北京BEJ48二期生デビュー2017/04/20劇場公式写真除幕式、初パフォーマンス『微笑みの向日葵』

今日2017/04/20(木)北京BEJ48結成一周年の日にお披露目された、北京BEJ48二期生15名をご紹介。

公式写真の一覧は、このブログの左上の「全メンバー画像集」をクリック、「BEJ48 2期生」を選択して頂くと表示される。

北京BEJ48二期生デビューの劇場公式写真除幕式の映像はこちら

北京BEJ48二期生デビューパフォーマンス『微笑みの向日葵』BEJ48第二弾全曲オリジナルEPより

これら北京BEJ48二期生は、チームB、チームE、チームJにそれぞれ入団する。

北京BEJ48ニューイヤーEP『微笑的向日葵』4曲の音源が公開

北京BEJ48のニューイヤーEP『微笑的向日葵(微笑みのひまわり)』の収録曲が次々公開されている。

中国ならではだけれど「楽曲でお金はとりません(CDは握手券目当てで買ってもらって大丈夫です)」というところが潔い。

シングル曲としてはますますこなれてきて、一定のレベルをクリアした楽曲ばかりなのでコメントなし。

ほとんどの編曲に、2008年エイベックス・ワールドオーディションでアーティスト・グランプリを受賞したkoshin(胡臻)さんが参加している点が、やはり大きいと思う。多少作曲が悪くても、編曲が良ければポップスとしては一定の質になってしまうので。

BEJ48『愛似Fantasy(愛はファンタジーのよう)』
作詞:黃楓宜、作曲:PyonKichi、編曲:PyonKichi

イントロから転調するかと思ったらしない。AメロはBbメジャー、BメロでAbメジャーに二度転調、サビで再度Bbメジャーに戻る変則的な転調のある曲。編曲も音の厚みがない割にブレイクの入れ方など、意外性があってよく出来ている。後半の間奏のディストーションギターも転調。

BEJ48『銀色的旋律(銀色のメロディー)』
作詞:三日月、作曲:Piggy、編曲:Piggy/Koshin

ディスコ。Bメロで「パーンパパン」。Cメロで一瞬転調するかと思ったらFメジャーのまま。Cメロがよく書けてる。イントロ、間奏、アウトロが同じで、ボーカルも入っているためブリッジ的役割。

BEJ48『冬季恋(冬の恋)』
作詞:D.U.O、作曲:D.U.O、編曲:Darren/Koshin

ミドルテンポで落ち着く曲だが、この4曲の中では作曲、編曲ともやや質が落ちる。メロディーはよくある感じ。間奏のディストーションギターにあまり意味がない。

BEJ48『星空下約定(星空の約束)』
作詞:夏寧、作曲:Evening Scandle/Piggy、編曲:Koshin/Piggy

F#メジャー。全体のメロディーの構成がとても凝っている。Aメロ、Bメロ、Cメロがあってからサビがある感じに聴こえる。しかもツーコーラス目の後にブリッジとしてもう一つEメロまである。メロディーがかなり贅沢な曲。イントロとアウトロのスキャットも編曲として良く出来ている。