上海SNH48のK-POPスタイル新派生チーム「7 SENSES」が授賞式で露出を稼げると思ったら…

上海SNH48のK-POPスタイルの新派生チーム「7 SENSES」が、2017/04/25に北京で行われる、スマホアプリ「iFense 粉絲網」の「iFense2017年戦略発表会および2016年の最もファンに影響力のあったスター授賞式」にゲスト出演して、露出を稼げるようだ。

何にしても露出を稼げるなら良い、と思っていたら…。

という具合に、「7 SENSES」と同じK-POPスタイルの女性グループ「蜜蜂少女隊」も同じ授賞式にゲスト出演するとのこと。

蜜蜂少女隊のファースト・アルバム全曲の音源はYouTubeのこちらで聴ける

…というかこの「蜜蜂少女隊」のアルバム、dub stepもあるし完全に「7 SENSES」と路線が重複している。

そして同じ授賞式に、上海SNH48の姉妹グループ、広州GNZ48のTeam Gもゲスト出演。

広州GNZ48運営も劇場外の仕事を獲得するのに、かなり努力していることが分かる。

SNH48日産協賛の中国ツイッター「微博之夜」授賞式で「年度人気グループ賞」受賞

SNH48が2017/01/16(月)、中国ツイッター(新浪微博)が2003年から年に一度開催している、東風日産協賛の「微博之夜」という授賞式で、「ウェイボー(微博)年度人気グループ」賞を受賞した。場所は北京国際会議センター。

授賞式に参加したのは、一期生チームSIIキキ(許佳琪 Xǔ Jiā Qí シュー・チャーチー あだ名: キキ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/08/27浙江省生まれ
 画像集
)、タコちゃん(張語格 Zhāng Yǔ Gé チャン・ユーグー あだ名: タコちゃん SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1996/05/11ハルピン市生まれ
 画像集
)、二期生チームNIIカチューシャ(李藝彤 Lǐ Yì Tóng リー・イートン あだ名: カチューシャ SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/12/23陝西省西安市生まれ
 画像集
)、テテちゃん(黃婷婷 Huáng Tíng Tíng フアン・ティンティン あだ名: テテちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1992/09/08江蘇省南京市生まれ
 画像集
)、ユーミー(趙粵 Zhào Yuè チャオ・ユエ あだ名: Akira SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
 画像集
)、ナナちゃん(萬麗娜 Wàn Lì Nà ワン・リナ あだ名: ナナちゃん SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1997/10/02江西省九江市生まれ
 画像集
)の6名。

以前から何度も書いているように、中国のこの手の賞は結果の評価というより、授賞式に出ることでメディア露出を増やすためのもの。

なので、他にどういう受賞者がいるかを見ておいたほうがいい。

こちらが受賞者リスト(1/2)
こちらが受賞者リスト(2/2)

筆者は中国人ではないので全部は分からない(笑)。以下、個人的に知っている名前だけを取り上げる。

たとえば「ホットな人物賞」に「papiちゃん」がいるのは激しく納得。

「突破スポーツチーム賞」に中国女子バレーボールチーム、「突破人気スポーツチーム賞」に中国卓球チームが選らばれているのは、2016年がオリンピック・イヤーだったので妥当なところ。

「影響力企業賞」がやや謎で、OPPOは2016年に中国国内のスマホ史上でシェアを伸ばしているので分かるが、ファーウェイの影響力は以前からだし、スマホブランドのシャオミー(小米)に至っては2016年は人気が落ちた年だったはず。中国版Uberの「ディーディー(滴滴)」は妥当なところ。東風日産も入っているが、協賛企業が自分で自分に授賞してどうする、とツッコミを入れたくなる。

そして「ウェイボー(微博)キング」はTFBOYS、「ウェイボー(微博)クイーン」は范冰冰(ファン・ビンビン)と、何の意外性もない。

「年度男神賞」にショウ・ルオ(羅志祥)がいるのは、たぶん上海東方衛星テレビのリアリティーショーに出演したときの女装キャラでだと思う(笑)。

そしてSNH48は「音楽ランキング」カテゴリーで受賞している。

同カテゴリの「年度卓越成就歌手」はアーメイ(張惠妹)。実力派の彼女はいまさら賞など不要だが。「最も実力のある歌手」のジェーン・チャン(張靚穎)も、今さら受賞するまでもない。

この流れで「音楽ランキング」のいちばん最後に「年度人気グループ」としてSNH48が受賞している。

SNH48が范冰冰クラスの人気を得て「ウェイボー(微博)クイーン」になれるはずがないし、実力派ではないので「卓越」とか「実力のある」とかいう賞をとれるはずもない。

ただ、女性グループとしては、たしかに今の中国の内地でSNH48に代わる存在はいないと思う。そういう意味でSNH48運営会社が女性アイドルグループという「ブルーオーシャン」で先手を取っているのは事実。

(そしてそういう重要なビジネスパートナーとケンカ別れするという、大失敗をやらかしたAKB48運営に、経営の才覚がないのもれっきとした事実)

もちろん、台湾や韓国に広げれば、SNH48に代わるグループ歌手はいくらでもいるけれど。

いずれにせよ、このイベント「微博之夜」の中国ツイッター(新浪微博)公式アカウントのフォロワー数だけでも280万ユーザ。

そこでこのイベントのオンライン生放送が告知され、SNH48の名前が何度もツイートされ、オンライン生放送を見た人がSNH48の6人を見て「何だこれ」と思っただろう。

その露出だけでも、SNH48が「微博之夜」に参加した価値は十分にある。

SNH48メンバーが司会に挑戦、新浪アジア・ニューソング・ランキング授賞式

SNH48チームSIIメンバーが、初めて自分たちのコンサート以外の大会場での司会に挑戦。

中国ツイッターの運営会社で中国インターネット大手「新浪」が2016/09/27に開催した、アジア・ニューソング・ランキング授賞式。

男性人気歌手・華晨宇、女性人気歌手・李宇春の2人が参加しているから、何とか様になっているものの、TFBOYSは本人たちが登場しない、やや低調な授賞式イベント。

↓SNH48登場部分だけを編集した動画がこちら。

SNH48チームSIIの6名は、オープニングで彼女たちの全曲オリジナル公演『心の旅程』から、意外なところでユニット曲『新世界』と、SNH48オリジナル曲『ドリームランド(夢想島)』をパフォーマンス。

その後は男性司会者のサポート役で、最後まで司会を務めた。台本どおりの進行。

SNH48自身も、オリジナル曲『ドリームランド(夢想島)』のMVで、2016年度最優秀グループ賞と、推薦MV賞を受賞した。

ちなみに2016年度海外傑出歌手には、日本から倉木麻衣が選ばれて参加していた。

SNH48メンバーたちにとって、倉木麻衣は第一に子供の頃からよく見ていた『名探偵コナン』の主題歌の歌手なので、プレゼンターとして実はドキドキしていたんじゃないかと思う。

倉木麻衣へのプレゼンターとして登場するとき、SNH48のシャオアイ(陳觀慧 Chén Guān Huì チェン・グァンフェイ あだ名: シャオアイ SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1993/08/28広東省湛江市生まれ
 画像集
)とマネー(錢蓓婷 Qián Bèi Tíng チェン・ベイティン あだ名: マネー SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1995/05/07上海市生まれ
 画像集
)が黒縁メガネをかけているのは、もちろん名探偵コナンの部分コスプレ(笑)。

このイベントが終わった後、司会をつとめたメンバーはいずれも、まだまだ司会者として足りないところがあるので、努力してもっとうまく出来るようになりたいとツイートしていた。

SNH48グループは一定の知名度をすでに得ているけれど、まだまだ未来に成長の余地を残しているという、ある意味とてもバランスのとれた育成系アイドルのポジションにいると思う。