yīng Qí( パン・インチー) あだ名: ユーユー(羽羽) SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1998/09/27上海市生まれ
)のようなメンバーにSNH48運営会社がリソースを与えることはない。

彼女はSNH48チームXIIの周縁メンバーでしかない。

広州GNZ48元宵節特別公演、瀋陽SHY48バレンタイン特別公演はAKB48愛でいっぱい

SNH48グループの先週末は、中国旧正月十五日の「元宵節」をお祝いする特別公演と、バレンタイン特別公演で、ふだんの定期公演にはない楽曲や、いろんな特別コーナーがあった。

コントや漫才は中国語が聞き取れないと面白くないので、見ただけで分かるものを動画でご紹介。

と、言いながらまず上海SNH48チームSIIチュエチュエ(成珏 Chéng Jué( チャン・チュエ) あだ名: チュエチュエ SNH48 Team SII
 SNH48 6期生
 1997/01/03上海生まれ
)生誕祭のMCコーナー

MC3のコーナーがなぜか2倍速ダンスコーナーに(笑)。MCのお題が公演のダンスを倍速で、という内容だったので、最初はメンバーが自分で倍速にして踊ってみていた。

ところが調整室のスタッフが、ほんとうに倍速で曲を流し始めたから、さあ大変、という流れ。

SNH48チームSIIのMCは、SNH48チームNIIのMCが純粋な「話芸」なのと違って、言葉がわからなくても動きで笑えるものがよくあるので、中国人でなくても楽しめる。

次は、やはり元宵節もバレンタインも関係なく、はるか(熊心瑤 Xióng Xīn Yáo( ション・シンヤオ) あだ名: はるか GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/01/19重慶市生まれ
)生誕祭から、彼女自身の特別コーナーでAKB48楽曲ダンスメドレー。

踊っている曲は以下の6曲。息を切らしてでも踊りたい大好きな曲に違いない。

続きを読む…

AKB48関連:渡辺麻友インタビュー記事、中国共産党機関紙のAKB48記事、2016/12/21(水)一部メンバー訪中

AKB48が申し訳程度に中国メディアに露出しているのでご紹介。

中国三大ネット企業テンセントのエンタメニュースサイトのこちらの渡辺麻友インタビュー記事。なぜか2016/12/16 11:31という今ごろになって、2016/12/09に行ったインタビューが掲載されている。

内容を読むとインタビュアーは明らかにAKB48ファン。そうでなければ『AKBラブナイト 恋工場』という今年放送のテレビドラマを知っているはずがない。

そして渡辺麻友がちょくちょく中国に来るかどうかは、はっきりしないらしい。宮澤佐江、鈴木まりやを見ていれば、中国の定期公演に出られないことは分かっている。

せっかくなので全文を日本語試訳しておく。元記事の画面キャプチャはこちら

12月某日の午後、上海のヒマラヤセンター人ごみにびっしりと取り囲まれた、それは日本の神クラスの女性グループ、AKB48の三名のメンバーが代表として訪れ、今回の上海でのファンミーティングで、業界内では”AKB48中国正式デビュー”と言われていることを発表したためだ。
続きを読む…

AKB48上海2016/12/10記者発表後の中国ネットでの検索回数

2016/12/10(土)AKB48上海記者発表が現地にどれくらいインパクトがあったか「百度指数」で調べてみた。

「百度指数」はグーグルで言えば「グーグルトレンド」。あるキーワードが何回検索されたかを指標化したもの。

キーワード「AKB48」と「SNH48」を比較してみた。

2016/11/13~2016/12/12(中国全国)がこちら。

緑色が「SNH48」、青色が「AKB48」。カーソルを2016/12/10に当ててみたがその差は歴然。

「AKB48」はその後の検索回数も伸びていないという悲惨な結果。

では、もっとさかのぼって見よう。
続きを読む…