広州GNZ48チームG全曲オリジナル公演の名曲『Gravity』の歌詞を全力で深読みしてみた

広州GNZ48チームGの全曲オリジナル新公演『双面偶像』から、M15.Gravityの歌詞を日本語試訳。作詞は中国の秋元康(?)こと甘世佳。

例によって甘世佳さんの歌詞はものすごく密度が高い。オンライン生放送の弾幕コメントにも「甘世佳の歌詞は何を言っているのか分からん」と、中国人でさえ書くくらいなので。

いったん日本語試訳してから、長々と解説を付ける。

泥沙做的偶像
一个一个走上
竞技场尘埃飞扬

泥砂で作られた偶像が
一つまた一つ
競技場に上がり 砂埃を巻き上げる

还没学会伪装
迫不及待奔向
欢宴上熙熙攘攘

自分を偽ることを知らぬまま
待ちきれず駆けてゆく
輝かしく賑わう宴へと

回头望万世风光
眼前是广州塔之上
一纵身的下场
别怪我喜欢飞翔

振り返れば永遠の美しい風景
目の前の広州塔の上
身を躍らせ舞台に降り立つ
私のせいじゃない 翔ぶのが好きなの

就当这是最后一趟
让我身体如歌绽放
才不枉 握过的手掌

たとえこれが最後の一回でも
身体を歌のように咲かせよう
握ったあの掌を ムダにしないため

就算随着重力下降
落地之前容我再唱
几万场 这念念不忘

たとえ重力につれて 落ちていっても
着地の前に もっと歌わせて
何万回でも 決して忘れないから

远古那个女王
捏出来的偶像
谁比谁更加高尚都一样

遥か太古のあの女王が
作り出した偶像
誰がより気高いかなど みな同じ

娑罗树影成双
枯荣都是虚妄
要什么华丽伪装

沙羅双樹が二つ影をなし
栄枯盛衰もみな虚妄
ならば何も要らない 華麗さを装うだけ

让天堂换个方向
重力加速度的力量
让我贴地飞翔
等绝唱 不如发光

天国の方向を逆転させ
重力加速度の力を借りて
地を這って翔ぼう
絶唱を待つより 光を放とう

就当这是最后一趟
让我身体如歌绽放
才不枉握过的手掌

たとえこれが最後の一回でも
身体を歌のように咲かせよう
握ったあの掌を ムダにしないため

就算随着重力下降
落地之前容我再唱
几万场这念念不忘

たとえ重力につれて 落ちていっても
着地の前に もっと歌わせて
何万回でも 決して忘れないから

oh oh oh
太念念不忘

決して忘れないから

风雷电的交响
在我耳边回荡 回荡 回荡

風と稲妻が響き合い
私の耳元でくり返しこだまする

谁说这是最后一趟
不要低估梦的重量
这一场 没有人退场

これが最後の一回なんて誰が言ったの
夢の重さを見くびらないで
この一回の舞台からは誰も退場しない

我们逆转重力方向
向着青空呼啸而上
有翅膀 在身后延长

私たちは重力の方向を逆転させ
青空に向かって叫びながら昇ってゆく
背中の翼を大きく広げて

oh oh oh
我喜欢翱翔

私は翔ぶのが好き

oh oh oh
(重力之下天空之上)
我喜欢翱翔
(可曾看见我的翅膀)

(重力の下 大空の上)
私は翔ぶのが好き
(私の翼が見えていたでしょ)

oh oh oh
(重力之下天空之上)
我喜欢翱翔
(可曾看见我的翅膀)

(重力の下 大空の上)
私は翔ぶのが好き
(私の翼が見えていたでしょ)

以上が日本語試訳。

以下は筆者の考えによる、歌詞の解説。

続きを読む…

SNH48の「秋元康」、作詞家・甘世佳さんの作詞観とAKB48楽曲の訳詞ウラ話

先日ここでご紹介した『人間規則』ほか、SNH48グループに素晴らしい歌詞を提供している作詞家・甘世佳が、中国のQ&Aコミュニティーサイト「知乎」で2017/07/07(金)にリアルタイムのQ&Aライブイベントを有償で行うとのこと。

その前に、SNH48ファンからの質問の一部に無償で答えるプレイベントをやっていたらしく、それを日本語試訳する。

例によってできるだけ中立的な逐語訳にするが、試訳の正確性について例によっていっさい保証はない。

冒頭からいきなり、SNH48結成当初、AKB48楽曲の作詞についてAKB48運営がどう関わっていたかの話があり、とても興味深い。

Q.娘さんをSNH48に入れるつもりはありますか?入りたいと言ったら賛成しますか?

A.入りたいと言えばもちろん賛成します。反対する理由はないですよね。でもあえてそちらへ押すことはしません。

Q.甘先生にお聞きします。どういう縁でSNH48の作詞をするようになったんですか?以前の作詞をどう思っていますか(主にAKB48の中国語訳詞について)?

A.最初の質問はライブイベントで直接お話しますので、ここでは答えません。

二つ目の質問は、『GIVE ME FIVE!』の前、当時、何曲かの歌詞作品は外部の厳格な制限があり、私の理解では、日本側が一人通訳を派遣していて、中国語の歌詞をじっくり読んで、もとの日本語の歌詞と一文字一文字対応させるように要求がありました。

私個人はそう認識していますが、本当にそうだったのか確認していません。スタッフがそう話してくれたんです。私はこれでは歌詞の創作のルールに違反しますし(訳注:創作的な訳詞をしていないのに訳詞者とクレジットされてしまうという意味)、中国語の発音のルールにも違反します。

なので、歌として歌える良い歌詞を創作するのは難しかったです。たぶん重要だったのはその問題でしょう。その後、上海で(主導権を)勝ち取って折衝をおこない、だんだんと要求がそれほど厳格ではなくなりました。そのころちょうど『GIVE ME FIVE!』の歌詞の話が出てきた、という状況でした。

Q.先生の『GIVE ME FIVE!』の訳詞は非常に素晴らしいですし、『GIVE ME FIVE!』の曲調も良いです。聴くととても楽しくなります。この歌に対してどういう見方をされていますか?またこんなに良い歌詞をどうやって書いたんですか?

A.私も個人的に『GIVE ME FIVE!』の歌詞はとてもとても好きです。というのは、まずこの曲はSNH48のために書いた最初の歌詞だということ。次に、書いたときものすごく気持ち良かったからです。

もちろん反省すべき部分はあります。「校草」(訳注:全校でいちばんのイケメンという意味)や「女神」といった言葉はダサいですよね。その後、他の歌詞ではできるだけ避けるようにしています。いまふり返ってみるとこの歌詞はとても好きです。卒業の季節にぴったりですし。

Q.AKB48の歌詞の翻訳もされていますし、創作の作詞もされていますが、実体験から中国国内で創作された楽曲の歌詞とAKB48楽曲の歌詞とで、言葉の意味合いに何か違いはありますか?

A.私はAKB48の歌詞の翻訳というステップを経験したことがありません。『GIVE ME FIVE!』が最初の曲ですので。そのころはもう無理やり翻訳するように、という要求はありませんでした。

テーマが基本的に相似していれば良いということになっていました。なので私が書いたのは基本的にすべて創作の歌詞です。

翻訳について、私は翻訳というこの言葉に強く反対します。私たち中国の伝統では、外国のポピュラーソングを中国語の歌詞にすることを「訳配」と呼びます。つまり翻訳し、かつ、原曲に合わせるということです。
続きを読む…

48系の本質をついた上海SNH48オリジナル曲『人間規則』の歌詞を歌える日本語にしてみた

現地ファンにまだ波紋を広げている、上海SNH48チームXII全曲オリジナル公演『コードXII』の『人間規則』という曲の歌詞。

歌える日本語に翻訳してみた。

『人間規則』
作詞:甘世佳

正直にと言われ ホントを言ったら
突然 冷たくされた
言われたルールは
絶対 破れないのに
トクしたのは 違反者

知恵をしぼって
奪う 架空の王座
その無邪気が あざといと
デフォルトでは
読めない人の心
黒は白に できない

アイラインを引いてよ
ギラギラを隠すため
少しルージュを塗って
輪郭 ぼかすため
暗黙の ルールの下の
裏ルール 教えてよ
スパコンでも
あいまいで 答えが出ない

まずは黙って
顔色 うかがう
人の弱さ 探ってく
“彼ら”はどうして
ぼんやり 日々を送るの
キレイは うわべだけなのに

人類の王国
ひとつひとつ 堕ちてく
無数の 国王が去ってく
だからこそ
やわらかな 片隅に
詩の花が咲く

アイラインを引いてよ
ギラギラを隠すため
少しルージュを塗って
輪郭 ぼかすため
暗黙の ルールの下の
裏ルール 教えてよ
スパコンでも
あいまいで 答えが出ない

雨がやみ 晴れた空
探りあって 楽しもう
苦いコーヒー
無数の香り
甘みに 浮き上がる本性

小説を読ませてよ
虹色を描くため
明日の姿 教えて
不安に 震えるため
ひとつ願いをかけて
永遠が 分からない
計算はいい
人のしなやかさが 好き

小説を読ませてよ
虹色を描くため
明日の姿 教えて
不安に 震えるため
ひとつ願いをかけて
永遠などいらない
計算はいい
もう人として 生きれるから

音節数を合わせるためにムリのある部分がありますが、ご容赦を。

中国人の日本語学習者が、中国語を日本語訳すると・・・

(1)熟語をそのままつかう
(2)助詞を省略しない
(3)日本語独特のカタカナ表記がつかえない
(4)日本語独特の句読点法がつかえない
(5)擬態語が適切につかえない

という特徴がある。要するに、教科書に出てくるような日本語しか書けない。

この歌詞にも「誠実」「真相」「必須」「遵守」など、熟語がたくさんあるけれど、そのまま日本語にすると硬すぎるので、できるだけ「やまとことば」にする。

助詞の省略は、主語や目的語であることが明確な場合「は」「が」や「を」は省略できる。

などなどに注意して、できるだけ歌える音節数の日本語にしてみた。

(ヒマか!)

SNH48グループ全曲オリジナル公演最終曲を日本語試訳(1)チームSII『私の舞台』チームX『未来への伝言』

SNH48グループの全曲オリジナル公演はすでに下記の5公演、間もなくSNH48三期生中心のチームHIIも新しい全曲オリジナル公演を始める。

『心の旅程(心的旅程)』
『専属派対(僕らだけのパーティー)』
『ドリーム・フラッグ(夢想的旗幟)』
『コードXII(代号XII)』
『ティアラ・ファンタジー(奇幻加冕礼)』

そこで、各公演の最後の曲の歌詞が何を言っているのか、日本語試訳。最後の曲はすべて「感動のフィナーレ」的な内容になっていると思われるからだ。

あくまで試訳なので間違いはご容赦ください。

まず上海SNH48チームSII全曲オリジナル公演『心の旅程』公演の最後の曲、『私の舞台(我的舞台)』。

歌詞全体が、十年後の自分自身に問いかける内容になっている。同時に『心の旅程(心的旅程)』というタイトルの公演の最後にふさわしく、飛行機の旅の比喩になっている。(ちなみにこの公演の最初の4曲の衣装は、キャビン・アテンダントがモチーフ)

この歌詞を読むと、作詞者の甘世佳が現地のファンに高く評価されていることがよく分かる。

《我的舞台》
詞:甘世佳
曲:ASPJ

旅程中摘过的花 你还记得 它绽放的样子吗

旅の途中に摘んだ花が
咲いていた様子をまだ覚えてるかな

风景里说过的话 是否值得 一辈子铭记吗

風景の中を歩きながら話したこと
一生忘れない価値があるかな

留恋吗 一路上人和事

名残惜しく思ってるかな
旅の途中で出会った人やいろんな事

感动吗 当风光像首诗

感動してるかな
風景をまるで一篇の詩のように思って

海滩上砌过的沙 最后依然 被潮水都冲走吧

ビーチで積み上げた砂は
最後にやっぱり波に流されてしまうよね

曾结在心上的疤 其实都会 随时光消散吧

心にできたかさぶたは
じつはみんな 時とともに消えてくよね

无悔吗 离开总会回来

後悔してないかな
別れがいつももどってくること

骄傲吗 摘下的花仍然会盛开

誇りに思ってるかな
摘んだ花がまだ満開だということ

绽放在我们的舞台

私たちの舞台で花開いてること

每当世界在变幻 这舞台就是你旅程的港湾

世界が目まぐるしく変わっても
この舞台があなたの旅の港

沿途是否记得 一起欢笑泪水的伙伴

旅の途中のことを覚えてるかな
いっしょに笑って泣いた仲間たちのこと

回忆还感动吗 梦是否已在青空上盛开

思い出して感動するかな
夢はもう青空の上で満開になってるかな

十年后再回首 但愿初心不改

十年後また振り返っても
初心が変わっていませんように

命运的飘零之花 你还记得 它最初的样子吗

花はしぼんで落ちる運命だけど
最初の様子を覚えてるかな

年少时说过的话 是否值得 坚持过一辈子

若かったころ話したことは
一生覚えてる価値があったかな

无尽吗 三千个夜与日

思いは尽きないかな
三千日の間に起こったいろんなこと

无畏吗 少年的傻与痴

恐れてないかな
バカなことをした若いころのこと

人生像漫长旅途 永远记得 曾和你并肩出发

人生は長い旅のよう
あなたと肩を並べて出発したこと
永遠に忘れない

在这片屋檐之下 一起度过 最绚烂的年华

この屋根の下で いっしょにすごした
いちばん輝いてた日々のこと

幸运吗 当初坚持还在

幸運だと思ってるかな
さいしょの頑張る気持ちをまだ持ってること

不舍吗 告别最终是为了回来

名残惜しいかな
でも別れは最後にまた戻って来るため

绽放在更大的舞台

そしてもっと大きな舞台で花開くため

每当世界在变幻 这舞台就是你旅程的港湾

世界が目まぐるしく変わっても
この舞台があなたの旅の港

沿途是否记得 一起欢笑泪水的伙伴

旅の途中のことを覚えてるかな
いっしょに笑って泣いた仲間たちのこと

回忆还感动吗 梦是否已在青空上盛开

思い出して感動するかな
夢はもう青空の上で満開になってるかな

十年后再回首 但愿初心不改

十年後また振り返っても
初心が変わっていませんように

永恒吗 所谓的成与败

永遠につづくものかな
いわゆる勝ち負けって

永恒吧 这灯光还会闪亮起来

永遠につづくよね
このライトがまた照らし出すから

请回到我们的舞台

私たちの舞台にまた戻ってきて下さい

每当世界在变幻 这舞台就是你永远的港湾

世界が目まぐるしく変わっても
この舞台があなたの旅の港

我会努力记得 每一张脸感受的温暖

頑張って忘れないようにする
一人ひとりの顔から受け取った温かな思いを

不灭的激情还在 继续陪我飞向云端之外

情熱はまだ消えずにいて
私といっしょに雲の向こうまで飛び続けてくれる

十年后再回首 我们初心不改

十年後また振り返っても
初心が変わっていませんように

これは泣ける。

次に上海SNH48チームNII全曲オリジナル公演『専属派対(僕らだけのパーティー)』の最後の曲、『星願(星に願いを)』だが、これは以前ここで日本語試訳しているので、このブログを「僕らだけのパーティー 日本語試訳」で検索して下さい。

次に上海SNH48チームX全曲オリジナル公演『ドリーム・フラッグ(夢想的旗幟)』の最後の曲、『未来寄語(未来への伝言)』。

続きを読む…