SNH48二期生チームNIIシャオスー(林思意)出演のネットドラマ第一話アクセス数が1億超え

SNH48二期生チームNIIシャオスー(林思意 Lín Sī Yì リン・スーイー あだ名: シャオスー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/04/05浙江省温州市生まれ
)が初めて本格的にネットドラマに挑戦した『極品家丁』。

第一話のアクセス1数が億を超えた。

下図のように本日2016/12/15 22:40時点で1億1,800万アクセス。

もちろんアクセス数=視聴数ではないが、1億超えだ。

同じ中国の動画サイト最大手「優酷」で公開されているネットドラマでは、最近は『錦繡未央』が最も人気らしい。

こちらの『錦繡未央』の第一話のアクセス数は3億500万アクセス。

『極品家丁』の方が低予算のコメディ、『錦繡未央』はそこそこお金がかかっているシリアスな歴史モノという違いを考えれば、シャオスー(林思意 Lín Sī Yì リン・スーイー あだ名: シャオスー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/04/05浙江省温州市生まれ
)出演の『極品家丁』は大健闘。

少なくとも「優酷」でトップ人気のネットドラマの一作品になった。

これでシャオスー(林思意 Lín Sī Yì リン・スーイー あだ名: シャオスー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/04/05浙江省温州市生まれ
)はうかうか中国の街中を歩けなくなるかも(笑)。

SNH48「四千年に一人の美少女」キクちゃん2016年度テンセント動画スター大賞「新鋭女性俳優賞」受賞

中国の三大ネット企業「BAT」と言えば、バイドゥ(百度)、アリババ、テンセント(騰訊)。

そのテンセント動画(騰訊視頻)「星光大賞(テンセント動画スター大賞)」という、今年の人気俳優、タレント、歌手などの授賞式が今日2016/12/10(土)北京で行われた。

「四千年に一人の美少女」ことSNH48二期生チームNIIキクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī チュー・チンイー あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
)はピンで「年度新鋭テレビドラマ女性俳優賞」を受賞。

SNH48はグループで「年度青春トレンド女性グループ賞」を受賞。

中国のこの種の賞は実績が評価されたというより、授賞式に呼ばれること自体にメディア露出の意味がある。

ただキクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī チュー・チンイー あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
)の中国芸能界での知名度と評価は少しずつ本物に近づきつつある。

中国で初めて、大人数の女性アイドルグループの一人という位置づけで、どこまで一般的な女性タレントとして評価を上げられるか、これからが頑張りどころ。

SNH48チームSII二期生アイコ(沈之琳)、チームXII五期生・陳音(チェン・イン)生誕祭特別曲まとめ

SNH48のこの週末の生誕祭から、特別曲の動画を2本ご紹介。

2016/12/03(土)に生誕祭が行われた、SNH48チームSII二期生アイコ(沈之琳 Shén Zhī Lín シェン・チーリン あだ名: あいこ SNH48 Team SII
 SNH48 2期生
 1994/11/26上海市生まれ
)は、福山雅治『最愛』の中国語版、A-Lin(黃麗玲)『最懂你的人』

たぶん日本語のオリジナル版で歌いたかったんだろうと思う。彼女はジャニヲタでとにかく日本大好き、今のところSNH48グループで唯一のギャル系だし。

久しぶりのソロで緊張していたのかもしれない。ファルセットがきれいに出ておらず、彼女の本来の歌唱力が発揮されていなくて少しだけ残念なパフォーマンス。

2016/12/04(日)に生誕祭が行われた、SNH48チームXII五期生・陳音 Chén Yīn チェン・イン あだ名: インバオ SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1999/12/05上海市生まれ
(チェン・イン)は2曲。

一曲目はG.E.M(鄧紫棋)『多遠都要在一起』。

いい感じに力が抜けていて音程も比較的安定しているし、ファルセットもかなりきれいに出ている。2コーラス目からブリッジへ息継ぎなしで歌い切っているのは、さすが昆曲で鍛えられた肺活量、ということだろうか。

二曲目はガラッと変わって、シンディー・ワン(王心凌)『愛你』。

オンライン生放送の弾幕コメントで「年齡暴露系列」(年齢が暴露されてしまうシリーズ)というのがたくさん出てきたので調べてみたら、2004/05/07発売。シンディー・ワンがまだバリバリのアイドル路線だったころのヒット曲。レコード会社はAVEX台湾とのこと。へぇ~。

というか、1999/12/05生まれの陳音 Chén Yīn チェン・イン あだ名: インバオ SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 1999/12/05上海市生まれ
(チェン・イン)はこの曲が発売されたときまだ4歳。どこで覚えたの?

SNH48二期生チームNIIシャオスー(林思意)初の本格ドラマ『極品家丁』公開一週間で閲覧数5千万超え

SNH48二期生チームNIIシャオスー(林思意 Lín Sī Yì リン・スーイー あだ名: シャオスー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/04/05浙江省温州市生まれ
)が初めて本格的に取り組んだドラマ『極品家丁』。

中国の動画サイト最大手「優酷」「土豆」で公開されているネットドラマなのだが、相当な閲覧数を稼いでいる。

公開されている各回の2016/12/04 12:00現在の閲覧数は以下のとおり。

第一回 52,498,928
第二回 32,637,105
第三回 31,426,458
第四回 28,162,349
第五回 24,889,363
第六回 19,977,414
第七回 20,675,940

それもそのはず、「優酷」「土豆」ともに、ログインしていないパーソナライズされていない状態で、トップページの左上といういちばん目立つ位置に画像がある。

テレビドラマと違って、ネットドラマなので、公開済みのものでも今後閲覧数はまだまだ伸びる。もっとも、閲覧数はかならずしも最後まで観たという意味ではないけれど。(なので視聴者数ではなく閲覧数と書いている)

それでも第一回でいきなり5,000万回以上の閲覧数を稼いでいて、SNH48メンバーのシャオスー(林思意 Lín Sī Yì リン・スーイー あだ名: シャオスー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/04/05浙江省温州市生まれ
)が女性キャストでトップから三番目の重要な役柄。

キクちゃん(鞠婧禕 Jū Jìng Yī チュー・チンイー あだ名: キクちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/06/18四川省遂寧市生まれ
)の次はシャオスー(林思意 Lín Sī Yì リン・スーイー あだ名: シャオスー SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1994/04/05浙江省温州市生まれ
)をきっかけに、SNH48を知る人が増えるかもしれない。

SNH48「四千年に一人の美少女」キクちゃん(鞠婧禕)がノミネートされている「テンセント動画スター大賞」2016/12/10発表

2016/12/10に中国最大の動画サイトテンセント動画(騰訊視頻)の「星光大賞」という、今年の人気俳優、人気タレントを決める賞の授賞式がオンライン生放送される。

SNH48はそのゲストとして出演するようだ。

公式サイトはこちら(音が出ます)

中国ではこの手の賞は無数にあるので、この賞にどれくらいの権威があるかは分からない。

ただ、中国の三大インターネット企業「BAT」、B:バイドゥ(百度)、A:アリババグループ(阿里巴巴集団)、T:テンセント(騰訊)の一角をなす、テンセントの賞。

しかもスポンサーが、中国ではすでにシャオミ(小米)をしのぎ、今年2016年は、全世界のアンドロイド・スマートフォンの出荷台数でTOP5に入った「VIVO」。

とりあえず決してマイナーな賞ではないことは確かだ。

そしてSNH48は単なるゲストではなく、なんと「四千年に一人の美少女」ことSNH48二期生チームNIIキクちゃん(鞠婧)が、ある賞にノミネートされている。

その賞は「年度新鋭テレビドラマ女性俳優賞」。

下図のようにファン投票では、いま中国で大人気の若手女性俳優・关晓彤をしのいで第1位になっている。

審査委員の評価も入るとすれば、たぶん关晓彤の方が受賞するだろうけれど、SNH48メンバーがこういう賞にノミネートされるだけでも、SNH48もここまで来たか、と感慨深いものがある。

ちなみにその他の女性俳優の賞をのぞいてみる。

まず「年度トレンドテレビドラマ女性俳優」賞はこちら。「大勢」はどう訳せばいいのか自信がないけれど、すでに一定のキャリアはあるが、とくに今年人気が上昇した、くらいの意味だと思う。

そして「最も人気のある映画女性俳優」賞はこちら。范冰冰、アンジェラ・ベイビーが1位、2位に来ているので、スキャンダルがいろいろあるとか、色んな意味で激しく納得のランキング。

その他、男性俳優や男性司会者ランキングには、霍建華や、張大偉、撒貝寧などが入っているので、それほどムリヤリな感じのする賞ではなく、かなり納得感のある賞らしいことが分かる。

さて、キクちゃん(鞠婧祎)は「年度新鋭テレビドラマ女性俳優賞」を受賞できるだろうか?