広州GNZ48新オリジナル公演『第一人称』予告編がカッコよすぎ、北京BEJ48陳倩楠生誕祭の宝塚的ユニット曲、新派生ユニット「SEVEN SEN7ES」プレビュー第一弾公開

上海SNH48グループ関連でいくつか音源と動画をご紹介。

広州GNZ48 Team NIII 全曲オリジナル公演『第一人称』予告映像

この予告映像のクオリティがハンパない。

やっぱり広州GNZ48の映像制作スタッフは、かなりの映画ヲタクに違いない。冒頭のハリウッド映画のプレビューメッセージ(緑色の背景)のパロディーから始まる。

上海の風景が上下の鏡像になっているのも、何かの映画の引用では?(筆者は最近のハリウッド映画は見ないので分からないが)

左にもーちん(陳慧婧 Chén Huì Jìng チェン・フェイチン あだ名: もーちん GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1997/01/13浙江省生まれ
)右にチェンチェン(劉倩倩 Liú Qiàn Qiàn リョウ・チェンチェン あだ名: チェンチェン GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1994/11/28福建省生まれ
)の二人の後ろ姿のシルエットのカットもすごく良い。全体に抑えめの色調にぴったりのモノクロ風。日本語字幕を付けておいたが、セリフがまったカッコいい。

最初、背景で鳴っている音に、ストリングスが重なってくる音の作り方も完璧。

ナンシー(陳楠茜 Chén Nán Qiàn チェン・ナンシー あだ名: ナンシー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1995/06/12河南省生まれ
)が構えた銃口のアップから、ナンシーの顔に少しずつ外光が当たるカットも秀逸。

「どこから来たかは どうでもいい」のセリフで、何気なくインサートされる大きな換気扇のカットもセンスが良すぎる。

そこから遠景がボケた手元だけのカット。このあたりはほぼ同じ長さのカットがフェイドイン、フェイドアウトで積み重ねるようにじわじわとつながれている。

下図、ポストプロダクションで飛行機を入れたカットの二人の人物の構図なんて、もう鳥肌モノ。

そしてツオツオ(左嘉欣 Zuǒ Jiā Xīn ツオ・チャーシン あだ名: Pany GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1996/09/01上海生まれ
)が、救い出したナオナオ(盧靜 Lú Jìng ルー・チン あだ名: ナオナオ GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1994/11/05福建省生まれ
)に銃を投げるカットは、お決まりのスローモーション。

次の中二病シーケンス(笑)は、遠景のちんゆー(陳欣妤 Chén Xīn Yú チェン・シンユー あだ名: ちんゆー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1999/06/05台湾生まれ
)にポストプロダクションで陽炎のようなエフェクトを入れることで、何かの「パワー」が働いていることが分かる。

まず、Kimmy(鄭丹妮 Zhèng Dān Ní チェン・タンニー あだ名: Kimmy GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 2001/01/26広東省生まれ
)の手舐めの遠景のちんゆー(陳欣妤 Chén Xīn Yú チェン・シンユー あだ名: ちんゆー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1999/06/05台湾生まれ
)があって….

次に「覚醒した」ちんゆー(陳欣妤 Chén Xīn Yú チェン・シンユー あだ名: ちんゆー GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 1999/06/05台湾生まれ
)のカットがあり…

Kimmy(鄭丹妮 Zhèng Dān Ní チェン・タンニー あだ名: Kimmy GNZ48 Team NIII
 SNH48 6期生
 2001/01/26広東省生まれ
)のカットをつなぐ、この3カットのモンタージュだけで、Kimmyとちんゆーが戦闘していることを分からせている。

しかもモノクロの画面の中で、ちんゆーの真っ赤な瞳と、Kimmyの真っ赤な口紅だけがアクセントになっているという、じつはものすごくスタイリッシュな映像。

最後、銃舐めで、向こう側のCK(陳珂 Chén Kē チェン・コー あだ名: CK GNZ48 Team G
 SNH48 5期生
 1995/08/09湖南省生まれ
)の後ろ姿に徐々にピントが合うカットも素晴らしい。

めちゃくちゃスタイリッシュなプレビューで、これだけで筆者としてはお腹いっぱいになるくらい本当に素晴らしい。広州GNZ48の映像制作チームはおそろしいまでのテクニックを持っている。

北京BEJ48 Team E 陳倩楠 Chén Qiàn Nán チェン・チェンナン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1998/03/19天津市塘沽区生まれ
(チェン・チェンナン)生誕祭

2017/03/19(日)に北京BEJ48チームE(SNH48六期生からの移籍組)陳倩楠 Chén Qiàn Nán チェン・チェンナン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1998/03/19天津市塘沽区生まれ
(チェン・チェンナン)生誕祭があった。彼女はチームEの中ではイケメンキャラ。

全曲オリジナル公演『ティアラ・ファンタジー(奇幻加冕礼)』のデュエット曲『シンデレラのガラスのスマホ』の王子様は彼女の当たり役。

じつは生誕祭の陳倩楠 Chén Qiàn Nán チェン・チェンナン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1998/03/19天津市塘沽区生まれ
(チェン・チェンナン)の王子様の衣装はいつもと違っていた。

↓これが生誕祭の衣装。プリンセス役はチームEキャプテンの李想 Lǐ Xiǎng リー・シャン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1994/02/05北京生まれ
(リー・シャン)

↓これはいつもの衣装。画面キャプチャは初演時で、プリンセス役は退団済の易妍倩 Yì Yán Qiàn イー・イェンチン あだ名: 愛ちゃん BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1997/11/28湖南省生まれ
(イー・イェンチェン)

ご覧のように、いつもは陳倩楠 Chén Qiàn Nán チェン・チェンナン BEJ48 Team E
 SNH48 6期生
 1998/03/19天津市塘沽区生まれ
(チェン・チェンナン)もスカートにハイヒールだが、生誕祭ではついに、本当の王子様になったのだ。

これは感動モノ。北京BEJ48劇場がまるで宝塚になったかのよう。『ベルサイユのばら』までの道のりはそう遠くない。

北京BEJ48 第三弾全曲オリジナルEP『マニフェスト(宣言)』音源公開

こちらについては、他の収録曲の音源がそろってからコメントしてみる。

SNH48の新派生ユニット「SEVEN SENSES」イメージプレビュー公開開始

上海SNH48の「Color Girls」に続く新しい派生ユニット「SEVEN SEN7ES」メンバーのイメージプレビュー公開が始まった。「SENSES」の2つ目の「S」が「7」になっている。

一人目はSNH48二期生チームNIIのAkira(趙粵 Zhào Yuè チャオ・ユエ あだ名: Akira SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
)。このブログではいつもユーミーというあだ名でご紹介していたが、やっぱりAkiraに変えることにする。

個人的な意見だが、このプレビューは広州GNZ48の新公演プレビューのクオリティと比較すると、ハッキリ言って全然ダメ。BMWの広告にしか見えないからだ。

「CRUISIN’」の文字が画面いっぱいに映る。「CRUISIN’」は自動車走行という意味なので、これでは美女がBMWの宣伝をしているようにしか見えない。メインはBMWで、モデルの「Akira」さんはサブ。

いちばんダメなカットは、最後に「SEVEN SEN7ES」のロゴの後ろにBMWが映るカット。

本当にAkira(趙粵 Zhào Yuè チャオ・ユエ あだ名: Akira SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
)をメインで見せたいなら、本来は次のようなカットにするべき。

振り返ったカメラが地面すれすれのローアングルで、歩き去っていくAkira(趙粵 Zhào Yuè チャオ・ユエ あだ名: Akira SNH48 Team NII
 SNH48 2期生
 1995/04/29湖北省武漢市生まれ
)のハイヒールブーツの足元を、床舐めで撮影。

そこにAkiraが投げ捨てた車のキーが落ちてきて、チャランと鳴って、「SEVEN SEN7ES」の文字がフェイド無しでバン!と出て来きて、最後に丸いロゴ。

こうしないとAkiraがメインにならない。

また、「SEVEN SEN7ES」のロゴが、背景の赤い文字のロゴ、画面にかぶさる半透明の白文字のロゴ、最後の遠景のロゴと、なぜか3週類も登場する意味が分からない。

一般人がこの映像を見たら、ふつうはBMWの広告だと思うだろう。

これはテレビ広告を見すぎの人が作った、プロモーション映像の悪いお手本のようなもの。残念。