上海SNH48派生チーム7SENSES初の海外ライブ「STHLM World Music Festival 2017」が丸ごと中止に

上海SNH48のK-POPスタイル派生チーム「7SENSES」が、初の海外ライブということで、スウェーデン・ストックホルムで開催の「STHLM World Music Festival 2017」に参加する予定だった。

ところが2017/07/18にこのコンサートが急遽キャンセルになった。はっきりした理由も書かれていない。

STHLM World Music Festival 2017キャンセルの記事

画面ショットは下図。

チケットは払い戻しされるようだが、やや心配なのはSNH48運営会社がこのコンサートに参加するために、おそらく支払ったであろう金額が戻って来るかどうか。

ふつうに考えて、中国と一部のアジアの国のごく一部の人しか知らない「7SENSES」を、主催者側が招待したはずがなく、SNH48運営会社がプロモーションのための費用を支払っているはず。

日本から参加する予定だったデュオFEMMの公式サイトには、海外のライブのためか、まだキャンセルの告知がない。

SNH48運営会社は海外初のライブをするなら、自力で小さなライブハウスをおさえて、低予算でも確実に実行するのが良いのではないか。

いきなり欧米ではなく、まずは韓国から、というのが妥当な線だと思うのだが。

上海SNH48の派生チーム「7SENSES」2017/09/09開催のスウェーデン野外コンサートに参加、初の海外ライブ

上海SNH48のK-POPスタイル派生チーム「7SENSES」が、2017/09/09スウェーデン・ストックホルム、ヤーデルの屋外競技場で開催される「STHLM World Music Festival」に参加するらしい。

初の海外でのパフォーマンスということで、現地ファンは期待している。

ただ、2017/06/28のスウェーデンの野外フェス「Bråvalla」で性犯罪が多発し、2018年の同フェスが中止されるというニュースが中国にやや誇張されて伝わっているので、SNH48メンバーのことをやたらと心配するコメントが多い。

STHLM WORLD MUSIC FESTIVAL公式サイトはこちら

STHLM WORLD MUSIC FESTIVAL公式Facebookはこちら

7SENSESの参加が発表されたのは2017/06/22で、日本のFEMMというインディーズの女性デュオと同時(申し訳ないがFEMMというデュオは初耳だった)。

参加アーティストはいずれもインディーズっぽくて、現時点でまだ7組しか決まっていない。グーグルで検索してみたが、過去の開催実績が見つからなかった。スウェーデン語の情報しかないのかもしれない。

タイトル通りいわゆるワールドミュージックの野外コンサートらしい。

現時点で決まっている参加アーティストは、7SENSES、FEMM以外は下記のとおり。筆者は7SENSES以外、まったく知らない。

Tiwa Savage(ナイジェリア) 1980/02/05生まれ。Sony/ATV Music
Ramy Essam(エジプト) 1987生まれ。インディーズ。「アラブの春」で逮捕・拷問を受けスウェーデンに移住。
Yacko(インドネシア) 1979/10/10生まれ。ラッパー。EMI Music Indonesia
Kanyi Mavi(南アフリカ) インディーズ。
Falakumbe(ペルー) インディーズ。

会場のあるストックホルム、ヤーデルの位置はこんな感じ。(中国語ですみません)

じっさいの会場、ヤーデル・スポーツフィールド(Gärdets sportfält)は、ふだんはこんな場所。

コンサート会場が設営されると、こんな感じになるらしい。

7SENSESの国際化路線はいいのだが、個人的には、ほんとうに国際化したいなら英語で歌うべきだと思う。

SNH48第四回総選挙PR映像が中国全土の電車・バスで放映、韓国化粧品ポニーエフェクトとタイアップ

SNH48関連のニュースを2つ。

中国中央電視台(CCTV)の移動メディアチャンネルで、SNH48グループ第四回総選挙のPR映像が一斉に放送されている。

もちろん中国全土の電車やバスで放送されているということ。

↓こちらはSNH48の中国ツイッター(新浪微博)公式アカウント

コメント欄で、学業のため四川省成都に帰っている、広州GNZ48チームNIIIトラちゃん(孫馨 Sūn Xīng( スン・シン) あだ名: トラちゃん GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 2000/02/27江蘇省南京市大廠区生まれ
)が、バスの中で見たと書いている。

以前にもSNH48のコンテンツが電車やバスのモニターで放送されたことはあるが、今回SNH48グループ第四回総選挙の始動式で、CCTV移動メディアチャンネルがスポンサーになっていたが、その流れと思われる。

次に、SNH48のK-POPスタイルの派生チーム「7 SENSES」が韓国化粧品ブランド「PONY EFFECT(ポニーエフェクト)」のイメージキャラクターになっている。

↓こちらはPONYEFFECTの中国ツイッター(新浪微博)公式アカウント

ご紹介するのが遅れてしまったが、少し前からすでに7SENSESメンバー出演のプロモーションビデオがオンライン公開されている。

上の公式アカウントのツイートで添付画像を見るとわかるが、主婦の友社のファッション誌『mina』中国語版とのタイアップにもなっていて、『mina』の中国ツイッター(新浪微博)公式アカウントでもツイートされている。

『mina』公式アカウントのフォロワーは約770万人なので、これだけでも相当な露出だ。

上海SNH48の「国際化」派生チーム 7SENSESドキュメンタリー再生リスト

上海SNH48のK-POPスタイルの派生チーム「7SENSES」のドキュメンタリー「LUCKY SEVEN BABY」が、その後もつづけてリリースされているので、再生リストにまとめてみた。

いずれもSNH48のYouTube公式チャンネルから。

英語字幕をつけたり、「国際化」のキャッチフレーズのとおり頑張っている。日本語字幕は当然、ない。

この派生チームについては心配なので、書きたいことは山ほどあるけれど、ノーコメントで。

広州GNZ48メンバーが7SENSES『Girl Crush』レッスン室Ver動画を作ってみた

広州GNZ48チームGのCK(陳珂 Chén Kē( チェン・コー) あだ名: CK GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/08/09湖南省生まれ
)が、GNZ48メンバーといっしょに7SENSES『Girl Crush』のレッスン室バージョンの動画を撮影してアップしていたのでご紹介。

CK(陳珂 Chén Kē( チェン・コー) あだ名: CK GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/08/09湖南省生まれ
)のメンバー選定が興味深い。

すっぴんで私服なので誰だか全くわからないが、左から以下のメンバー。

チームG だんご(陳雨琪 Chén Yǔ Qí( チェン・ユーチー) あだ名: だんご GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 2000/12/16湖南省生まれ
):CK(陳珂 Chén Kē( チェン・コー) あだ名: CK GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/08/09湖南省生まれ
)と同じくSNH48五期生からの移籍組
チームG CK(陳珂 Chén Kē( チェン・コー) あだ名: CK GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/08/09湖南省生まれ
)本人
チームZ チーメイ(劉嘉怡 Liú Jiā Yí( リョウ・チャーイー) あだ名: チーメイ(七妹) GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 2002/07/19湖南省生まれ
):GNZ48一期生(SNH48七期生相当)
チームZ ワンツー(王秭歆 Wáng Zǐ Xīn( ワン・ツーシン) あだ名: ワンツー GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 2000/10/03湖南省生まれ
):GNZ48一期生(SNH48七期生相当)

4人だけなので、フォーメーションは全く変わっていない。

SNH48姉妹グループが、上海本部のSNH48オリジナル曲を踊るという、SNH48グループ内部で完結した動きが出てきているのが面白い。

最近、姉妹グループのメンバーの多くが、公演MCやオンライン生放送で、SNH48チームHIIの全曲オリジナル公演『Beautiful World』のユニット曲『天使的圈套(天使の罠)』を踊ってみたいと話しているのも同じ流れ。

最近の入団メンバーには、AKB48を知らずにSNH48に入ってくるメンバーも増えてきている。

ここまで来ると、もうAKB48と無縁になってもSNH48グループだけで中国で成立していると言っていいんじゃないかと思う。