SNH48チームHII副キャプテンうさぎ(吳燕文)の地元河南省鄭州ファンによる詳細なプロフィール

SNH48チームHII三期生うさぎ(吳燕文 Wú Yàn Wén( ウー・イェンウェン) あだ名: ウサギ SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1994/10/18河南省生まれ
 
)について、地元河南省のファンが書いた長い紹介文に、知らなかったことがたくさん書いてあり、非常に興味深かったので、要約でご紹介。

原文はこちらの「女神ファン|河南工業大学出身のSNH48メンバー、作詞も演技もできる美女(2016/09/02)

タイトルにもあるようにうさぎ(吳燕文 Wú Yàn Wén( ウー・イェンウェン) あだ名: ウサギ SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1994/10/18河南省生まれ
 
)は河南省の河南工業大学在学中とのこと。

身長168cm。それでもチームHIIの中でとくに背は高く見えない。

15歳のとき鄭州で、中華圏でトップクラスの人気ロックバンド、メイデイ(五月天)のコンサートを初めて見て、新しい世界が開け、彼女の心の中で密かにある気持ちが呼び覚まされた、とある。

子供の頃から活発で演技好きな女の子で、身近な人たちのマネをして「開心果」と呼ばれていたらしい。文字どおりにはピスタチオの意味だが、明るくて面白い人という意味。

親の意向で民族舞踊を習いに行かされたことで、パフォーマンスの才能が刺激されたとのこと。

中学高校は河南省実験中学で成績優秀。高校時代に文学創作、記者、モデル、学校のパーティーの司会、弁論大会での最優秀賞、自作自演の短編ムービー制作など、さまざまな活動をしていたらしい。

大学での専攻は放送テレビニュース科。大学一年生で学校のイメージPR映像制作を担当し、自ら出演した演技で教授や同学生たちに認められた。

その後も先輩たちの制作する短編映画作品に出演し、演技することにますます興味をもったとのこと。

同じく大学一年のとき、たまたまチャンスがあって『中国夢の声』というオーディション番組の鄭州予選に出場、いい経験ということで参加してみたところ、以外にも鄭州予選のトップ10人に選ばれ、最後には中国全国のトップ200に入選したらしい。

そのおかげで、北京工人体育館の舞台でパフォーマンスするチャンスを得て、経験豊富な他の出場者たちの前ではまだ未熟だったけれど、このチャンスを得たおかげで、さらに自信を持つことが出来たとのこと。

大学一年生の下半期に、大学の台湾交換留学プロジェクトに参加し、台北中国文化大学へ。

この台湾での大学生活で、彼女はパフォーマンスの面で密かに計画していたとおり、わざわざ「国劇」系パフォーマンス学科を選択したらしい。

ところが、この学科を受講するとき、初めて台湾の「国劇」学科が京劇を意味することを知って、半年間、微妙な気持ちで京劇のパフォーマンスを学んだとのこと。

この部分は、たぶんうさぎ(吳燕文 Wú Yàn Wén( ウー・イェンウェン) あだ名: ウサギ SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1994/10/18河南省生まれ
 
)は「国劇」のことを「中国国内の電視劇(テレビドラマ)」のことだと勘違いしていたという意味だと思う。ところがじっさいには中国伝統演劇のことだったという、勘違い(笑)。

ただ、半年間の台湾滞在で得た、人情の温かさは、台湾の魅力として彼女の心に残ったらしい。

そしてSNH48三期生に応募、初回選考、二次選考、上海での最終選考と進み、合格通知を受け取ったときは詐欺にあったと思い込んで、何度も何度も確認して、やっと信じたとのこと(笑)。

家族に知らせないままで、お金もなかったので、初回選考では鄭州から会場の杭州まで、100人民元強(2,000円弱)の列車の二等席で、10時間以上かけて参加。当時3万人余りの応募者の中から、三期生30数人に選ばれた。

公演デビューしてからは、中国ツイッター(新浪微博)のダイレクトメッセージで、応援の言葉も、中傷の言葉も受けて、最初はかなり落ち込んでいたらしい。

デビュー前の自撮り写真の印象と、公演のオンライン生放送での印象が、かなり違ったことで、だいたい中傷の内容は想像できる。

ただ、その後SNH48チームHIIの副キャプテンに選ばれたことで、チームメンバーとともに前進する意志を固めたとのこと。

その後の彼女の活躍は、ここでもご紹介したとおり。

SNH48オリジナル曲、実際にはスキーター・デイヴィス『The End Of The World』の改編曲の『星夢の光』の作詞を担当。SNH48に出資している投資会社「創新工場」のトップ李開復氏から、歌詞の内容を賞賛された。

SNH48入団後、一年間の休学を経て、去年2015/09に再び大学に戻り、月曜から木曜までは鄭州で通学、金曜から日曜までは上海のSNH48星夢劇院で公演という生活。

SNH48活動で多忙中にもかかわらず、大学で自ら監督、編集、出演した短編CMの学生コンテストで、河南省全体の三等賞を獲得。

SNH48での作詞活動では、『Amazing Grace』の改編曲『夢よ高く飛べ(夢想高飛)』、『You Raise Me Up』の改編曲『翼をそろえて(比翼齊飛)』の作詞を手がけたことは、ここでもご紹介したとおり。

今の彼女の最大の希望は、来年2017年に大学を無事卒業して、芸能活動の夢の実現に向けて着実に前進できるようになること。

続きを読む…

SNH48チームHII三期生スーキー(王柏碩)総監督ladybaby『ニッポン饅頭』替え歌MV『淮海路暴走事件』

SNH48チームHII三期生スーキー(王柏碩 Wáng Bǎi Shuò( ワン・バイシュオ) あだ名: スーキー(Sukey) SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1997/12/12山東省済南市生まれ
 
)が定期的にアップしている短編動画シリーズ『小王説事』。

もとは、彼女がSNH48運営会社社長の王子傑と同じ姓であることから、じつは王子傑の娘、という設定で、社長やチームHIIメンバーのものまねから始まったこの『小王説事』シリーズ。

セカンドシーズンからは正式に、SNH48運営会社の映像制作子会社STUDIO48の全面バックアップで、スーキー(王柏碩 Wáng Bǎi Shuò( ワン・バイシュオ) あだ名: スーキー(Sukey) SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1997/12/12山東省済南市生まれ
 
)が確か大学で先行していたメディア学科(間違っていたらすみません)のお勉強もかねて、本格的な映像制作を始めている。

セカンドシーズンの第一回は、以前ここでスーキー(王柏碩 Wáng Bǎi Shuò( ワン・バイシュオ) あだ名: スーキー(Sukey) SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1997/12/12山東省済南市生まれ
 
)自身が書いた脚本を全訳したように、とっても真面目な内容にいきなり変わった。そのせいで現地ファンにはやや不評だったが、それ以降はもとのお笑い路線にもどって、快調(笑)。

今回はladybaby『ニッポン饅頭』の替え歌で『淮海路暴走事件』、歌詞の中で上海のいろんな街を紹介している。


続きを読む…

SNH48、広州GNZ48関連動画ご紹介:Girls On Top、Maroon 5、『君のことが好きだから』

上海SNH48、北京BEJ48、広州GNZ48メンバーの動画を気まぐれにいくつかご紹介。

まずSNH48チームHII三期生メンヤン(許楊玉琢 Xǔ Yáng Yù Zhuó( シューヤン・ユーチュオ) あだ名: メンヤン SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1995/09/25湖南省生まれ
 
)、ナナコ(張昕 Zhāng Xīn( チャン・シン) あだ名: ナナコ SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1995/10/19広東省生まれ
 
)の2人が、韓国の女性グループGirls On Top『同じ場所で』を踊ってみた動画。

SNH48三期生でこの二人は、ほぼ無敵のデュオ。左がメンヤン(許楊玉琢 Xǔ Yáng Yù Zhuó( シューヤン・ユーチュオ) あだ名: メンヤン SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1995/09/25湖南省生まれ
 
)、右がナナコ(張昕 Zhāng Xīn( チャン・シン) あだ名: ナナコ SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1995/10/19広東省生まれ
 
)。

AKB48楽曲から、さらにアイドルとしてダンスの技術の幅を広げようと思うと、やっぱりK-POPアイドルグループのダンスが最適。

江蘇衛星テレビのEDMバラエティー番組『盖世英雄』に出演して、韓国のPSYのプロデュースを体験したメンバーも、SNH48に日本のAKB48にはない、新しい色をプラスしてくれることは間違いない。

この動画のメンヤン(許楊玉琢 Xǔ Yáng Yù Zhuó( シューヤン・ユーチュオ) あだ名: メンヤン SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1995/09/25湖南省生まれ
 
)も『盖世英雄』出演のSNH48メンバーの一人。
続きを読む…

SNH48三期生コアラ(袁丹妮)が生誕祭特別コーナーでタイ族(傣族)舞踊を披露

SNH48紅縄会のヘッドこと(笑)SNH48チームSII三期生コアラ(袁丹妮 Yuán Dān Nī( ユェン・タンニー) あだ名: コアラ SNH48 Team SII
 SNH48 3期生
 1994/08/07甘粛省天水市生まれ
 
)が、生誕祭の特別コーナーで披露した民族舞踊の動画をご紹介。

紅縄会というのは、SNH48チームNII二期生ユーミー(趙粵 Zhào Yuè( チャオ・ユエ) あだ名: Akira SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
 
)のファンクラブの名前で、彼女がいつも手首に赤いミサンガを付けていることから。

三期生コアラ(袁丹妮 Yuán Dān Nī( ユェン・タンニー) あだ名: コアラ SNH48 Team SII
 SNH48 3期生
 1994/08/07甘粛省天水市生まれ
 
)は入団したばかりの頃から、ユーミー(趙粵 Zhào Yuè( チャオ・ユエ) あだ名: Akira SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
 
)の大ファンということは周知の事実で、SNH48の宿舎に来て初めての誕生日のときに、あこがれのユーミー(趙粵 Zhào Yuè( チャオ・ユエ) あだ名: Akira SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
 
)先輩にお祝いしてもらって感激している動画が、彼女の中国ツイッター(新浪微博)にツイートされていたのが、ちょっと懐かしい。

そんな二期生ユーミー(趙粵 Zhào Yuè( チャオ・ユエ) あだ名: Akira SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
 
)と、三期生コアラ(袁丹妮 Yuán Dān Nī( ユェン・タンニー) あだ名: コアラ SNH48 Team SII
 SNH48 3期生
 1994/08/07甘粛省天水市生まれ
 
)の共通点は、芸術学科の大学で舞踏が専門であること。そしてどちらもタイ族(傣族)の民族舞踊を踊れること。

上の動画でコアラ(袁丹妮 Yuán Dān Nī( ユェン・タンニー) あだ名: コアラ SNH48 Team SII
 SNH48 3期生
 1994/08/07甘粛省天水市生まれ
 
)が披露しているのも、タイ族(傣族)の民族舞踊。

ユーミー(趙粵 Zhào Yuè( チャオ・ユエ) あだ名: Akira SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
 
)がSNH48星夢劇院でタイ族(傣族)を披露したときの動画はこちら。
続きを読む…

SNH48メンバーの歌ってみた動画を気まぐれでご紹介:ひたすら日本語でAKB48楽曲を歌いまくる五期生ゆーゆー(潘瑛琪)

SNH48メンバーの歌ってみた動画を気まぐれにご紹介。

まずSNH48チームHII六期生でドイツ人クォーターのジェニー(孫珍妮 Sūn Zhēn Nī( スン・チェンニー) あだ名: ジェニー SNH48 Team HII
 SNH48 6期生
 2000/05/05上海生まれ
 
)が、フィッシュ・リョン(梁靜茹)のヒット曲『小手拉大手(小さな手が大きな手をひく)』を歌っている。

彼女がこんな安定した音程で歌を歌える人だとは知らなかった。

ちなみにこの曲の原曲は、お聴きになって分かるように、つじあやの『風になる』。伴奏のウクレレは原曲のカラオケ。

そしてこちらは本人がウクレレを弾き語り、しかも日本語で歌っている曲。

SNH48チームNII二期生・愛ちゃん(易嘉愛 Yì Jiā Ài( イー・チャーアイ) あだ名: あいちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/06/07広東省深セン市生まれ
 
)が歌う初音ミク『愛言葉II』。ウクレレの弾き語りで、原曲とガラッと違う雰囲気になっている。
続きを読む…