上海の後発アイドルグループ「idol school」がSNH48批判で「虎の威を借る狐」状態

上海の女性アイドルグループ「idol school」が2017/03/14、2017/03/15とたて続けにネットのエンタメニュースで、SNH48を真正面から非難するという、とても下品なことをやっているらしい。

「idol school」は元モーニング娘。リンリンが制作陣に参加している。

また、東京大学に留学経験があり、しばらくSNH48運営にも参加していた人物が運営に参画している。中国のネット上でAKB48の本格的な論評を発表して、現地AKB48ファンの間ではちょっとした有名人の人物だ。

なので、同じ上海を拠点に先行するSNH48をライバル視するのはよいが、これだけ下品な「口撃」をしては「idol school」の方が中国クオリティーになってしまう。

ちなみにこの種の中国のエンタメニュース記事は、SNH48もそうだが、マネジメント会社がメディアに書かせている。

以下、日本語試訳する。記事の画面キャプチャは最後に貼り付けてある。

搜狐エンタメニュース:

去年年末、年越しコンサートを円満に終えた少女アイドルグループIDOL SCHOOLは、休む間もなく2017年最大の活動の一つ、”プロデューサ大賞”の準備に入った。

前代未聞の新しいルールを通じて全力で競い、ファンのために新鮮で、参加度を極限まで高めた全く新しいコンサート体験をもたらすものだ。

関係者によれば、今回の”プロデューサ大賞”は投票方式でファンの中でもっとも人気のある劇場公演と参加メンバーを選び出す。

かつ、投票結果が出てから一定期間内に、コンサート形式でファンの投票した曲目をパフォーマンスし、かつ、中国で単一のグループとして最も長時間のオリジナル楽曲によるコンサートの記録に挑戦するものだ。

このニュースが出ると、先日終わったばかりの人気女性アイドルグループSNH48第三回リクエストアワーBEST50コンサートを連想せざるを得ない。

SNH48の最強のライバルと見られている、IDOL SCHOOLは、今回のイベントでSNH48に正面から宣戦布告した。

では今回の”プロデューサ大賞”にはどのような優位点と見どころがあるのか?記者は今日じっくり調べてみる。

伝統的なルールに挑戦、決定権を完全にファンに

伝統的な”投票で人を選ぶ”あるいは”投票で歌を選ぶ”という単一のルールと比べて、IDOL SCHOOLの”プロデューサ大賞”のルールは上から下まで工夫に満ちている。

ファン一人ひとりが投票するときに公演の16曲の中から任意の組合せを選ぶことができ、参加するメンバー全員も完全に自分の好みによって選ぶことができる。最終的に勝利したファンは、この公演に名前をつけるチャンスも得る。

このようなルールを通じて、ファンたちに”アイドルグループ音楽プロデューサ”の感覚を一度体験もらえるだけでなく、極大の満足感と達成感を得ることもできる。

もっともオリジナリティのある企画、大賞の全プロセスを楽しめる

ルールの設計上、IDOL SCHOOLは単純な投票形式を『マリオメーカー』『フットボールマネージャ』などのシミュレーションゲームの大型版に仕立て上げる。

これらのゲームでゲーマーたちは、自分でステージや、ゲームのキャラクターを作り出し、インタラクションすることで敵に挑戦させる。”プロデューサ大賞”にも似たようなコンセプトがある。

同時に、全投票期間、自分の好きな楽曲やメンバーがどうすればより多くの票数を勝ち得るか、投票する一人ひとりのファンの策略にが非常に試されることになるのだ。

グループとコラボ、資本主義の悪性の競争を根本からなくす

”プロデューサ大賞”のルールはSNH48リクエストアワーと同じような極めて強い競争性を持っているけれども、その他にファンが考えるグループの組合せが試される。

また、このことはIDOL SCHHOOLが一貫して強調するチームワーク、助け合いの精神、グループのWIN WINを出来る限り求める基本原則にも一致している。

最初ルールを設定するとき、個人の投票数に対して厳格な制限をおこなっても、個別の”富豪”ファンの財力が大多数の一般のファンの可能性が芽生える前に踏み殺してしまうだろうということになった。

この点で、IDOL SCHOOLはSNH48のやり方と鮮明な対比をなしている。SNH48はこれまでずっと人気総選挙とリクエストアワーを投票を手段として、ファンに「鍋をこわして鉄くずにして売る」ことを推奨してきた。

その結果、借金までして投票したり、クレジットカードで借り越しするなど、資金集め詐欺などの悪性の競争という状況まで現れた。そのため、社会の安定と家庭調和に対する隠れた脅威を生み出した。

しかしIDOL SCHOOLはこのような現象が出現することを根本からなくした。

趣味運動会から、年越しコンサートのじゃんけん大会、間もなく開催される”プロデューサ大賞”に至るまで、IDOL SCHOOLはずっと”真誠、真実、真IDOL”の理念を実現している。

対話性を極限まで高めたイベントコンテンツを通じて、ファンが本当の意味でアイドル育成のプロセスに参与できるようにし、育成系アイドルの魅力のありかを展開している。

この点は、同じような育成系アイドルグループSNH48の致命傷であり、将来SNH48を超えるための重要な突破口でもある。

はあ。ここまで正面切ってSNH48の批判をしておいて、”真誠、真実、真IDOL”のアイドルグループだそうです(笑)。

もう一つ、IDOL SCHOOLは、2017/03/15のエンタメ記事でもSNH48をこき下ろしている。

搜狐エンタメニュース:

国内女性グループIDOL SCHOOLは先日、(2017年)3月26日正式に四期生募集活動を開始することを発表した。心に夢を抱き、青春の汗をかくことを渇望する少女たちにとって強力な活躍の場となる。

記者の理解によれば、今回の募集のテーマは”学業との両立”だ。

劇場デビューしてまた一年半のグループとして、IDOL SCHOOLはすでに150回あまりの公演と大型コンサートを1回行っている。

元モーニング娘。メンバーの錢琳(リンリン)を総合プロデューサとし、100曲近い高品質のオリジナル曲を創作し、国内外の多くのJ-POPファンとアイドルファンの注目を引きつけている。

先週は日本のメディアが独占インタビューを行うまでになり、上昇の勢いは非常に強烈で、国内のSNH48の形勢に大いに追いつこうとしている。

現在IDOL SCHOOLは3チームあり、メンバー数は40名を超えている。記者の理解によれば、現在国内の少女グループの中で契約メンバー数第二位だ。今回の四期生募集もグループが将来発展する必要性と合致している。

一つ触れる価値があるのは、IDOL SCHOOLの募集と他の国内女性グループの違いだ。

メンバーに対してパフォーマンスの才能を求めるだけでなく、さらに”学業との両立”という厳格な既定を定めている。IDOL SCHOOLの公式アカウントの募集情報には、”芸能活動のために学業をおろそかにすることは許さない”と書かれている。

公式アカウントに問い合わせて分かったことは、この原則が募集条件の第一位にさえなっているということなのだ!

他の女性グループと比べて、このような設定は空前絶後である。しかも、この要求はアイドルの道を志す適齢期の少女たちにとって、非常に厳しい試練でもある。

関係者によれば、メンバーたちの学業を十分に保障するため、IDOL SCHOOLの運営は苦心に苦心を重ねているというべきだ。対応するための完全なプランを準備している。

異なる土地のメンバーにとって学業という難題の一例をあげれば、元SNH48メンバーが漏らしたところでは、当時SNH48グループは簡単な”休学”制度を採用していた。

大量の14~18歳の学齢期の少女たちが自分の夢のために休学一年を迫られてレッスンを受けたのだ。

この段階で休学という行為をさせることは、自分の将来の人生に対する一つの大バクチであることは疑いない。

記者がさらに一歩進んで理解したところでは、学業の問題のためにSNH48退団を選択せざるを得なかったメンバーは少なくないとのことだ。

学業問題もSNH48がメンバーをマネジメントする際の大きな難題になっている。

同じような難題に直面して、IDOL SCHOOLは全額交通費を負担し、公演の集団レッスン生活費を補助する方法で、条件に限りがある中でも、最大限にメンバーの学業の障害を解決し、メンバーが安心して両立できるようにしている。

記者の理解によれば、江蘇省、浙江省、上海地区で通学するメンバーの多くは、毎日レッスンに参加するために戻って来るが、会社はこの行為を支援し、毎月メンバーの交通費に一万人民元近く使っている。

その他に、IDOL SCHOOLの運営も定期的にメンバーと就学および家族との連絡も行っている。

最近の学業の成績を理解し、成績が下がったり、無断で学校を休んだり、休学してグループの活動に参加するような状況がいったん現れれば、軽い場合にはチーム内での処罰、公演参加をしばらく停止し、重い場合には即退団とし、いかなる寛大な取り扱いもしない。

しかも、学業で明らかに進歩があれば、IDOL SCHOOLは年末に特別奨学金を与え、メンバーがさらに努力して勉強することを奨励している。メンバーにとってあたかも第二の教室となり、”SCHOOL”の名に恥じない。

ここで特に触れる価値があるのは、メンバーの外見の選択に対してである。

昨今プチ整形や整形がはびこっている芸能界の状況下で、IDOL SCHOOLはすべてのメンバーに”いかなる整形も全く許さない”原則を伝えている。

グループ内の12~24歳のすべてのメンバーに、精力と生活の重心を学業とパフォーマンスレッスンに置くように要求している。

もしいかなる整形であっても発覚すれば、即座に除籍という最も厳格な処罰となる。

この措置もネットアイドルを生み出す多くのマネジメント会社や、一部の少女アイドルグループの”顔面偏差値を中心とする”運営理念とは異なる点だ。

デビュー以来、IDOL SCHOOLは一貫して”真誠・真実・真idol”の核心的な理念を掲げ、メンバーたちに”学業を主とし、パフォーマンスを副とし、ともに両立させ、ともに進歩する”ことを要求している。

学校のふだんの授業を完全に終えない限り、グループレッスンや、公演、イベントに参加することを認めていない。

このような方法で、メンバーたちにさらに自分の学業を大事にするよう迫るだけでなく、時間を合理的に利用して学業と公演の両立を学ぶようにさせている。

同時にメンバーの家族と教師の積極的な評価と高い承認を得ており、この点で、IDOL SCHOOLは社会の主流的な価値観に符合するプラスのエネルギーのアイドルグループであると、多くのファンに褒め称えられている。

加入した少女は一人ひとりが、ここで全面的な成長を獲得し、自分の目標に向かって絶えず前進し、大衆の愛する”品と学と芸”を兼備した優秀なアイドルに成長するのだ。

2017/03/14記事の画面キャプチャーはこちら(文中の写真は取り除いてある)

2017/03/15記事の画面キャプチャーはこちら(文中の写真は取り除いてある)

以上

SNH48四期生が通常の芸術学部試験をあきらめて運営会社の提携先大学に入学

SNH48チームX四期生ランラン(宋昕冉 Sòng Xīn Rǎn ソン・シンラン あだ名: ランラン SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1997/07/08山東省生まれ
)が、SNH48活動と学業を両立できなかったことを、Instagramの方で書いていたので、原文の対訳形式で日本語試訳する。

同じSNH48チームX四期生CoCo(邵雪聰 Shào Xuě Cōng シャオ・シュエツォン あだ名: CoCo(ココ) SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1996/08/28河北省石家庄市生まれ
)も桃子(李釗 Lǐ Zhāo リー・チャオ あだ名: 桃子 SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1998/05/23湖南省生まれ
)もランラン(宋昕冉 Sòng Xīn Rǎn ソン・シンラン あだ名: ランラン SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1997/07/08山東省生まれ
)と同じく、SNH48運営会社が提携している上海の大学に入学することに決めたらしい。


14年冬天是我艺考的那一年,当时在北电辅导班上表演课,无意中知道了snh四期招募。正好因为我也在北京,所以就去参加了。

2014年の冬、芸術学部試験があった年、当時北京電影学院を受験するための補習クラスの演技課に通っていたとき、ふとSNH48四期生の募集のことを知った。ちょうど北京にいたこともあって参加した。

那时对snh48并不了解的我,和妈妈商量之后还是确定放弃了艺考来到了这里。

そのころSNH48についてまったく理解していなかった私は、お母さんと相談した後、やっぱり芸術学部試験をやめてここSNH48に来ることにした。

为了走这条看似很简单其实很艰难的梦想之路😂

この道は簡単に見えたけど、実はとても難しい夢への道だった 😂

进团后放弃学业一年,天天排练,就这样把艺考和学业拖后了一年。

入団後、学業を一年間やめて、来る日も来る日もレッスン、そうやって芸術学部試験と学業は一年間先のばしにした。

到了15年,搞了3个月的国民美少女,艺考就这么错过了。

2015年になって(訳注:正しくは2016年)、3か月間『国民美少女』の番組に出て、そうやって芸術学部試験を逃した。

我妈几次问我回不回来,可是我抽不出时间啊一直在录节目。

お母さんは私に帰ってくるように何度も言ったけれど、番組収録でずっと時間がとれなかった。

很着急可是有没办法😞聪聪也是,因为国美耽误了艺考。

すごくイライラしてたけど、どうしようもなかった。CoCo(SNH48チームX四期生・邵雪聰 Shào Xuě Cōng シャオ・シュエツォン あだ名: CoCo(ココ) SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1996/08/28河北省石家庄市生まれ
)も同じで、『国民美少女』に出演したせいで芸術学部試験を逃したの。

而且艺考是要提前很久做准备的,大家一直在忙这忙那的,

しかも芸術学部試験はずっと前から準備をしなきゃいけないけど、みんなずっとあれこれ仕事で忙しくしてた。

没时间静下来准备,临时抱佛脚的话也是没有办法考的。

落ち着いて準備をする時間もなく、何とか助けを求めていろいろやったけど受験できなかった。

国美弄到3.4月份。最后一期被淘汰。艺考也没考成。

『国民美少女』は(2016年)3月、4月まで続いて、私は最後の回で敗退した。芸術学部試験も受けられなかった。

哎。两边哪边都没顾好。很有挫败感。

あぁ。どちらも両立することができなかった。すごく挫折感があったの。

我一直是把重心放在snh的,不想被公司放弃,所以一直乖乖听话

私はずっと重心をSNH48に置いてて、運営会社に捨てられたくなかったので、ずっとおとなしく話を聞いてた。

不敢放弃这边的各种事情去学习。

ここのSNH48のいろんな事情を捨ててまで、受験勉強する勇気がなかったの。

而且我不是学霸,从小就学艺术,没能如愿参加艺考,这边的事情就会更在意一些。

しかも私は成績が特別良いわけじゃないし、子供のころから芸術を学んで、希望の芸術学部試験も受けられなくて、ここのSNH48のことをさらに気にかけるようになった。

高考也没时间静下来好好复习。哎到头来感觉是一场空。

大学入試も落ち着いてしっかり復習する時間がなくて、最終的にはムダになった感じ。

今年大家很关心我们上学的事,我俩一直不太愿意提起,觉得没有两边兼顾好的我们不应该摆在大家面前。

今年みんな私たち(訳注:ランラン(宋昕冉 Sòng Xīn Rǎn ソン・シンラン あだ名: ランラン SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1997/07/08山東省生まれ
)とCoCo(邵雪聰 Shào Xuě Cōng シャオ・シュエツォン あだ名: CoCo(ココ) SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1996/08/28河北省石家庄市生まれ
))の学業のことを心配してくれてたので、私たち二人ともずっとその話題にあまりふれたくなかったの。両立がしっかりできていない私たちが、みんなの前で事情を話すべきじゃないと思ったから。

会想着,在你们面前闪闪发光的才是偶像吧?

みんなの前でキラキラ輝いてこそアイドルでしょ?って思って。

懦弱自卑迷茫渺小的部分,两个人私下里互相温暖就够了阿。

意気地がなくて卑屈で迷っているような部分は、二人だけでプライベートでなぐさめあってたよ。

而如今愿意把这些话说给大家听,是因为你们一直在关心。

でも今この話をみんなにしようと思ったのは、みんながずっと心配してくれているから。

今天看到一条私信说:别害怕阿,没有人会舍得怪你。

今日ダイレクトメッセージが届いて、「怖がらないで、誰も君を責めたりしないよ」って。

真的就,忽然有了勇气。肯把成长期的迷茫说给你们听。让善良的你们放心。

そしたら本当に、突然勇気が出てきた。成長期にある迷いをみんなにすすんで話そうと思った。みんな良い人たちだから安心してもらいたかった。

来到团里的初衷就是希望以团里事情为主,最好也能上个好学校,

このグループに来た最初の思いは、グループのことを中心にすることだったけど、良い学校にも入れればいちばん良かった。

但事实证明,人的时间精力有限,做什么事都没那么容易,最后肯定得一边倒。

でも事実が証明してるよね。人の時間とエネルギーは限りがあって、全部やるのはそんなに簡単じゃないし、最後にはどっちかに偏ってしまう。

如果要上好学校,就得放弃这边一段时间全心备考。

もし良い学校に通いたければ、ここのSNH48の時間をあきらめて全身全霊で受験勉強をしなきゃいけない。

如果真的考上好学校,snh可能就要被放弃了。那我当初第一年何必放弃上课放弃艺考来这呢?

もし本当に良い学校に入るなら、SNH48をあきらめる可能性もあるかもしれない。でもそしたら最初の一年間、芸術学部試験をあきらめてここSNH48にやって来たのは何だったの?ってことになる。

所以考虑了很久,真的不想放弃这里,今年会和聪聪上公司合作的学校,这也许是我们平衡两边最好的选择。

だからずいぶん考えて、本当にここSNH48をあきらめたくないから、今年CoCo(邵雪聰 Shào Xuě Cōng シャオ・シュエツォン あだ名: CoCo(ココ) SNH48 Team X
 SNH48 4期生
 1996/08/28河北省石家庄市生まれ
)と会社が提携している大学に入学することにした。これが私たちにとっては両方のバランスをとる最善の選択かもしれない。

虽说是合作的学校,但也是正常的大学,要看分数,也要参加校艺考。

提携先の学校だけれど、普通の大学だし、入学するときは(文科・理科試験の)点数も見られるし、芸術学部試験に参加もできる。

而且比起没有合作的学校,我们在有通告的时候也会方便请假一些。

しかも提携先じゃない学校に比べると、仕事があるときは休みがとれたり便利な面もある。

你们或许会觉得我们不认真不努力。

みんなは私たちが真剣に努力してないと思うかもしれない。

但考上一所好大学要付出多少时间和精力?这些时间和精力会不会影响团里的很多事?

でも良い大学に合格するには、どれだけの時間とエネルギーをかけなきゃいけないかな?それだけの時間やエネルギーはSNH48グループのことにたくさん影響するんじゃないかな?

很抱歉带来了看起来负能量的东西,但请相信你们的小偶像,一路走来磕磕绊绊总会和你们一起去到更耀眼的未来。

ネガティブなことを書いちゃってごめんなさい。でもみんなの小さなアイドルを信じてほしい。歩む道はスムーズにはいかないけど、みんながいっしょならもっとキラキラした未来にたどり着ける。

对于不推我们也对我俩给予关爱的人,真的非常感恩。

私たちの推しじゃない人も、私たちのことを思ってくれている人も、本当にすごく感謝しています。

也许成长就是学会选择吧。

成長するって、たぶん、ちゃんと選べるようになることでしょ。

。◕‿◕。


SNH48チームSII一期生SAVOKI(趙嘉敏 Zhào Jiā Mǐn チャオ・チャーミン あだ名: SAVOKI SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1998/07/22広東省深セン市生まれ
)やワンワン(邱欣怡 Qiū Xīn Yí チョウ・シンイー あだ名: ワンワン SNH48 Team SII
 SNH48 1期生
 1997/01/11台北市生まれ
)くらいの圧倒的な人気と、応援会の絶大な支援があれば、SNH48の活動を長期間休んで、芸術学部の大学入試に専念することもできる。そのせいで人気が落ちることはないからだ。現に2人とも希望の芸術科系大学に合格している。

それに比べると人気の低い四期生は、大学入試のために仕事を休むとSNH48での人気に直接響いて、最終的には待遇も悪化しかねない。

ちょっと残酷に聞こえるけれど、それでも筆者が個人的にSNH48運営会社が「良心的」だと思うのは、上海の大学(公立大学の上海音楽学院)との提携関係を通じて、彼女たちのようなメンバーに受け皿になる高等教育の機会を準備しているところだと思う。

先日、第三回総選挙のスピーチで、極貧父子家庭からSNH48六期生に入団、いまはBEJ48チームEでがんばっている、農村戸籍のメンバーをご紹介した。

SNH48運営会社は彼女のような中国社会の弱者の受け皿にもなっていることを忘れてはいけない。

もちろん他方でSNH48運営会社はメンバーたちの契約履行には、非常に形式的で厳格という面がある。

もともと一般的な雇用契約ではなく、芸能人としてのマネジメント契約なので、有期契約だし、運営会社は社会保険も提供しない。

それに、例えば、元SNH48チームHII三期生ドウちゃん(李豆豆 Lǐ Dòu Dòu リー・ドウドウ あだ名: ドウちゃん SNH48 Team HII
 SNH48 3期生
 生まれ
)は、わざと仕事をサボったわけではなく、病気だと分かって退団せざるをえなかった。

それでもSNH48運営会社は和解では終わらせず、タレントマネジメント契約不履行で上海の民事裁判所に彼女を訴えたことが分かっている。(民事訴訟の情報はインターネットで公開されているので現地ファンが検索済み)

そんなふうに、中国には中国の社会事情があり、SNH48運営会社にある面で「救われている」メンバーもいる。

日本のAKB48本部は、そういうメンバーたちもろとも、契約違反だから存在を認めないと一方的に通告しているわけだ。メンバー一人ひとりも利害関係者であるにもかかわらず。

はたしてそういった経営が、国境をまたいで展開するフランチャイザーとして適切かどうか、AKB48本部のグローバル企業としての成熟度と、ある意味「日本企業らしい」対応ができるかが問われていると思う。

日本の二次元文化が海外の一部の若者に受け入れられているのは、彼らが「日本らしさ」に何を求めているからなのか。AKB48運営会社はよく考えたほうがいい気がしますが、どうでしょうか。