北京BEJ48からまた名曲、結成一周年記念曲『栄光の勲章』、編曲はkoshin(胡臻)さん

北京BEJ48結成一周年記念曲『栄光の勲章(榮耀勛章)』の音源が、今日2017/04/07公開された。

伴奏がかなりヘビーな曲だけれど、アイドルポップの枠をはみ出さないギリギリの範囲で、ディストーションギターやEDMを多用している。

いろんなスタイルの音楽を取り込みながらも、あくまでアイドルポップとして成立させるところが、編曲家としての腕の見せどころ。

どうりでこの曲の編曲は、例のkoshin(胡臻)さん。2008年エイベックス・ワールドオーディションでアーティスト・グランプリを受賞した作曲家。

北京BEJ48と広州GNZ48の最近のEPやオリジナル楽曲は、安心して聴ける水準に達している。

単にヘビーメタルやdub step曲をそのままアイドルに歌わせるという、何の工夫もないプロデュースの方法ではなく、逆にヘビーメタルやdub stepをアイドルポップのパッケージに吸収してしまうところに才能を感じさせる。

アイドルポップはコテコテの中二病な楽曲で良いのだ。

まともなヘビーメタルやEDMを聴きたいなら、わざわざアイドルが歌っているものを聴く必要はまったくない。それらのスタイルの本格的なアーティスト曲を聴けばいい。

北京BEJ48チームE全曲オリジナル新公演、koshinさん作曲『光芒』が名曲すぎて泣ける

SNH48のクリスマス・新年オリジナルシングルと、北京BEJ48チームE全曲オリジナル新公演から2曲の音源が公開されたのでまとめておく。

SNH48クリスマス・新年オリジナルシングル『Happy Wonder World』2016/12/12公開

北京BEJ48チームE 全曲オリジナル新公演『奇幻加冕礼(ティアラ・ファンタジー)』表題曲
作曲:koshin(胡臻) 作詞:左放

北京BEJ48チームE『光芒』 全曲オリジナル新公演『奇幻加冕礼(ティアラ・ファンタジー)』より
作曲:koshin(胡臻) 作詞:夏寧

ここからは筆者の勝手な感想。

『Happy Wonder World』

SNH48『Happy Wonder World』は、クリスマス曲らしいシャッフルのリズムで、決して悪い曲ではないけれど、以前からSNH48グループの楽曲で最大の問題、ブラスが生ではないのが編曲だけが残念。

『光芒』

一度聴いて分かるけれど、『光芒』が異常に良い曲だと思ったら、やっぱりkoshin(胡臻)さんの作曲。

koshinさんは日本で活動していたとき2008年エイベックス・ワールドオーディションでアーティスト・グランプリを受賞した作曲家。今は中国で活動中。

またSNH48グループに一つ名曲ができてしまった!と思わせるくらい良い曲『光芒』。

続きを読む…