広州GNZ48チームGキャプテン曾艾佳が『双面偶像』第4回公演後メンバーに活を入れる

広州GNZ48チームGキャプテン・ライオン(曾艾佳 Zēng Ai Jiā( ツォン・アイチャー) あだ名: ライオン GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/07/11四川省生まれ
)が昨日2017/08/18(金)の全曲オリジナル公演『双面偶像』第4回終了後、チームG全体に活を入れるツイートをした。

今日は満席でしたか?
いいえ。
今日の立ち席は満席でしたか?
いいえ。
今日水かきのメンバーはいましたか?
いました。
(訳注:「划水(水かき)」とはちゃんとダンスをしていないこと)

チームGが長いあいだ待ち望んで、GNZスタッフ全員がどれだけ汗水たらして、こんな傑作を作り出したか。こんなにみなさんを感嘆させた『双面偶像』。私は絶対に誰ひとりとしてミスをしてこの公演を台無しにすることを許しません。

私たちを大事に思ってくれる人がガランとした座席で、私たちに「どうしてこんなに可愛いチームGを誰も愛してくれないんだ」と言うのを二度と見たくありません。私たちの中にも数え切れないほど何度もあきらめようと思だけれど、一歩一歩ここまで頑張ってきたメンバーが何人もいます!

私はチームGの誰一人としてこの舞台から離れさせたくありません。でもこれからの日々は200%の決心を投入して下さい。双面偶像の上にチームGの名前を刻んで、チームGの他に誰もこれほど人を賛嘆させる双面偶像は踊れないようにしたいんです!

次にまたこんなダンスをしたら、私は一人で罰として劇場の入口に12時間立つので、どうぞ腐った野菜や果物を投げつけて下さい。

今後、ファンのどなたでも実名で、どのメンバーのどんなミスでも私に知らせて下さい。ダンスの振付けの間違い、立ち位置の間違いについて、愛情や配慮から可愛いと思って笑顔を向けるのはやめて下さい。そうすれば彼女たちの冷淡なキャプテンは、ますますメンバーを捕まえてすぐに罰を与える事になりますから。

彼女は、厳格です。みなさんの思うより怖いです。今後の公演でメンバーが誰一人として、キャプテンが手荒く正しい立ち位置に押し返すようなことがないよう願っています。そしてチームGの全員がさらに元気いっぱいに舞台上で光と熱を放つように願っています。

私と副キャプテンの高源婧 Gāo Yuán Jìng( カオ・ユェンチン) あだ名: キツネちゃん GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/07/06山東省生まれ
は明日の夜から、部屋のチェックを実施します。時間は毎晩夜12時。

私たちは、あらゆる面で人に好かれる価値のある人間になる必要があります。部屋に帰って『Gravity』の歌詞を全部書き写して、しっかりその含意を感じて下さい。

約束です。私たちチームGは負けません。

現地ファンのコメントを読むと、賛同してチームGを励ますものが多いが、あまり厳しくしてメンバーにプレッシャーをかけすぎないように、ゆっくり良くしていけばいい、というものもある。

広州GNZ48チームGはこういう厳しいキャプテンが前に出てチーム全体を引っ張り、チームNIIIはあまりキャプテンが前に出ず、すべてのメンバーが同じ価値観を共有して対等な絆で団結している。

この傑作オリジナル公演『双面偶像』で、今まで低迷していた広州GNZ48チームGが一気にSNH48姉妹グループ全体の注目を集めることになって、心から良かったと思う。

北京BEJ48チームBも新公演が待っているし、今日の広州GNZ48チームZのナイピン(農燕萍 Nóng Yàn Píng( ノン・イェンピン) あだ名: ナイピン(奶瓶) GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 2000/07/30江西省南寧市生まれ
)誕生祝いコーナーでも新公演という言葉が出てきた。

北京BEJ48、広州GNZ48は元SNH48五期生のいーしゃん(段藝璇 Duàn Yì Xuán( ドァン・イーシェン) あだ名: いーしゃん BEJ48 Team B
 SNH48 5期生
 1995/08/19湖南省生まれ
)やライオン(曾艾佳 Zēng Ai Jiā( ツォン・アイチャー) あだ名: ライオン GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/07/11四川省生まれ
)が引っ張っていけるので、上海SNH48にしっかり付いていくことができる。

心配なのは瀋陽SHY48と、これから出来るCKG48。やはり姉妹グループを移籍組なしで一から立ち上げるのは難しすぎるのではないかという気がする。

・・・といった動向も楽しめるのが、48系グループファンの面白いところ。

広州GNZ48 CK(陳珂)誕生祝い個人冠協賛を中国アルファブロガーが「ファンが大金を投じたテレビ広告」と絶賛

で、これは触れないわけにはいかないということで、個人協賛ボートレースで、日本人の某SNH48グループファンが広州GNZ48チームG CK(陳珂 Chén Kē( チェン・コー) あだ名: CK GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/08/09湖南省生まれ
)の誕生記念のタイトルを付けた件。

中国ツイッター(新浪微博)で194万人のフォロワーを有するエンタメ関連アルファブロガー「圈太子」が2017/08/15 23:31にこの件をツイートした。それをさらに125万人のフォロワーを有する、アルファブロガー「娯楽八卦庁長」がリツイートしている。

そのツイートがこちら。下に日本語試訳を付ける。

#ファンが陳珂 Chén Kē( チェン・コー) あだ名: CK GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/08/09湖南省生まれ
の誕生日を威勢よく祝う# メイド・イン・チャイナ!超新星スターが一歩進んで海外市場を占領!

”メイド・イン・チャイナ”の勃興と強大化につれて、エンタメ業界も国際市場を占領する大きな力を持つようになっている。早くからすでに中国を出た巨星ブルース・リー、ジャッキー・チェンはもちろん、すでに誰もが知るコン・リー、チャン・ツィイーはみな、国際的なエンタメ業界で重要な位置を占めている。

最近、吳京主演映画『戦狼2』の興行収入は45億人民元を突破、全世界興行収入100強に英雄的な入選を果たし、海外メディアの注目を集め、”メイド・イン・チャイナ”をさらに高い国際市場へと邁進させている。

先日の報告によれば、海外のプロボートレース競技の中で、その日が誕生日というだけの理由で、あるファンがGNZ48メンバー陳珂 Chén Kē( チェン・コー) あだ名: CK GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/08/09湖南省生まれ
のために大金を投じてテレビ広告を打った。これは中国新世代アイドルもまた一歩一歩国際化へ向けて歩んでいることを側面から示している。

GNZ48陳珂 Chén Kē( チェン・コー) あだ名: CK GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/08/09湖南省生まれ
は以前よりネットの人気者(訳注:中国のユーチューバー的な人気者)Papiちゃんに似ていると、ファンから冗談を言われているが、何と若くしてテコンドーの名手であり、段位はすでに同競技の赤黒帯に達している。

大金を投じた海外の広告が引き起こしたファン経済は再び中国人を震撼させたが、ネットユーザたちは次々とこれは決して意外ではないと評した。

というのはGNZ48は多くのファンによって、彼らの認める最も身近なアイドル文化のアイドルグループの一つとの誉れ高いからだ。国内のアイドルグループは海外でこれほど大きな反響を引き起こすことができ、中国国内のファンたちも喜び、誇りに感じている。

ブルース・リー、ジャッキー・チェン、コン・リー、チャン・ツィイーと名前が並んだ広州GNZ48チームG CK(陳珂 Chén Kē( チェン・コー) あだ名: CK GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/08/09湖南省生まれ
)すごい!ということで、ちょうどチームG全曲オリジナル公演『双面偶像』初演の直後でタイミングもよく、現地SNH48グループファンの間で大ウケのネタになった。

通りすがりの一般人は、競艇や競馬の個人協賛が日本でいろんなネタになっていることや、その費用が数万円であることも含め、SNH48との関連の説明もなしにいきなりGNZ48と言われても、何のことかさっぱり分からないだろうけれど。

(ちなみに、このアルファブロガーがツイートで「日本」という単語を一度も使っていないのは、08/15が終戦の日で「日本」という言葉をこの種のネタに使いづらいため)

このネタツイートで「一珂賽艇」という造語が現地SNH48グループファンの間で流行中。

「珂」は陳珂 Chén Kē( チェン・コー) あだ名: CK GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/08/09湖南省生まれ
の「珂」、「賽艇」は「競艇」の意味。そして「一珂賽艇」を中国語読みすると「イークサイティン=エクサイティング」になるという出来すぎたネタ。Exciting!

しばらくの間、広州GNZ48チームG『双面偶像』にCK(陳珂 Chén Kē( チェン・コー) あだ名: CK GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/08/09湖南省生まれ
)が登場するたびに、ネット生中継の弾幕コメントが「一珂赛艇」一色になると思う。

みなさんもビリビリ動画の生中継を見ながら、CK(陳珂 Chén Kē( チェン・コー) あだ名: CK GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/08/09湖南省生まれ
)が出てきたら「一珂赛艇」とコメントを流そう。

広州GNZ48公演生中継サイトはこちら(ビリビリ動画)。もちろんネット観覧は無料。

近日中の広州GNZ48チームG『双面偶像』公演は、明日2017/08/18(金)日本時間20:30~、2017/08/20(日)日本時間15:00~。CK(陳珂 Chén Kē( チェン・コー) あだ名: CK GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/08/09湖南省生まれ
)の誕生日記念公演(いわゆる生誕祭)は来週末2017/08/26(土)日本時間20:00~。

広州GNZ48チームG『双面偶像』公演生中継で、みなさんいっしょに「一珂赛艇 exciting」!

広州GNZ48メンバーのとあるお仕事のインタビュー場面囧囧

広州GNZ48メンバーのとある劇場外のお仕事でのインタビュー場面。GNZ48運営の中国ツイッター(新浪微博)公式アカウントの写真が面白すぎた。

↓左からチームZナイピン(農燕萍 Nóng Yàn Píng( ノン・イェンピン) あだ名: ナイピン(奶瓶) GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 2000/07/30江西省南寧市生まれ
)、チームGキツネちゃん(高源婧 Gāo Yuán Jìng( カオ・ユェンチン) あだ名: キツネちゃん GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1999/07/06山東省生まれ
)、チームNIIIチェンチェン(劉倩倩 Liú Qiàn Qiàn( リョウ・チェンチェン) あだ名: チェンチェン GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1994/11/28福建省生まれ
)、チームG soso(張瓊予 Zhāng Qióng Yú( チャン・チョンユー) あだ名: soso GNZ48 Team G
 SNH48 6期生
 2000/01/21浙江省生まれ
)、チームZチョンチョン(王炯義 Wáng Jiǒng Yì( ワン・チョンイー) あだ名: チョンチョン GNZ48 Team Z
 GNZ48 1期生
 2000/06/05新疆生まれ
)、チームGペイペイ(林嘉佩 Lín Jiā Pèi( リン・チャーペイ) あだ名: ペイペイ GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1998/08/16広東省生まれ
)、チームNIII Pany(左嘉欣 Zuǒ Jiā Xīn( ツオ・チャーシン) あだ名: Pany GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/09/01上海生まれ

チョンチョン(笑)。

広州GNZ48チームG全曲オリジナル公演『双面偶像』各曲の作曲者を調べてみた

今回の広州GNZ48チームGとして初の全曲オリジナル公演『双面偶像』の楽曲について、中国語の良し悪しは分からないので、作曲者の名前だけチェックしてみた。

作詞・作曲者の名前はこちらのAKB48索引サイト(Wiki)にまとまっている。

ちなみに、中国Wikiの百度百科で調べて、作詞・作曲者名が出てこないSNH48グループ楽曲は、運営会社のクレジットになっているので、それ以上調べようがない。

全曲オリジナル公演『双面偶像』の作曲者に、唐绍崴さん、吕孝延さんの名前が複数回出てくるが、過去にも広州GNZ48に楽曲提供のある中国のアーティスト。

金源奕さんは、以前ここでご紹介したように、GNZ48結成一周年記念曲『たんぽぽの足跡(蒲公英的脚印)』の作曲者で、韓国のミュージシャン。金源奕さんは日本の専門学校で音楽を学んでいる。

朴志娟さんも、以前ここでご紹介したように、韓国人だが台湾の音楽制作会社「Future Sound Music」所属。Steve Wuさんも同音楽制作会社所属。

7key-Onceさんは、第四回総選挙投票券つきEP『サマーパイレーツ 夏日檸檬船』の中で北京BEJ48のチームB、E、Jに楽曲提供している。(というより提供を受けた楽曲をSNH48運営会社が北京BEJ48に割り振ったんだろうけれど)

Aaron Hさんも、EP『サマーパイレーツ 夏日檸檬船』で広州GNZ48チームNIIIに楽曲提供している。

注目すべきは残りの、アルファベットの名前のアーティスト。

クールでダンサブルな(何だそれ)ユニット曲『9 to 9』の作曲者。

Hanif Sabzevariさんはスウェーデンのアーティストで、日本ではサウンドグラフィックスという音楽プロモーション、楽曲制作代行会社に所属しているらしい。WikipediaのHanif Sabzevariさんの記事はこちら

彼が作曲している楽曲をYouTubeでいくつか見つけた。
Anthony – DreamGirl (Official Video)
Runway
Roseanne

先日、上海SNH48のK-POPスタイルの派生チーム「7SENSES」がスウェーデンの音楽フェスに参加する予定が、音楽フェス自体が中止になってしまった件があったが、SNH48運営の音楽制作チームはスウェーデンのミュージシャンとコネクションができたのかも。

Dennis KordnejadさんもスウェーデンのDJ、音楽プロデューサ。SoundCloudに2曲だけ作品があった。
https://soundcloud.com/denniskordnejad

別の音楽サイトからもう1曲。
https://www.indabamusic.com/people/026700147?tab=overview

他にもGoogleで検索すると、いくつかトラックが見つかる。ハウスやプログレッシブハウスが多いので、個人的には好きなジャンルのEDM。

Pontus Ljungさんも情報は見つからなかったが、名前からしておそらくスウェーデンのミュージシャン。

次は『I’m not your girl』の作曲者。

Erik Lewanderさんも、スウェーデンのミュージシャン。この人は中国大陸の男性歌手・金貴晟さんに提供した楽曲がYouTubeに見つかった。
讓一切簡單 – 金貴晟

韓国のF(X)にも楽曲提供している。この曲と『I’m not your girl』の作風を比べると激しく納得。

Ylva Dimbergさんも韓国アーティストへの提供楽曲がいくつかあるようだ。これも激しく納得。
[MV] WASSUP – Shut Up U

少女時代への提供楽曲はこちら。
Girls’ Generation – Talk Talk

そして作詞が中国の秋元康(?)こと甘世佳さんの名曲、『Gravity』の作曲者。

Måns Ekさんも、スウェーデンのミュージシャン。

YouTubeで見つかった楽曲はこちら。

Svea – För alltid (David Guetta – Without You) COVER
Svea-Jag vill älska ( Justin Bieber-Let me love you) Cover

この2曲はカバー曲なので、編曲がMåns Ekさん。何となく分からないではない。

以下の曲はMåns Ekさん作曲だが、あまりピンとこない。
Brenda Bennett – Private Party (J-Mi & Midi-D Remix)
2Boys – Scandinavian Girls
Nádine – Juvenile

Erik Sahlénさんも、スウェーデンのミュージシャン。

YouTubeで見つかった楽曲はこちら。これもあまりピンとこない。
Ida Wiklund – Kom Tillbaka

もう一人のHanif Sabzevariさんは上記の通り。

『Gravity』の作曲者として名前がある3人については、あまりピンと来なくて残念。

広州GNZ48チームNIII副キャプテン・チェンチェン(劉倩倩)がスマホアプリ「陌陌」制作の番組に出演

広州GNZ48チームNIII副キャプテン・チェンチェン(劉倩倩 Liú Qiàn Qiàn( リョウ・チェンチェン) あだ名: チェンチェン GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1994/11/28福建省生まれ
)がスマホアプリ「陌陌」制作のネット番組に出演した。スタジオは北京だったようだ。

先日書いたように「陌陌」という生放送アプリは、セクシーなお姉さんが腰をくねらせて踊るようなアプリなので、どんな番組になるか心配していた。やっぱり「男性の腹筋と胸筋のどっちが男らしいか」という質問からして、最初は微妙な空気になっている。

なぜかチェンチェン自身の腹筋の話になって、トレーニングで鍛えたんですか?と男性司会者が質問している。チェンチェンは、大学のときアルバイトで肉体労働をしていたから。給料はやすかったけれど体には良かった、と(笑)。

ただ、やっぱり彼女はこういう場でも冷静で、頭の回転が速い。広州からわざわざ数日かけて飛行機で来て、ここに来てたった一問答えるだけ、と自虐ネタ。

さらに司会者から「学霸(秀才)」とほめられて話を振られると、秀才なのにまさか腹筋と胸筋のどっちがいいかなんていう質問に答えるハメになると思わなかった、と自虐ネタをたたみかける。

最後は男性司会者がまじめな話題へ方向を変えて、彼女が大学とアイドルの仕事を両立させていることに触れている。

これからの活動で視聴者の皆さんに注目してほしいことは?という質問に、まもなくMV撮影があってそれがリリースされること、そして劇場公演のことと、広州GNZ48星夢劇院の住所もしっかりPRしている。

最後のほうは男性司会者に話をまとめてもらったおかげで、まともな番組になった感じ。ただ最後にもう一度、飛行機で数日かけてこの一問だけという自虐ネタをつぶやきながら退場。広州GNZ48運営に対する心の声かも(笑)。

チェンチェン(劉倩倩 Liú Qiàn Qiàn( リョウ・チェンチェン) あだ名: チェンチェン GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1994/11/28福建省生まれ
)お疲れさまでした(汗)。