北京BEJ48中国中央電視台『Global Chinese Music Top 10』2016/10/22放送分に出演

北京BEJ48が中国中央テレビ「Global Chinese Music Top10」2016/10/22放送分に出演した。中国中央テレビ15チャンネル(音楽専門チャンネル)の番組。

番組中に視聴者がネットから投票して、その週の順位が決まる。BEJ48は第1位を獲得した。

司会者は「このグループを聞くとみなさんSNH48のことを思い出すかもしれませんが、この2つのグループには違いがって、あのSNH48は上海、南方のフィーリングですが、こちらのBEJ48は北方のフィーリングです」と紹介している。

つまり番組視聴者がすでにSNH48を知っている前提。中国中央電視台の番組でこういうふうに紹介されるのは、光栄なこと。一定の知名度を獲得しつつあるということになる。

肝心のパフォーマンスは、ちょっと中国語でいう「車禍(交通事故)」気味だった(音をはずしまくっているということ)。

それでも『元気覚醒』のような曲よりも、こういうミドルテンポの聴きやすい楽曲の方が、審査員のウケは良かったようだ。

一人目の長髪の審査員は、「最近この48グループは話題になってますね」と話し始め、「この番組で以前にSNH48が出演した時も思ったのですが、いちばん印象に残るのはファンとの掛け合いですね」と言ってる。

「ただやはりこの番組は音楽がメインなので、しっかり音楽のレッスンをして下さい。やはり歌が重要ですから。でも今の曲は比較的良い曲ですね」とのこと。

二人目の審査員は、「こういうグループの場合は、一人ひとりの個性を出すか、全員がきれいにそろっている共通性を出すか、どちらかですが、みなさんは共通性の方なので、歌をきれいにそろえる必要があります。なのでかなり難しいと思います。でも今の曲はとても良く出来ていました。成功していたと言えるでしょう」という意味のことを言っている。

かなり好意的な評価をしてもらっている。

最後にいーしゃん(段藝璇 Duàn Yì Xuán ドァン・イーシェン あだ名: いーしゃん BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1995/08/19湖南省生まれ
)が第1位のお礼を話した後、司会者が「みなさんお気づきかもしれませんが、彼女たちの膝は傷だらけです。陰で努力していることが見て取れます」と話している。

夢に向かって人知れず努力する的な、とっても好意的な取り上げ方をしてもらって良かった。

北京BEJ48二本目のオリジナル曲MV『青春肩並肩(青春は肩を並べて)』公開!

北京BEJ48初の全曲オリジナルEP『元気覚醒』から、メイン曲『元気覚醒』につづいて『青春肩並肩(青春は肩を並べて)』のMVが公開された。Team Bの楽曲。

この曲はK-POP風EDMの『元気覚醒』と違って、純J-POP風というか、純AKB48風のミドルテンポの曲。個人的には『元気覚醒』よりも良い曲だと思う。

ただEP『元気覚醒』の曲からは、これで二本目のMVなので、明らかに低予算で作られている。

どこかの学校の教室を借りているシーンはロケだが、ダンスレッスン室はBEJ48の生活センターのレッスン室。後半はBEJ48星夢劇院。

いーしゃん(段藝璇 Duàn Yì Xuán ドァン・イーシェン あだ名: いーしゃん BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1995/08/19湖南省生まれ
)が横になっているベッドのシーンも、BEJ48生活センターのような気がする。もしそうなら学校の教室が唯一の外でのロケということになる。

そして『元気覚醒』のMVや、SNH48のMVによく登場する超広角レンズのカットがないので、おそらくデジタル一眼レフの動画撮影機能で全編撮影されているはず。このMVが全編ローキーでコントラストが低いのは、たぶん一眼レフで撮影しているせい。

SNH48の初期のMVのうち、たとえば『桜の木になろう』も全編デジタル一眼レフの動画撮影機能で収録されていた。

そういう細かいことは別にして、北京BEJ48はMVの脚本家を広州GNZ48から借りてきた方がいいかもしれない(笑)。

上海SNH48から学業の関係で移籍した、きのこ(閆明筠 Yán Míng Jūn イェン・ミンチュン あだ名: きのこ BEJ48 Team B
 SNH48 4期生
 1998/02/11河南省生まれ
)が新入生(挿班生)という設定は分かるけれど、それが活かしきれていないような気がした。

北京BEJ48の運営も売上が増えてくれば、だんだんと質の良いMVが撮れるようになるでしょう。