上海SNH48七期生トマト(呂一)の好きな日本語曲セットリスト:中森明菜、サザン、帰ってきたウルトラマン(?)

上海SNH48七期生トマト(呂一 Lǚ Yī( リュー・イー) あだ名: トマト SNH48 Team SII
 SNH48 7期生
 1997/06/27重慶生まれ
)が運営公式アプリPocket48の2017/08/07分生放送で、生活センターのレッスン室から彼女の好きな日本語曲をたくさん紹介していた。

ちなみに彼女の現地のあだ名は「ココイー」。名前の漢字を分解すると「口口一」となり、これを中国語で発音すると「Kou Kou Yi(コウコウイー)」となるため。

その部分だけをカットしたのがこちら。

セットリストは以下のとおり。

中森明菜『花よ踊れ』
スピッツ『ロビンソン』
夏川りみ『涙そうそう』
サザンオールスターズ『真夏の果実』
サザンオールスターズ『愛と欲望の日々』
モンゴル800『小さな恋のうた』
一青窈『ハナミズキ』
『帰ってきたウルトラマン』
『ウルトラマンタロウ』
『ウルトラセブンの歌』

えっと、中国・重慶市出身で、1997年生まれの女性が大好きな日本語曲のセットリストとしてどうなんでしょう(爆)

広州GNZ48チームZ「故障組」ワイワイ(王盈)シャオユー(張心雨)第四回総選挙の上海から公式アプリ生放送

広州GNZ48チームZの小ネタ。

公演をつづけたことによる、脚のくるぶしの離断性骨軟骨炎で、今後、舞台でダンスはほぼムリになった、広州GNZ48チームZのワイワイ(王盈 Wáng Yíng( ワン・イン) あだ名: YY(ワイワイ) GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 06/15陕西省生まれ
)。

今回のSNH48グループ第四回総選挙のリハーサルには同席しているが、広州GNZ48二期生チームGのテンテン(陳樂添 Chén Lè Tiān( チェン・ルーティェン) あだ名: テンテン GNZ48 Team G
 GNZ48 2期生
 06/19広東省生まれ
)がホテルの同じ部屋になって、付き添っているらしい。

テンテンが押している車いすで、スマホをいじっているワイワイの図。

これが冗談として成り立っているところが、逆に、メンバーどうしの「きずな」が感じられて、いいなぁと思う。

↓ワイワイの公式アプリPocket48生放送 2017/07/28 23:32~放送分。
他のメンバーがリハーサルをしている間、ヒマなので車いすから生放送、という感じ。

ワイワイと同様、同チームZのシャオユー(張心雨 Zhāng Xīn Yǔ( チャン・シンユー) あだ名: シャオユー GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 1996/03/24陝西省生まれ
)も脚のケガでしばらく公演のフル出演はムリだが、今回の第四回総選挙コンサートのリハーサルには同席していたようだ。

↓上海で滞在中のホテルから、すっぴんで久しぶりに公式アプリの生放送をしていた。
同じ部屋でワイワイも生放送をしている。

上海SNH48チームXIIモリ子(林歆源)の監督責任をまたYoko(張怡)が負わされそうな展開

先日ご紹介した上海SNH48五期生チームXIIパパ(洪珮雲 Hóng Pèi Yún( ホン・ペイユン) あだ名: パパ SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 2001/01/07上海生まれ
)の、スマホゲーム「王者栄耀」プロゲーマー、ジェスとのごたごたの件。

ファンと私的に連絡をとったわけでもなく、異性と交際していたわけでもなく、単にスキがありすぎなだけで、とくに問題なく、運営会社の処分のなかったようだ。

ただ予想どおりというべきか、その後が非常におもしろい展開になっている。

SNH48三期生チームHIIメンヤン(許楊玉琢 Xǔ Yáng Yù Zhuó( シューヤン・ユーチュオ) あだ名: メンヤン SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1995/09/25湖南省生まれ
)が、2017/07/18 10:49にいきなり下図のようなツイートをした。

*) 2017/08/04追記:このメンヤンのツイートはモリ子のことではないと判明した。

新人は少なくとも少しは新人の時期らしい様子をしないといけません。自分の行動をまったく制約しないことを個性だなどと思ってはいけません。

このツイートに対して、姉妹グループのメンバーからも「賛(いいね!)」がついた。上海SNH48はもちろん、瀋陽SHY48、北京BEJ48からも。

メンヤンのこのツイートだけでは事情がわからないが、その直前、2017/07/18 10:21に上海SNH48八期生チームXIIモリ子(林歆源 Lín Xīn Yuán( リン・シンユェン) あだ名: モリ子 SNH48 Team XII
 SNH48 8期生
 06/02浙江省生まれ
)が以下のようなツイートをしている。

自分が正しいと思うことをしなよ。
「私はみんなが好きな人になりたい、それよりも私自身が好きな人になりたい」
他人の気に入られようとして自分を変えちゃダメ。
私は自分が間違っていると思えば、大手をふって認めて謝罪する。でも自分は間違っていないと思えば、どうして頭を下げる必要があるの。
私の家族や友だちが私を18年間かわいがってくれて、甘やかされて短気になったことに感謝してる。
けっきょく、私がいちばん好きな人は私自身だから。

このツイートの前後関係から、メンヤンがこのツイートを非難しているとファンが解釈した。

メンヤンは自分のツイートをすでに削除してしまったので、真相はわからない。

もしかすると別の新人、いまメンヤンが「新人」と呼ぶのはSNH48八期生であることは間違いないので、別の八期生のことを言っていたのかもしれない。

*)2017/08/04追記:モリ子ではなく別の八期生のことだということが判明した。

しかし、この後のモリ子の言行で、メンヤンの非難の対象がしぼられることになる。

その前に、おもしろいのはモリ子が自分のツイートに自分でつけているコメントだ。上の図を再度ごらん頂きたい。

????私をののしるために私をフォローしに来たひとがいるって?ほんとにご苦労さま。
私の前髪ってなんでこんなブスなの。
コメントの一部は削除した。残しておいたのもある。その通りだと思ったから。

そしてその下、彼女が一般ユーザのコメントに返信したり、「賛(いいね!)」をつけたりしている。これは運営会社の規則に違反し、給料が引かれる。

では彼女が削除した「一部のコメント」とは何だったのか。現地ファンは速攻で画面ショットをとっていた。

私はいままで一度も有名になりたいと思ったこともないし、みんなが全員私のことを好きになってほしいと思ったこともない。だから私は思ったことをあえて口に出す。人に嘲笑されても嫌われてもかまわない。人に好かれるかどうかなんて、縁にまかせておけばいい

うん。今回のこと全体はこういう感じなの。ある人がまず、彼女たちがゲームをしているせいで私が眠れなくなると言った。私は眠っていないから大丈夫と説明して、彼女のファンじゃない人は、彼女が何を好きだろうと口出ししないでと言った。そしたらhhyが私を公開処刑にした。こういうことじゃないの?

つまり、モリ子は何かのきっかけがあって、このツイートをしたことになる。

コメントの中の「彼女たち」というのがポイントで、パパ(洪珮雲 Hóng Pèi Yún( ホン・ペイユン) あだ名: パパ SNH48 Team XII
 SNH48 5期生
 2001/01/07上海生まれ
)と八期生のボーア(陶波爾)のことを言っている。

2017/07/17(日) 20:19から、公式アプリPocket48生放送でボーアがパパといっしょにシューティングゲーム「H1Z1 King of the Kill」をやって大盛り上がりしていたのだ。

この生放送を見たファンの中には、「プロゲーマーのことで謝罪しと思ったら、もうゲームで大騒ぎか」と思った人がいてもおかしくない。

↓その2017/07/17 20:19から約1時間半の生放送はこちら。

続きを読む…

AKB48第9回総選挙は中国国内でテンセント動画が独占放送権を購入して放送、その結果は?

上海SNH48グループのメンバーたちも当然、昨日2017/06/17(土)のAKB48第9回総選挙に注目していたので、その話題を。

今年は、中国国内でAKB48総選挙の独占生中継の権利を購入したのは、テンセント動画(騰訊視頻)だった。

テンセント動画 AKB48第9回総選挙生放送ページ

中国国外から見られないように視聴制限がかかっていたが、海外の中国人AKB48ファンの中には、VPNで「逆・壁越え」して視聴していた人もいたようだ。

そして筆者の事前の予測どおり、といっても対して難しい予測ではないのだが、違法ミラー放送(正規配信の画面キャプチャーをそのまま生放送すること)をしているユーザがいた。

ゲーム生放送サイトの「闘魚」や、セクシーなお姉さんの生放送で有名な(笑)「花椒直播」などで、じっさいには中国国外からも見ることが出来たらしい。

中国にニコニコ動画のクローンで「ビリビリ動画」というサイトがあるのだが、そこの違法ミラー放送はサイト管理会社が速攻で封鎖していた。ビリビリ動画くらい大手企業になると、版権の管理も厳格なようだ。

上海SNH48グループは、当然AKB48のファンで入団したメンバーが多い。

初期メンバーの上海SNH48一期生から三期生くらいまでは、かなりの割合がAKB48と日本のマンガ・アニメが好きでSNH48に入団している。

SNH48三期生でチームHIIの人気メンバー、モンスター(劉炅然 Liú Jiǒng Rán( リュウ・チョンラン) あだ名: 怪獣 SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 1994/09/02山東省生まれ
)は、お父さんがAKB48ファンで娘がSNH48に入団するのを大歓迎していた、というのはSNH48ファンの間では有名な話。

最近個人的にフォローし始めた、広州GNZ48チームNIIIキャプテンのミッフィー(劉力菲 Liú Lì Fēi( リョウ・リーフェイ) あだ名: ミッフィー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1995/10/30四川省生まれ
)は、SNH48六期生から広州への移籍組だが、昨日、SNH48公式アプリの生放送で総選挙について話していた。

渡辺麻友さんが卒業を正式に発表したのを悲しんでいて、まじめな表情で、プチプチをつぶしながら(笑)つぎのように話していた。

元神7の時代はもう完全になくなってしまった、あの頃の神7はほんとうにすごかった。前田敦子さんや大島優子さんがいたころのAKB48の、第一回、第二回総選挙のあの緊張感は、いまは完全になくなってしまった。

第四回総選挙のとき、篠田麻里子さんが言った言葉が印象に残っていて、たくさんの人が新人に席を譲れというけれど、そうしないと成長できないメンバーはAKB48にふさわしくない、私をつぶしに来て下さい、だいたいそういう意味のことを言っていた。

その言葉がすごく勉強になって、これこそアイドルグループがとるべき姿勢だと思った。

彼女自身が広州GNZ48チームNIII全曲オリジナル公演『第一人称』が終わった後の生放送で、髪の毛がボサボサ(笑)。ただ、この翌日2017/06/18(日)がSNH48第四回総選挙の速報の日ということで、彼女自身、微妙な気持ちだったに違いない。ちなみに彼女はモーニング娘。もフォローするほどの、日本の女性アイドルグループファン。

で、今回のAKB48総選挙生放送前にひとつ面白いことがあった。

中国国内の独占放送権を購入したテンセント動画のスタッフが、中国2ちゃんねるのAKB48関連掲示板に降臨して宣伝のスレッドを立てたのだ。
続きを読む…

SNH48二期生ナナちゃん(萬麗娜)生放送で『I’m crying』振付けレッスン

SNH48グループメンバーが、時間があれば公式アプリPocket48の生放送機能で気まぐれに生放送をするので、とても一つひとつ拾えない。

ただ、たまに運良く面白い生放送に当たることがあり、今回ご紹介するSNH48二期生ナナちゃん(萬麗娜 Wàn Lì Nà( ワン・リナ) あだ名: ナナちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1997/10/02江西省九江市生まれ
)の生放送もその一つ。

SNH48一期生から三期生くらいのメンバーは、最近、運営会社の方針で、典型的なJ-POP路線とは別に、K-POP路線を推しつつある。

そんな中で、このナナちゃん(萬麗娜 Wàn Lì Nà( ワン・リナ) あだ名: ナナちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1997/10/02江西省九江市生まれ
)の生放送をたまたま開いて、なぜかホッとした。

レッスン部分だけをつないで編集してある。

AKB48『目撃者』公演の『I’m crying』の振付けを、スマホの前のファンにレッスンしてくれているんだけれど、難しすぎてまったくついて行けない。

SNH48二期生チームNIIは2014/10/11~2015/04/18の期間『目撃者』公演を上演していたので、ナナちゃん(萬麗娜 Wàn Lì Nà( ワン・リナ) あだ名: ナナちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1997/10/02江西省九江市生まれ
)も当然この曲はお手のもの。

現地の事情で同公演のタイトル曲『目撃者』はカットされ、公演タイトルも『前所未有』(前人未到の意味)に変えられていた。

どういう理由でナナちゃん(萬麗娜 Wàn Lì Nà( ワン・リナ) あだ名: ナナちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1997/10/02江西省九江市生まれ
)が、過去にSNH48チームNIIが上演したAKB48公演の中から、とくにこの曲を選んだのかは分からないけれど、やっぱり彼女の初心はAKB48にあるんだと思ってご紹介した。