広州GNZ48チームG soso(張瓊予)が生誕祭で力いっぱい見せた「初心」

広州GNZ48ではこの週末、連日生誕祭だった。

2017/01/14(土)昼公演 チームNII オリビア(唐莉佳 Táng Lì Jiā タン・リーチャー あだ名: オリビア GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/01/18四川省生まれ

2017/01/14(土)夜公演 チームG soso(張瓊予 Zhāng Qióng Yú チャン・チョンユー あだ名: soso GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/21浙江省生まれ

2017/01/15(日)昼公演 チームG リーロン(黃黎蓉 Huáng Lí Róng フアン・リーロン あだ名: リーロン GNZ48 Team G
 GNZ48 1期生
 01/23湖南省生まれ

生誕祭はアンコールの直後に、メンバーが自分で演目を考えてパフォーマンスする特別コーナーがある。

この3人の中から、SNH48六期生の広州移籍組、soso(張瓊予 Zhāng Qióng Yú チャン・チョンユー あだ名: soso GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/21浙江省生まれ
)の特別コーナー、韓国の女性グループmiss A『Bad Girl, Good Girl』のダンスの後、同じ広州GNZ48チームZの制服で踊ったAKB48楽曲3曲の映像をどうぞ。

広州GNZ48チームG soso(張瓊予 Zhāng Qióng Yú チャン・チョンユー あだ名: soso GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/21浙江省生まれ

『君のことが好きだから』『彼女になれますか』『重力シンパシー』

つまり彼女はソロで4曲つづけて踊ったわけだが、最後の『重力シンパシー』まで、広州GNZ48星夢劇院の左右の袖までいっぱいに使って踊っているのが素晴らしい。

ちなみにこの3曲は上海SNH48が過去に歌ったことがあるので、SNH48運営として公式の中国語詞は存在する。

運営会社どうしが対立していても、メンバーにとってはやはりAKB48が「初心」なのだということがよく分かる映像。

2015/01/31開催SNH48「リクエストタイム」コンサートで初披露予定の新曲が早くもネタバレ

中国2ちゃんねる(百度貼吧)のSNH48掲示板でネタを探していたら、早くも2015/01/31のSNH48版リクエストアワー・コンサートで初披露される、SNH48の新しいAKB48カバー曲を探し当てた現地ファンがいた。こちらがそのスレッド

中国標準録音制作品コード(ISRC)センターの公式サイトで、中国で正式に版権を取得している音楽作品のデータベースを検索できるのだが、そこで見つけたらしい。

例えばこの曲。

録音制作品『青春的約定』(青春の約束の意味)ISRC資料、とある。

登録者は上海音像有限公司という、上海東方メディアグループのグループ会社、制作者はSNH48運営会社の上海久尚、パフォーマーは確かにSNH48となっている。

で、次の「基本描述」、つまり作品概要から、この曲がAKB48のどの曲か、分かったらしい。

「私たちの未来にはどんな困難があるかわからない、未来にどんな人や出来事と出会うかわからない。でも私たちはここで約束しよう、未来がどんなふうになっても、今と同じように生活に情熱と希望をいっぱいに抱いて、さあ、私たちといっしょにハイタッチしよう、これが私たちの青春の約束」

昔からのAKB48ファンなら「ハイタッチ」ですぐピンとくるらしい。『GIVE ME FIVE!』だ。

残り4曲の中国語タイトルは以下のとおり。
続きを読む…