SNH48チームHII『アイドルの夜明け』2016/12/11(日)千秋楽、ベスト曲公演『18の輝く瞬間』2016/12/16(金)開始

SNH48三期生中心のチームHIIも『18の輝く瞬間』公演を上演するらしい。2016/12/16(金)から。

なので今上演中の『アイドルの夜明け』は2016/12/11(日)が千秋楽となる。

この『18の輝く瞬間』というのは、過去に上海SNH48チームSII(一期生中心)、チームNII(二期生中心)、チームX(四期生中心)も上演していて、過去に上演した公演からのベスト曲公演のような内容。

チームSII、チームNII、チームXとも、後から振り返ってみると、『18の輝く瞬間』公演は、それぞれ全曲オリジナル公演までの「つなぎ」のような感じになっている。

チームSIIは『18の輝く瞬間』公演の後、全曲オリジナル公演『心の旅程』。
チームNIIも『18の輝く瞬間』公演の後、全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』。
チームXも『18の輝く瞬間』公演の後、全曲オリジナル公演『ドリーム・フラッグ』。

なのでチームHIIも、数か月『18の輝く瞬間』を上演したら、次は全曲オリジナル公演と期待したい。

SNH48公式サイトのチームHII『18の輝く瞬間』公演特設ページはこちら

曲目は以下のとおり。

01.青春ガールズ(『青春ガールズ』公演)
02.マンゴーNo.2(『手をつなぎながら』公演)
03.ロマンスロケット(『手をつなぎながら』公演)
04.チャイムはLOVE SONG(『手をつなぎながら』公演)

<ユニット曲>
05.雨のピアニスト(『手をつなぎながら』公演)
06.口移しのチョコレート(『アイドルの夜明け』公演)
07.Glory days(『手をつなぎながら』公演)
08.Blue rose(『青春ガールズ』公演)
09.禁じられた2人(『青春ガールズ』公演)
10.ウィンブルドンに連れて行って(『手をつなぎながら』公演)

11.Virgin love(『青春ガールズ』公演)
12.Innocence(『手をつなぎながら』公演)
13.今度こそエクスタシー
14.大好き(『手をつなぎながら』公演)
15.拳の正義(『アイドルの夜明け』公演)
16.火曜日の夜、水曜日の朝(『手をつなぎながら』公演)
17.転がる石になれ(『青春ガールズ』公演)
18.遠くにいても(『手をつなぎながら』公演)

『青春ガールズ』公演から5曲。
『手をつなぎながら』公演から10曲。
『アイドルの夜明け』公演から2曲。
残る『今度こそエクスタシー』だけはシングル曲。

ちょっと『手をつなぎながら』公演曲が多すぎるような…。

というよりチームHIIデビュー公演『青春ガールズ』のとき人気メンバーだった、李豆豆 Lǐ Dòu Dòu( リー・ドウドウ) あだ名: ドウちゃん SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 生まれ
 
楊吟雨 Yáng Yín Yǔ( ヤン・インユー) あだ名: 夏(なつ)ちゃん SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 生まれ
 
が退団してしまったので、やりづらいのかもしれない。

個人的にはチームHIIの全曲オリジナル公演の方が楽しみ。じっくり時間をかけて、チームX『ドリーム・フラッグ』を超える音楽的レベルの公演にしてほしいなぁと思う。

SNH48三期生チームHIIドゥードゥー(陳怡馨)来年留学のため退団予定とのこと

SNH48三期生チームHIIドゥードゥー(陳怡馨 Chén Yí Xīn( チェン・イーシン) あだ名: ドゥードゥー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/01/13福建省生まれ
 
)が2016/11/14(月)夜のオンライン生放送で、来年留学することに決まっていて、SNH48運営会社と相談中、と告白したらしい。

SNH48運営会社が開発したスマホアプリ「Pocket48(口袋48)」のオンライン生放送機能で、そのように話していたらしい。

こんな重要な事はせめて中国ツイッター(新浪微博)で文字にしてツイートしてくれないと、ネイティブスピードの中国語を聴き取れない筆者には、なかなか厳しいものがある。

来年、留学前に旅行に出かける予定で、卒業公演を考えているところらしい。

したがって『飯局的誘惑』第二シーズンへの出演が決定していたが、それも取り消しになるとのこと。

この『飯局的誘惑』はゲーム実況生放送サイトで、SNH48グループの公演のオンライン生放送もしている「闘魚」のネット番組で、最近、日本でも流行り始めているらしい人狼(中国語では「狼人殺」)ゲームの番組。

SNH48チームHIIキャプテンで、先週末に退団したばかりのルーシー(王璐 Wáng Lù( ワン・ルー) あだ名: ルーシー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/05/20河南省生まれ
 
)と違って、ドゥードゥー(陳怡馨 Chén Yí Xīn( チェン・イーシン) あだ名: ドゥードゥー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/01/13福建省生まれ
 
)が円満退団で卒業公演まで実現してくれれば、それ以上のことはない。

けれども三期生中心のチームHIIで、「可愛い」担当のエースだった彼女がルーシー(王璐 Wáng Lù( ワン・ルー) あだ名: ルーシー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/05/20河南省生まれ
 
)につづいて退団となると、SNH48チームHIIにはかなりの痛手であることには違いない。二期生中心のSNH48チームNIIで言えば、彼女はナナちゃん(萬麗娜 Wàn Lì Nà( ワン・リナ) あだ名: ナナちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1997/10/02江西省九江市生まれ
 
)的なポジションだったので。

SNH48チームNIIは結果的に大量にメンバーが抜けても、メンバー一人ひとりの個性が突出しているからまだ良いけれど、チームHIIはまだピンで外の仕事が出来るほど突出したメンバーがいないので…。

ナナコ(張昕 Zhāng Xīn( チャン・シン) あだ名: ナナコ SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1995/10/19広東省生まれ
 
)は日本のAKB48ファンには、デビュー当初から前田敦子似でウケがいいけれど、広東訛りが強くてあまり外の仕事には向かなそう。広東訛りでも、二期生チームNIIのルーリー(曾艷芬 Zēng Yàn Fēn( ツォン・イェンフェン) あだ名: ルーリー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1991/01/30広東省韶関市生まれ
 
)くらいキャラが出来上がっていれば外の仕事もできるんだけれど。

メンヤン(許楊玉琢 Xǔ Yáng Yù Zhuó( シューヤン・ユーチュオ) あだ名: メンヤン SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1995/09/25湖南省生まれ
 
)は最近、湖南衛星テレビの深夜の女性向け美容番組『我是大美人』に2016/11/01、11/08と2週連続で参加していたし、確か深センだったかの衛星テレビにもゲスト出演していたが、押しが強いキャラではなく、中国のバラエティーでは目立たないので、どこまで行けるか。

ニーズ(謝妮 Xiè Nī( シェ・ニー) あだ名: ニーズ SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 2000/02/12上海市生まれ
 
)、ジェニー(孫珍妮 Sūn Zhēn Nī( スン・チェンニー) あだ名: ジェニー SNH48 Team HII
 SNH48 6期生
 2000/05/05上海生まれ
 
)は、16歳以下の派生ユニット「COLOR GIRLS」次第。

他のメンバーも全然悪くないんだけれど、SNH48のファン層以上にファンが広がるかと言えば…。

たとえばユーちゃん(劉佩鑫 Liú Pèi Xīn( リュウ・ペイシン) あだ名: ユーちゃん SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/01/11遼寧省生まれ
 
)は、故郷の遼寧省の瀋陽SHY48に移籍して、新しい姉妹グループを引っ張る中核メンバーになるとか。

ナナコ(張昕 Zhāng Xīn( チャン・シン) あだ名: ナナコ SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1995/10/19広東省生まれ
 
)は広州GNZ48に移籍して、広東語が活かせる地元の仕事にどんどん出ていって、広州GNZ48の華南地区での人気を確実なものにするとか、そういうやり方の方が、結果的にSNH48グループ全体としてハッピーな気がする。

すると上海に残って、外の仕事で活躍する可能性がいちばんあるのは、やっぱりモンスター(劉炅然 Liú Jiǒng Rán( リュウ・チョンラン) あだ名: 怪獣 SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1994/09/02山東省生まれ
 
)ってことになりそう。

…と、いろいろ書いてみても、チームHIIについては、悲しい気持ちが晴れません(涙)。

SNH48チームHIIキャプテン・ルーシー(王璐)の退団と一部現地ファンの素質について

SNH48チームHIIキャプテンのルーシー(王璐 Wáng Lù( ワン・ルー) あだ名: ルーシー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/05/20河南省生まれ
 
)が昨日2016/11/13(日)の公演を最後に退団した。

さっそく中国ツイッター(新浪微博)の個人アカウントでお別れのツイートをしているので日本語試訳。


-王璐 Wáng Lù( ワン・ルー) あだ名: ルーシー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/05/20河南省生まれ
 
就是我-

ずっとずっと応援してくれて離れず捨てずそばにいてくれたみんなに感謝してる。
今晩客席全体が私のファンのみんなだったことに感謝してる。
みんなが毎回寛大だったことに感謝してる。
ごめんなさい。私は勇敢じゃない。ごめんなさい。私はやっぱり弱い。
ごめんなさい。私は良いキャプテンじゃなかった。
ごめんなさい。先に離れてしまって。

これからの彼女はみんなに任せるよ。
さよならは言わない。だって私たちはまた会えるから。
みんな愛してる。


2016/11/13(日)の夜中のSNH48チームHIIメンバーの中国ツイッター(新浪微博)のツイートは、ルーシー(王璐 Wáng Lù( ワン・ルー) あだ名: ルーシー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/05/20河南省生まれ
 
)との別れを惜しむ内容になっている。


ドゥードゥー(陳怡馨 Chén Yí Xīn( チェン・イーシン) あだ名: ドゥードゥー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/01/13福建省生まれ
 
「SNH48はまるで学校みたい、いつも誰かがやってきて、いつも誰かが去って行く。これからルーバオ(王璐 Wáng Lù( ワン・ルー) あだ名: ルーシー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/05/20河南省生まれ
 
)が毎日ゆかいに楽しく過ごせますように。あなたがすごく好きだったって今言っても遅すぎるね。でも人っていつもそう。あなたがとてもうらやましいし、とても尊敬してる」

スーキー(王柏碩 Wáng Bǎi Shuò( ワン・バイシュオ) あだ名: スーキー(Sukey) SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1997/12/12山東省済南市生まれ
 
「実は引き止めるよりも、むしろ本当にあなたがこれから毎日楽しく過ごせるように願ってる。でも『鈴懸なんちゃら』の音楽が鳴り響いたとき、もう涙をこらえきれなかった。やっぱり思い出はいちばん人を傷つける。時間は知らない間にあんなに遠くに行き去って、あの頃の私たち、そして私たちがあの頃未来はきっとさらに良くなると固く信じていた気持ちがとても懐かしい…今日からのあなたが、より良い人生でありますように。」

ルーチャオ(王露皎 Wáng Lù Jiǎo( ワン・ルーチャオ) あだ名: ルーチャオ SNH48 Team HII
 SNH48 5期生
 1995/02/17四川省生まれ
 
「どの道を歩んだとしても容易ではないけれど、出会いに感謝してる。がんばって」

ユーちゃん(劉佩鑫 Liú Pèi Xīn( リュウ・ペイシン) あだ名: ユーちゃん SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/01/11遼寧省生まれ
 
「この世に終わらない宴はない。『とんぼ』をいっしょに歌ったあのときのこと(訳注:長渕剛の中国語カバー。日本語の歌詞と全く違って子供の頃を懐かしむ内容になっている。)、肩を並べて『Glory days』を歌ったときのことがなつかしい(訳注:SKE48『手をつなぎながら』公演曲)。自分で決めたことだから、自分の道を歩んで、他人には言わせておけばいいよ。これからは楽しく屈託なく過ごしてほしい」


ニーズ(謝妮 Xiè Nī( シェ・ニー) あだ名: ニーズ SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 2000/02/12上海市生まれ
 
)のツイートは『片思いの対角線』の中国語版歌詞の引用。

そして三期生チームHIIナナコ(張昕 Zhāng Xīn( チャン・シン) あだ名: ナナコ SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1995/10/19広東省生まれ
 
)がツイートしていた動画はこちら。送別会の火鍋パーティーで、最後にルーシー(王璐 Wáng Lù( ワン・ルー) あだ名: ルーシー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/05/20河南省生まれ
 
)がメンバー一人ひとりとハグしている。

一言でいうと、彼女の退団は、メンバーのお別れツイートからも分かるように、彼女のことがキライな現地SNH48ファンから、延々と悪口を言われ続けるのに耐えきれなくなったことが、最も大きな原因と思われる。

そして他のメンバーについても、悪口や非難を増幅する装置になっているのが、こちらの「生個女孩」という掲示板。中国語の発音記号で「Sheng ge Nv Hai」と「SNH」になる。

現地ファンが「hhy(後花園 hou hua yuan ウラの花園)」という隠語を使うときは、この掲示板を指していることが多い。

続きを読む…

SNH48が国慶節のお祝いに『私と私の祖国(我和我的祖国)』オリジナルMV公開

SNH48が『私と私の祖国(我和我的祖国)』のオリジナルMVを公開した。中国の国慶節前日だからだ。

2ちゃんねるのネトウヨの皆さんにこの動画を燃料として投下するのは、どなたかにおまかせするとして、ここではあらかじめ火消しをしておく。

↓SNH48バージョン『私と私の祖国』MV

この『私と私の祖国(我和我的祖国)』は1985年作なので、まず、毛沢東の文革の時期に作られた革命歌ではない。

だいたい革命歌が、軽やかな6/8拍子と9/8拍子で作曲されるわけがない。

そして歌詞の中にも、祖国の偉大さを称えるような内容はない。祖国をお母さんに例えて、懐かしんだり、その大きな胸に抱かれたいとか、いっぱいの愛をもらいたいという、どちらかというとマザコンな歌詞。

これが英語ならジョン・デンバーが歌いそうなカントリー・ソングになるところ。

参考までに最後に中国語歌詞と日本語試訳をのせておく。

このゆるめの歌に合わせて、今回SNH48が制作したオリジナルMVも、途中なんとRAPが入ってしまうという大胆な編曲。

そして映像はあくまで優雅。こういうMVでは、美形のSNH48メンバーがものすごく活きる。バレエの経験がある一期生チームSIIのキキが、いちばん大きくフィーチャーされている。

国慶節のお祝いなので、もちろん赤色が目立つMVになっているけれど、その他にもいろんな色が登場するカラフルな映像。

ここまで大胆なアレンジをしても、後ろから刺されたり、関係者が謝罪会見しなくていい愛国歌は、日本にはないような気がする。

もちろんSNH48運営がこのMVを制作したのは、最近ではSNH48と姉妹グループは中国中央テレビに出演するまでになったので、政府に対する「予防線」の意味があるかもしれない。何せ今の中国にとってはいちばん大事な日なので。

↓左から、一期生ダイモン(戴萌 Dài Méng( ダイ・モン) あだ名: ダイモン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/02/08上海市生まれ
 
)、二期生ルーリー(曾艷芬 Zēng Yàn Fēn( ツォン・イェンフェン) あだ名: ルーリー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1991/01/30広東省韶関市生まれ
 
)、三期生ルーシー(王璐 Wáng Lù( ワン・ルー) あだ名: ルーシー SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1996/05/20河南省生まれ
 
)、一期生キキ(許佳琪 Xǔ Jiā Qí( シュー・チャーチー) あだ名: キキ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/08/27浙江省生まれ
 
)、一期生レンレン(吳哲晗 Wú Zhé Hán( ウ・チューハン) あだ名: レンレン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/08/26浙江省嘉興市生まれ
 
)、一期生タコちゃん(張語格 Zhāng Yǔ Gé( チャン・ユーグー) あだ名: タコちゃん SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1996/05/11ハルピン市生まれ
 
)、一期生ワンワン(邱欣怡 Qiū Xīn Yí( チョウ・シンイー) あだ名: ワンワン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1997/01/11台北市生まれ
 

↓このMVにはSNH48七期生も下図の13名が登場している。

続きを読む…

SNH48中秋節特別公演チームSII/HII補足:Innocence、ロマンスロケット、Don’t Touch、Full Moon(Sunmi)

SNH48中秋節特別公演で個人的に見逃していた特別曲があったので、気まぐれにご紹介。

SNH48チームSII/HIIの中秋節特別公演から、冒頭の2曲はチームHIIのちょっとなつかしい『手をつなぎながら』公演からの「定番」で、『Innocence』と『ロマンスロケット』。少しリバーブを足してあります。

『Innocence』はツーコーラス目の冒頭で、三期生モンスター(劉炅然 Liú Jiǒng Rán( リュウ・チョンラン) あだ名: 怪獣 SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1994/09/02山東省生まれ
 
)が脚を広げながら膝立ちになる振り付けは、本部AKB48やSKE48にはない振り付け。

ただ、公演で毎回これをやるとヒザに悪いということでドクターストップがかかり、モンスター(劉炅然 Liú Jiǒng Rán( リュウ・チョンラン) あだ名: 怪獣 SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1994/09/02山東省生まれ
 
)はやらなくなったのだが、今回の中秋節特別公演では見事復活!

そして『ロマンスロケット』は、SNH48公演レパートリーのなかでは定番の「広場舞」曲。サビのメロディーがヨナ抜き音階風でダサいのが逆にウケていた。SNH48オリジナルのディスコ曲も、中途半端にアメリカ風にするんじゃなくて、思い切って中華風にすればいいのに、と思う。

次は筆者の予想に反して、SNH48オリジナル曲としては、すでに定番の「セクシー」曲になっているK-POP風の『Don’t Toush』。AKB48曲でいえば『抱きしめられたら』的なポジションの曲。

リバーブを足して、少し低音を上げてあります。
続きを読む…